auのホームルーター

ここではauショップやauオンラインショップで契約できるホームルーターについて解説しています。

auホームルーターの使い方

auホームルーターは2017年に開通工事不要で使えるホームルーター「Speed Wi-Fi HOME」が発売されたことが新しい話題です。通信最大440Mbps の高速インターネットアクセス対応ホームWi-Fiルーターです。 使い方として持ち帰ったその日にコンセントにつなげ工事不要ですぐに高速インターネットアクセスが可能なことが特徴です。 auホームルーターの利用としてオプション使用理としてならハイスピードプラスエリアモードご利用月のみとなり月間容量制限が7ギガバイトになります。WiMAX 2+フラットforHOMEとしては月間容量制限はありません。 基本使用量は「2年契約(誰でも割シングル)」適用と「WiMAX 2+ おトク割」とで料金が違い後者の場合は期限付きの料金設定になります。またWiMAX 2+ フラット for DATA」「WiMAX 2+フラット for DATA EX」または「WiMAX 2+ フラット for HOME」への加入が条件となります。

auホームルーターの料金は?

auのホームルーターにはいくつか種類があります。通信速度、料金などそれぞれ種類によって異なります。 人気なルーターは、回線工事が不要のSpeed Wi-fi HOME L01です。通信はWiMAX2+と4G LTEに対応しており、通信モードはハイスピードプラスエリアモードとハイスピードモードの2種類あります。本体価格は一括の場合28080円です。 料金プランは様々で、通常プランの場合4380?5880円、ハイスピードプラスエリアモードを利用した月は追加料金が発生します。例えば7GBで契約されている場合は1005円追加料金が発生します。 auのスマートフォンとセットで契約すると毎月934円の割引が受けられるサービスや、スマートバリュー対象のインターネットを契約している方の申し込みの際は、372?4880円で利用することが出来、ハイスピードプラスエリアモード利用が無料です。 ホームルーターを契約する際は、auスマートバリューに加入することで基本使用料が安くなります。具体的にはパケット通信が10MBまでは月372円と安く、10MBを超えたとしても誰でも割シングル 2年契約の方は通常の1000円値引きになります。パケット通信利用料によって異なりますが、元が5196円又は5880円だったところが4196円もしくは4880円になるということです。 また、3WiMAXの場合、ギガ放題プランだと容量制限無しで月額3495円、ライトプランであると容量制限ありで月額3495円になります。 あなたにあった使い方を考え、ルーターの種類を選んでみてください。様々なプランなどがあるので、お店で話を聞いてみることをお勧めします。

auホームルーターの制限にはどんなものがある?

auひかりでレンタルされるホームルーターの中には、プライベートIPアドレスに制限のある機種があります。 ホームルーターをインターネットに接続するためには、利用しているプロバイダからグローバルIPアドレスが付与されますが、搭載されているLAN端子や、無線LANによって接続されている機器からインターネットを利用するためには、それぞれにプライベートIPアドレスを付与する必要があります。 理論的には、ひとつのルーターの配下に、数十台もの機器の接続が可能ですが、auでは、保証するのは6台までと制限しており、7台を超える場合には、別途HUBを用意する必要があるとしているため、接続台数が多い場合は、注意が必要です。 auが行っているもうひとつの制限は、大量データ送信制限です。 auひかりを利用している全てのユーザーに快適で安定したサービスを提供するために、継続的に一定水準を超えるデータ送信を利用したユーザーに対し、ネットワーク資源の公平性確保の目的で、通信速度の制限を行うというものです。 その基準は、1日30GB以上の大量のデータを継続的に送信したケースで、検知されると総量規制方式による制限が実施されます。 30GBという数字は、DVD1枚に保存できるデータを約4.7GBとして算出した場合は1日に約6枚、音楽CDを700MBで算出した場合は1日に約43枚にも上る膨大な容量で、いわゆる普通の使い方をしている分には、さほど気にする必要はありませんが、何かしらのトラブルによって意図せずに送信してしまったケースなどを鑑み、万が一の事態に備えて、留意しておきたい点です。

遅いときの対処法

auのホームルーターは高感度で高い処理能力を有していますが、端末とホームルーターの間に物理的に何らかの障害物が存在していたり、距離がある際には遅い点が気になってしまいます。 ホームルーターと使用端末の距離を近くにするのが手っ取り早いのですが、実行に移すのが難しいのなら中継機を投入してみましょう。 中継機は発生している距離の中間地点にあれば橋渡し役になってくれるので、遠い位置にあったとしても安定的に繋げられる上に遅い問題が無くなります。 また、ホームルーターの処理能力が高いとしても限界があり、一般の想定よりも多くのデバイスを接続している時は遅い回線速度しか得られません。 スマートフォンやコンピュータの他にゲーム機を繋いでいたり、他者と一つのホームルーターを共有しているような状況であれば、違うSSIDを使ってみるようにしてください。 そして、ホームルーターで使われる電波の周波数は決まっているのですが、同じ周波数帯が他にも存在しているからこそ干渉が起こってしまい、本来の速度が出せずに遅い様子にやきもきする事案があります。 auに問い合わせたりマニュアルを参考にしつつ、電波干渉が引き起こされにくいチャンネルを使ってみるようにしましょう。 さらに、ホームルーターそのものには問題が無くても、パソコンの中にインストールされているセキュリティソフトとの兼ね合いが悪い恐れもあるため、例外ルールを適用化させたり無効化して様子を見てみるのも良いです。

auとソフトバンクのホームルーターはどっちがいい?

インターネットに接続し、通信する頻度とデータ量が多いのならauのホームルーターを選ぶと高い満足度が得られるようになりますし、開通に際して手間のかかる工事や費用の出費も不要です。 しかも、auの場合は採用している技術がソフトバンクとほぼ変わらないのにも関わらず、受信感度の良さが関係し得られる速度が大変速くて円滑にデータ通信が実行できます。 このようなauのホームルーターの性能の高さを知った場合、選ぶのはau一択であるように感じられるものの、ソフトバンクの携帯電話を使用しているのなら、金銭面から見てもソフトバンクのホームルーターになります。 本来およそ6万円で買い求められるのですが、3年間継続利用していれば月々割が適用されるので全額分が無料になりますし、ひと月あたり490円でレンタルするプランもあるので、経済事情合わせて柔軟に選べます。 このように、現況によりどっちが良いとは一言では言えないのですが、まずは使用中の携帯電話のキャリアから目を向けていくのが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です