ヘッダー画像

ホームルーターのおすすめ比較


WiMAXホームルーターにはどんなものがある?

WiMAXでは利用状況に応じた複数種類のホームルーターを提供しており、それぞれ契約することができますが、モバイルルーターとは異なりホームルーターにおいては個体差による性能差が顕著なので、最適なタイプを選定する事が重要になります。

いくつかの種類に分かれている中で現在選ぶべきなのは最新モデルであり、通信時の最高速度が他のモデルよりも突出していますし、同時に接続できるデバイス数が40台にもなるので業者にも対応できるようなポテンシャルです。

このように取り分けて下り回線の速さに長けているのは、いくつもの電波を集めて通信しているためであり、同じく提供している別モデルに比べると2倍や4倍の差が生まれるほどです。

そして、WiMAXの上位モデルのホームルーターは、一見お洒落な家電に見えるほど洗練された円柱状なので、従来のような情報通信機器といった印象がありません。

インテリアにそぐわないとして箱の中に収納したり、陰に置いている方も少なくないものの、むき出しで置いていてもお部屋の雰囲気を壊すことなくお洒落なので、男性や女性に関わらず受け入れられるデザインです。

もちろん、同時に展開している他のホームルーターが劣っているのではなく、通信可能な距離が長くて従来型の2倍を超える形式もあります。

そのため、間取りが入り組んでいたりファミリー層向けのマンションで生活しているといった場合は、かねてより人気があるWiMAXのホームルーターを選択しましょう。



auのホームルーターにはどんなものがある?

auのデーター通信端末の

ホームルーターはspeed Wi-Fi HOME L01があります。


開通工事が不要なので、到着後すぐにコンセントにつなげば

すぐに高速インターネットアクセスが可能になります。

忙しい方や一人暮らしの方は

工事の立ち合いが不要なので安心で助かります。


特徴は、WiMAX史上最速の下り最大440Mbpsなので、

動画などもサクサク快適に楽しめます。

モバイルルーターよりも、

高性能でなんと最大同時接続可能台数は驚異の40台です。

2.4G/5GHzのWi-Fi同時利用が可能になり、それぞれ20台まで接続ができます。

また、有線LANポートも2つ搭載しているので、

テレビやパソコンなど用途に応じて接続することができ、

複数人で利用しても、安定していて切れることのない通信を楽しむことができます。


NFC対応端末では、ルーター上部の真ん中に端末をかざすだけで

SSID/PWの入力をいちいちしなくても、簡単にWi-Fiに接続できるのが魅力的です。

また、同梱のQRコードをスマホで読み込むことでも、接続ができる嬉しい機能もついています。


デザインもオシャレで、一見するとルーターに見えません。

円形のホワイトカラーのシンプルな形で、

大きさも約180×93×93mm、重さも約490gと小柄なので、

設置するお部屋のインテリアの邪魔になりません。


そして、嬉しい機能があり、LED消灯モードを搭載しているので、

就寝時などにチカチカすることもありません。


docomoのホームルーター情報

個人宅への導入を目的として開発されたのが、docomoが提供している光回線サービスとの相性が良いホームルーターです。 大手企業の技術とノウハウが詰まったホームルーターは、Wi-Fiに関する設定に苦手意識を持っている方に対して提供が行われます。 そのため、本体には遠隔操作を可能にするボタンが備わっており、不明瞭な点やトラブルに見舞われたら、docomoの担当者が遠隔地から操作してホームルーターの設定を講じてくれます。 そうしたサービスは一ヶ月間あたり500円を支払えば利用することができるのですが、ホームルーターと合わせて使う事になるタブレット端末やスマートフォンも適用内に入れられています。 サポートして頂きたい時は専用窓口に電話し、ホームルーターのボタンを押すだけといった簡単な手順なので、誰もが問題なく支援してもらえます。 本体の構造や機能面は2015年から提供されていた前のモデルを基本としていますが、ダウンロード時などに利用する下り回線の速度が飛躍的に速くなっています。 また、ホームルーターを取り巻く環境はこれまでとは異なってきているので、同時に月額料金350円でセキュリティに特化した機能も利用可能になります。
と、ここまでdocomoのホームルーターについて解説してきましたが、auやソフトバンクのように単体でネットに繋がるものではありません。

ソフトバンクのホームルーターってどう?

ソフトバンクのホームルーターのサービスはSoftBankAirというサービス名になっています。そのホームルーターはインターネット室内だけで利用する用に考えられたサービスです。モバイルのインターネットではなく、備え付けのインターネットと考えるとわかりやすいでしょう。工事不要でインターネット回線をひけるようになるというのが魅力といえます。 SoftBankAirはソフトバンクが提供するホームルーターですが、その魅力は制限がないことと、いってもいいでしょう。ただ、この制限がないということには注意が必要です。制限がないのでいつでもサクサクとインターネットを利用できるということではないということに注意が必要です。というのは、通信速度が低下することもあるということがあるからです。つまり、いつでもサクサクというわけではない可能性があるということです。ユーチューブなどを見るような場合にサクサクと見ることが出来ないようなケースも考えられるということですから、注意が必要です。実際にどんな状態になるのかということは混み具合によるということですから、これは実際に使うまでよくわからないということになるのでしょう。

ホームルーター のレンタルってできるの?

旅行や短期間の単身赴任、入院などの際に多くの人が頭を悩ませるのがインターネット環境の構築となります。1日だけであればスマートフォン単体の通信でもなんとかなりますが、ある程度期間が長い入院や旅行などの場合きちんとしたWi-Fi環境の構築は必要不可欠になると言っても過言ではありません。一時的に自宅以外の場所でWi-Fi環境を構築するのに役立つのがWi-Fiルーターのレンタルです。最近ではちょっとした旅行や出張に対応できるように、モバイルルーターのレンタルサービスが非常に充実してきているのです。 ところで、モバイルルーターの場合、いつでもどこでも通信ができるというメリットがありますが、場所や環境によっては通信がうまくできないなどのデメリットがあります。モバイル回線を利用しつつも、一つの場所に固定して利用するタイプのルーターをホームルーターといいますが、マンスリーマンションやウイークリーマンションなどで一時的に利用する場合にはホームルーターをレンタルしたほうが合理的です。しかしながらホームルーターのレンタルは可能なのでしょうか。 結論から言いますと、ホームルーターのレンタルは可能です。 WiMAXではホームルーター製品の取扱も行っているので、WiMAXのお試しレンタルなどでホームルータータイプの製品を選択すればよいのです。 またモバイルルーター製品の中には、クレードルが付属していて、クレードルに設置することでホームルーターのように利用できる機種も存在しています。クレードルとセットでモバイルルーターをレンタルするのも有効な手段だといえるでしょう。 またWiMAXのお試しは、無料で利用ができるので、節約志向の人にもおすすめです。

おすすめホームルーターはWiMAXのL01!

参考にしたサイト:
WiMAX最新機種レビュー 最近は、ホームルーターの人気が高まっています。ホームルーターは、自宅用のモバイルルーターですが、工事が不要で便利なので利用者が増えているのです。 従来のモバイルルーターは、外出時には便利に使えても、自宅で使うにはパワー不足です。そこで、自宅用としての機能をアピールしたルーターが次々に登場したのです。 今は、多くの人がインターネットを利用しており、インターネットにつながっている端末が10台以上ある家庭も珍しくありません。 従来のモバイルルーターだと、同時に接続できる端末が少ないので、多くの端末を接続できるルーターに買い替える人が増えているわけです。多くの機器を接続するには、それだけのCPUパワーが必要となります。自宅用のルーターであれば、処理速度の高いCPUが使えます。モバイルルーターはコンパクトですが、自宅用のルーターは、受信感度が高いアンテナを搭載しており、さらにモバイルルーターよりも電波を広範囲に飛ばすことができます。広い一軒家だと、電波が広範囲に届くかどうかは、とても重要です。 自宅のインターネット環境に不満がある人でも、ホームルーターがあれば解消できます。旧式の回線を使っているマンションでは、インターネット環境があまり良くなく、ストレスをためている人もいます。しかし、ホームルーターがあれば、快適なインターネット環境をすぐに実現できるのです。最近は、多くのメーカーが自宅用のルーターに力を入れており、これからさらに増えると予測されています。 ホームルーターの中で、大きな注目を集めているのが、WiMAXのL01です。工事が不要で、自宅で高速インターネットが楽しめるのでおすすめです。 自宅に届いたその日から、下り最大440Mbpsの高速インターネットが利用できるので、高い評価を受けています。 引越しをして手間がかかるのが、インターネットを使うための屋内工事です。仕事を持っている場合、立ち会う必要のある屋内工事は煩わしいと感じる人も多いのです。自宅用のルーターは、屋内工事の必要もなく、すぐに使えるので非常に便利です。 L01は、シンプルなデザインなので、どのような部屋にもマッチします。寝るときにLEDの明かりが気にならないように、LED消灯モードを搭載しているため、寝室でも快適に使うことができます。最大接続数が42台なのも、大きな魅力のひとつです。 L01は、Gigabitイーサ対応の優先ポートも2つ搭載しており、用途に応じて使い分けることができます。