ホームルーター契約時に安心サポートは必要?

ホームルーター契約時の安心サポートについて

ホームルーターの契約において気になることの1つは、いわゆる安心サポートが必要か否かです。

これは機器本体の故障時に関するもので、修理費用や交換費用を対象とした保険のようなサービスを指します。

安心サポートはオプション提供されている

最初から契約にプランに含まれる場合もありますが、大抵はオプション扱いで契約時に加入の検討を要します。

具体的な内容の内訳は契約するサービスによりますが、端末故障時に無償で修理が受けられたり、盗難や紛失もカバーするケースが少なくないといえるでしょう。

勿論、保証が適用される条件は様々ですし、条件をクリアしなければ例え加入していても保証を受けることはできないわけです。

ただ万が一に備える意味では、毎月数百円くらいで加入できることを考慮すると、加入しておいても損はないと思われます。

当然ながら塵も積もれば山となりますから、不要と思われるケースで加入するのは無駄です。

大切なのは、本当に安心サポートのオプションが必要かとの判断で、必要なら迷わず加入を決めることです。

安心サポートの保証内容

保証内容の多くはホームルーター故障、あるいは盗難や紛失時が対象なので、これらの問題が生じる可能性があるか検討する必要があるでしょう。

基本的に、新品の機器は購入から1年ほどメーカー保証がつくので、初期不良期間中に故障してもメーカーが修理、交換といった対応をしてくれるはずです。

この点はメーカー次第ですから、対応の良いメーカーを選んで製品を購入できるのが理想的です。

怖いのは初期不良

しかし、一般論として初期不良が発生しなかった製品は、最低でも数年間は故障が発生しにくいものです。

バスタブ曲線といって、新品の製品は最初故障しやすいものの、しばらくすると故障しにくくなる、故障率の変化を表す概念です。

全ての製品が当てはまるとは限りませんが、一般的にはこの曲線の通り、一定期間を過ぎれば故障が発生する確率は下がります。

バスタブとの名前がついていることからも分かるように、再び故障率は上昇に転じますが、それは長期間使用した場合なので当面は安心です。

加入期間は最初だけがおすすめ

つまり、初期不良さえ乗り切ることができれば、ホームルーターは簡単には壊れませんから、メーカー保証がつくこともあって安心サポートは不要と考えられます。

持ち運びを前提としたモバイルルーターなら別ですが、ホームルーターは自宅やオフィスといった屋内で使用するもので、破損事故に遭遇する可能性は低いです。

故障の原因の定番ともいえる落下は、設置に不備がなければまず発生しませんし、余程大きな地震でもなければ大丈夫でしょう。

水濡れや水没といったトラブルも、屋内設置の製品に発生するケースは稀で、落下と同様に発生率は非常に低いです。

上位に並ぶ故障原因の発生そのものが珍しいので、故障が生じるとしたらそれは運がない場合です。

そういう万が一に備えるものが安心サポートのような保証ですから、僅かな出費で安心が買えると思えば、加入するのも悪くないです。

安心サポートの料金

1ヶ月あたりが500円程度であっても、1年となれば年間6千円の負担なので、2年3年と契約が続くことを考えると無加入時と比べて馬鹿にできない差になります。

自然に故障するケースの殆どは初期不良で、それ以降は落下や水没が主な故障原因ですが、設置型のホームルーターはこの故障リスク事態が小さいです。

契約時に安心サポートは必要かとの問いには、リスクを考えれば特に必要はなく、安心が欲しい人に限り加入してもOKとなります。

安心サポートがオプション扱いなのは、加入しなくても問題なく使えるケースが多いからで、やはり保険の意味合いが強いからです。

加入したほうが安心なパターン

モバイルルーターの場合

モバイルルーターなら積極的に加入を検討した方が良いですが、それは落下や水没の恐れが少なからずあるのが理由です。

屋内で設置を行うのに、落下を恐れる必要はありませんし、ましてや水没の発生はまずないでしょう。

家具との接触で簡単に落ちてしまう設置は論外ですが、水平な面にしっかりと固定を行なえば、相応の衝撃がなければ落ちないです。

一方の水濡れや水没は、子供がいたずらで意図的に水を掛けるか、極端な温度差で結露でも生じなければ心配無用です。

やんちゃなお子さんがいるなら加入もあり

いたずら盛りの小さい子供が居る家庭なら、ホームルーターが危険にさらされることになるので、加入するのもありだといえます。

途中で自由に契約から外すことができたり、キャンペーンで数ヶ月分の費用が無料になるなら、それも加入の検討をする切っ掛けになり得ます。

必要性を感じたら契約するのは当然ですし、必要なければ契約の理由がなくなります。

難しく考えなくても良いですし、シンプルに保証内容に目を通し、必要かどうかを判断すれば自然と結論が出ます。

1人暮らしだったり小さな子供が居ないなら、契約する必要性はとても低いです。

逆に家族と一緒に暮らしていていたずらをする子供が居る場合は、安心を購入するつもりで契約しても損にはならないでしょう。

これが加入の可否を分けるポイントで、人それぞれが自分の条件に当てはまるか確かめることで判断可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です