ホームルーターの安定性を高める方法

ホームルーターの安定性

最近はホームルーターが活躍する場面が増えてきました。

そこでホームルーターの安定性をあげるにはどうすればいいのかを見ていきます

ホームルーターの快適に使うには?

テレワーク需要の高まり

ホームルーターを設置する家庭が、近頃増えてきており、その背景にあるのがライフスタイルの変化です。いわゆるテレワークを導入する企業が、昨今急激に増加して来ました。インターネットとパソコンソフトの進歩によって、ごく普通のデスクワークであれば自宅に居ながら済ませられます。フリーランスとして働く社会人も国内で増えてきており、自宅の一角を作業場にして働くクリエーターやプログラマーの姿が目立って来ました。

オンラインサービスの充実

さらに趣味でネット動画サイトやオンラインゲームを楽しむ一般ユーザーが増えてきているのも、ホームルーターの普及に強く関連しています。そういった趣味の活動を満喫するためには、高速でのびのびと使えるタフなネット回線が必須です。スマートフォンやタブレット端末で使う、いわゆるキャリア回線は速度や安定性が平均的です。大量に通信を行うと通信制限が掛かり、自宅で気兼ねなくオンラインゲームやネット動画を楽しむためには個人的にプロバイダ契約を結び、ホームルーターを設置するのがベストな方法となります。

ホームルーターの安定性をあげる方法

ホームルーターを設置すれば、定額料金で高速なネット回線が使い放題です。ゲーム機やパソコンやスマートフォン、タブレット端末やIOT家電などが簡単にオンライン化させられます。Wi-Fi機能を持つ電子機器であれば、基本的に世代やハードウェアのタイプや性能などにかかわらず、自宅のルーターに接続可能です。

ただ設置の仕方によっては、Wi-Fiの回線速度や安定性が十分に発揮されません。近頃、ネットサーフィンの速度が不安定、頻繁に回線切断が起きると感じている方は、まず本体の設置の仕方を再チェックしてみましょう。玄関などに本体を設置する方がいますが、あまり離れた場所に置くと、回線のスピードや安定性が落ちます。

利用場所の近くに設置

リビングや自分の寝室など、日常的にネットをよく利用する部屋の周辺に設置しましょう。家庭用のルーターは、ポケットサイズの物に比べて電波が強力です。ただ、住宅の建材や壁、扉などに電波の行く手を塞がれると、やはり感度は減退します。できる限り設置場所とネット機器の利用場所は同じスペースにしたいところです。Wi-Fiの電波は基本的に設置された場所を軸にして、ドーム状に拡散されます。そのため、同じリビングに置く場合でも、部屋の角に置くよりもできる限り部屋の中心に位置するように置くのがベストです。

障害物をなくす

本体周辺に、電波の拡散を妨げる障害物があると安定性や速度減少が起きます。特に金属製の物や分厚い木製の板や家具などが、本体周辺に置かれると電波が上手く周辺一帯に飛び交わなくなります。なるべく本体の近くには、物を置かないのが理想的な方法です。Bluetoothや赤外線を活用する、ワイヤレス機器の近くにルーターを置くのも避けなければいけません。電波を使う機器同時が干渉し、お互いの通信速度や安定性低下に繋がるためです。

Wi-Fi電波を発する機器を遠ざける

Wi-Fiの電波は電子レンジの電波に大変弱く、機器の設置場所とキッチンのスペースが物理的に近い場合、電波干渉にリスクが高まります。電子レンジで飲み物を温めている時のみ、極端に速度が悪くなったり、完全にオフライン状態になるという場合は、それぞれの置き場所を変えるのがお勧めです。マンションや住宅街の場合、いわゆるご近所のWi-Fiの電波と自宅の電波が干渉しあう恐れがあります。窓際や玄関周辺に置くのではなく、できる限り家の中央や奥の部屋に置くのが効果的な対策方法となります。

ソフトウェアアップデートを確認する

ルーターの設置方法に特に目立った問題はない、という場合は本体のソフト面に不具合が起きているのかもしれません。パソコンやスマートフォンのように、家庭用のルーターもまた本体の更新作業が必須です。更新頻度は他のデジタル機器に比べて少ないため、多くのネットユーザーは最新版へのアップデートを忘れているのが実情です。

製品によって更新方法は様々であり、ルーター本体から作業出来る物もあれば、パソコンのブラウザアプリからアップデート用ファイルを取り寄せて間接的に適応させるやり方などがあります。最新版のファームウェアに更新する事で、速度や安定性が落ちづらくなり、快適にネットが使えます。

ホームルーターを再起動してみる

次にホームルーターの再起動を試す、という方法が効果的です。設置後、不眠不休で動き続けている場合、一度本体の電源を落とし、再び起動し直す事で不具合が解決する可能性があります。再起動によって、今まで利用していた電波のチャンネルがリセットされる事も多いです。近隣で利用者が多いチャンネルを利用し続けると、知らず知らずのうちにネットの速度と品質が落ちていきますが、一旦本体設定をリセットする事で、快適にネットサーフィンが行えます。

再起動の仕様は製品によって様々であり、数十秒だけ電源を落とすだけでは不十分なケースがあります。製品の説明書をよく読み、数分程度電源を落とすのが必須であれば、作業の合間を見つけてルーターを10分程度休ませてみましょう。

まとめ

ホームルーターの安定性アップのためにやりたいことをまとめました。

Wi-Fi電波で接続するため安定性に影響を与えるものはたくさんあります。

それらを少しで排除して安定したインターネット環境を整えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です