ホームルーターの通信環境を安定させるには?安定性の高い製品も紹介

安定感のあるホームルーター

安定感のあるホームルーター

WiMAXが普及したことにより、Wi-Fiを利用した通信環境が格段に整備され始めています。

これまでは様々なアクセスポイントを利用してWi-Fiを使用する利用方法が多かったのですが、近年ではホームルーターを設置し自宅でもこのWiMAXの環境を効果的に利用する人が増えているのです。

従来は無線通信は様々な外的な影響を受けやすいため、通信環境が安定しないと言うデメリットがあったのですが、近年では高速大容量の通信回線が安価で利用できることにより、安定した環境を得ることが比較的容易にできるようになっているのがポイントです。

安定感のある通信環境にするためには?

その中でホームルーターの通信環境を安定させるためには、回線のメリットを最大限に利用できる機能を持ったものを選ぶことが重要となります。

ルーターは様々の制御を行うため、その機能により通信速度が圧迫されてしまうことも考えられるのでスペックの高いものを選ぶことが必要となるのです。

近年では様々なメーカーからホームルーターが販売されていますが、利用する際にはそのスペックを詳細に比較し、利用する回線と最も相性の良いものを選ばなければなりません。

いま人気のホームルーター

最近話題となっているホームルーターには、WiMAXに接続して利用できるHOME 01とL02、そしてSoftBankが提供するAirターミナルがあります。

この中でHOME 01とL02は実際の速度が公表されており、HOME 01は下り440MbpsでL02はauの4GLTE利用時で1.2Gbps、WiMAX2+の場合には558Mbpsの最高速度が発表されているのです。

一方SoftBankのAirターミナルは速度が公表されていないことからその実行値は分かりませんが、これらの両者とほぼ同等のスペックを誇っているものとなっています。

その他にもホームルーターは様々なものが発売されていますが、現在ではこの3機種を超えるスペックを有しているものは少なく、さらに、回線の相性などを考慮すると特に通信環境を安定させるために有効なものとして選ばれるのはこの3機種になります。

しかし、注意をしなければいけないのはAirターミナルはSoftBank回線でしか使用できず、さらに通信速度が安定しないと評価されている点です。

スペック上はHOME 01とL02が優れていると考えられますが、ここで注意をしなければいけないのはそれぞれ回線側で通信制限を受けてしまうことがあることです。

au回線を利用する場合にはその回線の契約上の通信制限を受けることになりますが、これは契約により変動する上、その上限に達するまでは快適に利用ができるためあまり問題されるレベルではありません。

WiMAXは3日10GB制限あり

しかしWiMAXの場合には回線側で、三日間での通信料量が10Gbps 以内と言う制限があることから、この点を十分に注意しなければならないのです。

これらの条件を踏まえホームルーターの通信環境を安定させるためには、ルーターのスペックと回線の帯域の様々な条件を十分に考慮する必要があります。

同じ通信制限の場合でも、制限がかけられた場合にどこまで速度が落ち込むのかを知っておくことも必要です。

SoftBankの場合にはこの通信制限となった場合、128Kbpsまで速度が低下するのがわかっており、この速度では動画だけでなく通常のSNS等の利用も非常に不便になってしまいます。

一方、WiMAXの場合には3日10Gbpsの制限を受けた場合でも1Gbps程度の通信を行うことができるため、動画の再生には多少影響を受けてもその他のSNSなどの利用には全く違和感がありません。このような回線の特徴を理解して選ぶことも効果的な通信を確保するためには非常に重要な要素となっているのです。

一般的に外部で使用するWi-Fiルーターの場合には、元来アクセスポイント等の速度が非常に低く設定されており、高速使用をするのは難しい場合も多くなっています。

またバッテリーの性能にも影響し、一般的に消費電力を低く抑えなければいけない関係からその性能を低く抑えているケースも少なくありません。

しかし自宅に設置するルーターの場合には電源を自宅から得ることができるため、比較的大きなスペックを得られる可能性が高いのです。L02では最大1.2Gbpsもの通信速度が実現できるスペックを備えており、非常に快適に利用できるものとなっているのが特徴で、接続回線との相性を確保すれば非常に快適な通信環境を実現できるのがポイントです。

ルーターにはその他にも様々な種類のものがあり、セキュリティレベルの高い物や複数端末の通信に強いものなど様々です。単に処理速度が速いだけでは快適性に関して一概に比較はできませんが、スペック上は先の3台が非常に突出したものを持っていると評価されており、海鮮に合わせて選ぶことがポイントとなっています。ま

た様々なスペックの比較表も公開されていますが、ここで注意をしなければいけないのはそれぞれに比較するポイントが異なると言う点です。

特にSoftBankのAirターミナルは様々な数値が公表されていないため、注意をしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です