モバイルルーターのWi-FiとBluetooth接続はどう違う?

どこにでも持ち運ぶことができ、電源を入れるだけですぐにネットに接続できるツールとして、ビジネス・プライベートに関係なく多くの人が便利に活用しているのがモバイルルーターです。モバイルルーターは通信事業者と契約することで利用ができ、基本的にモバイル回線を利用してWebに接続するサービスなのですが、最新の機種ではスマートフォンのインターネット共有機能と同様にルーターとデバイスの接続方法を複数の方法から選べるようになっています。ほとんどの機種ではWi-Fiでの接続とBluetoothでの接続に対応しているのですが、それぞれの接続方法にはどのような違いやメリットがあるのでしょうか。Wi-Fi接続とBluetooth接続の違いや、それぞれの適した利用シーンなどを解説していきます。

Wi-Fiの特徴

メリット

まずはWi-Fi接続をする場合のメリットですが、通信速度が高速で安定している点が挙げられます。接続する端末が対応していれば2種類の電波が利用できるので通信が安定しますし、特に5GHz帯の電波では家電などの干渉を受けにくいので、室内で通信を行う場合でも安定して繋ぐことができます。また電波が遠くまで届くのでルーターと接続するデバイスの間に距離があっても問題ありませんし、同時に複数の端末を接続しても安定感があります。

デメリット

一方でWi-Fi接続のデメリットですが、消費する電力が大きい点が挙げられます。最近のルーターは省エネモードなどが搭載されていますが、節電モードに切り替えをした場合でも一日中端末の電源を入れた状態にしておくと途中で電池が切れてしまうことが懸念されます。また2.4GHz帯で接続した場合には、電子レンジなどの家電の干渉を受けて通信が不安定になってしまうこともあります。

Bluetoothの特徴

メリット

続いてBluetooth接続をするメリットですが、消費する電力が少なくモバイルルーターを長時間使用できる点が真っ先に挙げられます。ほとんどの端末では省エネモード=Bluetooth接続とされていて、省エネモードに切り替えた場合ルーターの稼働時間が数時間単位でアップします。外で一日中電源を入れていてもバッテリー切れの心配が薄いため、まさにモバイルルーターには最適な接続方法と考えられます。また近距離で接続して使用するため障害物の影響をほとんど受けずに通信ができる点も大きな強みと言えます。
10メートル以内での使用であれば障害物が周囲にあっても問題なく接続できるので、障害物が多い室内などでルーターを使いたい場合などに便利です。

デメリット

一方のデメリットですが、通信速度が遅い点が第一に挙げられます。Wi-Fiは11acなどの圧倒的な速度を誇る規格で通信ができるのに対し、Bluetoothの規格は低速で速度は最大でも30Mbpsには届かないのが現状となっています。また接続ができる距離も非常に短く、ルーターと接続するデバイスの距離が数十メートル離れてしまうとペアリングが解除されてしまいます。さらに使える周波数が2.4GHzのみなので家電の干渉を受けることがある点にも注意が必要です。

ここまでを簡単にまとめると・・・

両者の特徴を簡単にまとめますと、Wi-Fiは通信速度が高速でBluetoothはバッテリーのもちが良いことが分かります。要は通信速度を重視するかバッテリーの持続時間を重視するかという問題になってくるので、モバイルルーターを利用する際にはどちらを重視するのかを考えて接続方法を選ぶと良いでしょう。
電源を入れた状態にしてかばんに入れたままの状態で使うことが多い場合には、ブルートゥース接続をメインにするが賢明と考えられますし、こまめに電源のオンオフをおこなっていて、いざ使う時は動画の視聴など速度を求められる作業を行うことが多い場合などにはWifiで繋ぐことで合理的にネット接続ができます。

2つ同時に使えるルーターもある

なおルーターによっては2つのモードで同時に接続ができるケースがあり、上手に使うことでより高速で安定した通信が可能となるのですが、2つのモードを同時に使用する場合にはバッテリーの消費と電波干渉に気をつける必要があります。2つのモードを同時にオンにするとバッテリーの消費が非常に激しくなるため、長時間の使用には向きません。またどちらも2.4GHz帯で接続をするとお互いに電波干渉をしあってしまい、逆に通信が不安定になってしまうことも考えられます。基本的にはどちらか一つのモードでのみ接続を行い、状況に応じて接続モードの切り替えを行うことをおすすめします。

場合によっては有線接続も検討しよう

最新のモバイルルーターではこの2種類の接続方法以外にも、LANケーブルを利用した接続や、USBケーブルを利用した接続など様々な接続方法に対応しています。ケーブルを使用した接続は無線接続と比較して通信速度が高速で安定しているなどのメリットがあるため、それぞれの接続方法の特徴などをよく理解し、シチュエーションに応じて最適な方法でルーターとデバイスを繋ぐようにしたいですね。

ホームルーターと光回線ならどっちにすべき?違いとそれぞれの強み

無線か有線か?どちらを選ぶ?

ホームルーターと光回線の違いは、そのアクセス方式が無線であるか有線であるかによります。

すぐ使えるホームルーター

ホームルーターはWiMAXなどを利用するためのルーターとなっており、基本的には家の中で好きな場所に設置をするだけで、すぐに利用できる非常に便利なものとなっているのに対して、光回線の場合は接続回線のみが提供される形になるため、必要に応じてルーターや無線ルーターなどを用意しなければならない点が異なっているのです。

安定性では光回線

これまでは光回線は非常に接続性が良く、安定しているものと考えられてきました。

これに対してWiMAXや携帯電話回線などは非常に接続性が悪く、高速化するインターネットに対してはあまり利用できないと考えられてきましたが、近年ではその性能が向上し、広く利用できるようになっているのがポイントです。

さらに接続性も非常に良くなっており、設置するだけで簡単に利用できそこそこの速度が確保できることから近年では利用する人が増えているのが実態です。

ホームルーターの特徴

メリット

ホームルーターの最も大きな特徴は、複雑や配線や設定等が不要で、自宅のコンセントに差し込むだけですぐにインターネットが快適に利用できる環境を確保できる点にあります。

光回線の場合にはプロバイダーから提供される様々な情報をもとに自分でルーター等を設定しなければならないため、ある程度の技術がなければ自分で設定を行うことができませんでした。

プロバイダーからあらかじめ設定済みのルーターをレンタルする方法もありますが、この場合にはルーターのレンタル料が別途必要となることから、割高となってしまうことが多く、さらに無線で端末を接続する際には無線ルーターなどを新たに購入し接続しなければならないと言う面倒な点はがあったのです。

これに対してホームルーターは設定を全てあらかじめ施されているため、すぐに利用できる点がポイントとなっています。

デメリット

ただしホームルーターには無線を利用することによる問題があります。

1つは接続速度が不安定なことです。

無線ネットワークは空中の状態によりその接続状況や速度状況が著しく変化してしまう点がデメリットとなっています。

そのため、その状態によっては高速での接続ができないケースも少なくありません。

さらに、購入でも異なり雨風などが発生している場合は接続性が落ちてしまうと言う問題も抱えています。

高速接続ができるからとこれを選んでも、住んでいる地域によっては高速接続ができなくなってしまう可能性もあり、残念ながら安全性に欠けてしまうというのが1つのデメリットとなっているのです。

またWiMAXは受信ができるところとできないところが存在しており、受信ができない場合はせっかく契約をしても利用できなくなってしまうことがあるので注意をしなければなりません。

最近ではプロバイダーとなるサービス提供会社が地域ごとにサービス提供の状況などをホームページで紹介してより、契約を行う前にこれらの情報を十分にチェックしてもらうことができるのがポイントとなっています。

接続速度は最高速がWiMAXが1.2ギガと光回線に比べて高速であると言われていることが多いため、簡単に設定が可能で、費用も安い上に高速であると言うメリットばかりを意識する場合が多いのですが、実際にはその条件のために寿司も満足されない事が少なくありません。

その理由は、WiMAXの電波状態やアクセスの状況により測定条件が変わってしまうために安定した仕様が難しいと言う面があるためです。

WiMAXの場合には最大速度は1.2Gbpsであるのに対し、光回線は1Gbpsが多いです。

その数字だけから見ると無線の方が有利と思っているように見えますが、実際には光回線は有線であるためその安定性が非常に高く、継続的に利用する人には非常に安心して利用できるものとなっているのが特徴です。

対して無線を利用する側のほうは速度が安定しないことや、ほとんどがブランド化し非常に価格が高くなってしまっていることも重要なポイントとなっているのです。

インターネットを接続するためにはこれを接続する機能を持っていることが当然ですが、その他にも様々な機能を持っていることからこれに関する様々な意見も確認ができます。

その中で両者の違いは安定的な性能を発揮できるかと言う点にあるのです。

このポイントは実際の使用上は非常に大きく、例えば動画などをアクセスする場合には継続的な速度の安定性が必要となり、これの維持が重要な条件となっていますが、無線の場合は接続速度が安定せずに上手に動画を見ることができないケースもあるので注意をしなければなりません。

ただし簡単に接続ができることや、様々な場所で使用できる点ではWiMAXが非常に有利なものとなっているのです。

どっちにすべき?

多少設置が面倒でも安定性を採るなら光回線、お手軽さや料金の安さをとるならホームルーターをおすすめします。

ホームルーターにもいくつかありますが、WiMAXのものが料金も安くておすすめです。

ホームルーター契約時に安心サポートは必要?

ホームルーターの契約において気になることの1つは、いわゆる安心サポートが必要か否かです。

これは機器本体の故障時に関するもので、修理費用や交換費用を対象とした保険のようなサービスを指します。

安心サポートはオプション提供されている

最初から契約にプランに含まれる場合もありますが、大抵はオプション扱いで契約時に加入の検討を要します。

具体的な内容の内訳は契約するサービスによりますが、端末故障時に無償で修理が受けられたり、盗難や紛失もカバーするケースが少なくないといえるでしょう。

勿論、保証が適用される条件は様々ですし、条件をクリアしなければ例え加入していても保証を受けることはできないわけです。

ただ万が一に備える意味では、毎月数百円くらいで加入できることを考慮すると、加入しておいても損はないと思われます。

当然ながら塵も積もれば山となりますから、不要と思われるケースで加入するのは無駄です。

大切なのは、本当に安心サポートのオプションが必要かとの判断で、必要なら迷わず加入を決めることです。

安心サポートの保証内容

保証内容の多くはホームルーター故障、あるいは盗難や紛失時が対象なので、これらの問題が生じる可能性があるか検討する必要があるでしょう。

基本的に、新品の機器は購入から1年ほどメーカー保証がつくので、初期不良期間中に故障してもメーカーが修理、交換といった対応をしてくれるはずです。

この点はメーカー次第ですから、対応の良いメーカーを選んで製品を購入できるのが理想的です。

怖いのは初期不良

しかし、一般論として初期不良が発生しなかった製品は、最低でも数年間は故障が発生しにくいものです。

バスタブ曲線といって、新品の製品は最初故障しやすいものの、しばらくすると故障しにくくなる、故障率の変化を表す概念です。

全ての製品が当てはまるとは限りませんが、一般的にはこの曲線の通り、一定期間を過ぎれば故障が発生する確率は下がります。

バスタブとの名前がついていることからも分かるように、再び故障率は上昇に転じますが、それは長期間使用した場合なので当面は安心です。

加入期間は最初だけがおすすめ

つまり、初期不良さえ乗り切ることができれば、ホームルーターは簡単には壊れませんから、メーカー保証がつくこともあって安心サポートは不要と考えられます。

持ち運びを前提としたモバイルルーターなら別ですが、ホームルーターは自宅やオフィスといった屋内で使用するもので、破損事故に遭遇する可能性は低いです。

故障の原因の定番ともいえる落下は、設置に不備がなければまず発生しませんし、余程大きな地震でもなければ大丈夫でしょう。

水濡れや水没といったトラブルも、屋内設置の製品に発生するケースは稀で、落下と同様に発生率は非常に低いです。

上位に並ぶ故障原因の発生そのものが珍しいので、故障が生じるとしたらそれは運がない場合です。

そういう万が一に備えるものが安心サポートのような保証ですから、僅かな出費で安心が買えると思えば、加入するのも悪くないです。

安心サポートの料金

1ヶ月あたりが500円程度であっても、1年となれば年間6千円の負担なので、2年3年と契約が続くことを考えると無加入時と比べて馬鹿にできない差になります。

自然に故障するケースの殆どは初期不良で、それ以降は落下や水没が主な故障原因ですが、設置型のホームルーターはこの故障リスク事態が小さいです。

契約時に安心サポートは必要かとの問いには、リスクを考えれば特に必要はなく、安心が欲しい人に限り加入してもOKとなります。

安心サポートがオプション扱いなのは、加入しなくても問題なく使えるケースが多いからで、やはり保険の意味合いが強いからです。

加入したほうが安心なパターン

モバイルルーターの場合

モバイルルーターなら積極的に加入を検討した方が良いですが、それは落下や水没の恐れが少なからずあるのが理由です。

屋内で設置を行うのに、落下を恐れる必要はありませんし、ましてや水没の発生はまずないでしょう。

家具との接触で簡単に落ちてしまう設置は論外ですが、水平な面にしっかりと固定を行なえば、相応の衝撃がなければ落ちないです。

一方の水濡れや水没は、子供がいたずらで意図的に水を掛けるか、極端な温度差で結露でも生じなければ心配無用です。

やんちゃなお子さんがいるなら加入もあり

いたずら盛りの小さい子供が居る家庭なら、ホームルーターが危険にさらされることになるので、加入するのもありだといえます。

途中で自由に契約から外すことができたり、キャンペーンで数ヶ月分の費用が無料になるなら、それも加入の検討をする切っ掛けになり得ます。

必要性を感じたら契約するのは当然ですし、必要なければ契約の理由がなくなります。

難しく考えなくても良いですし、シンプルに保証内容に目を通し、必要かどうかを判断すれば自然と結論が出ます。

1人暮らしだったり小さな子供が居ないなら、契約する必要性はとても低いです。

逆に家族と一緒に暮らしていていたずらをする子供が居る場合は、安心を購入するつもりで契約しても損にはならないでしょう。

これが加入の可否を分けるポイントで、人それぞれが自分の条件に当てはまるか確かめることで判断可能です。

ホームルーターで任天堂switchのオンラインゲームは快適にプレイできる?

大手ゲームメーカーの任天堂が開発したゲーム機が任天堂switchであり、その最大の特徴は携帯ゲーム機と据え置き機の要素を取り入れたことです。

任天堂switchの本体は携帯ゲーム機であり、専用の端末もしくはUSBで充電すれば外支出先に持ち運んで好きなゲームを楽しむことができます。

そして本体の携帯ゲーム機を、専用の端末に接続をしてHDMLコードとテレビを直結することによって据え置き機として大画面でゲームを楽しむことができるのです。

そんな任天堂switchのもう一つの楽しみ方といえば、やはり現在のゲームの主流ともいえるオンラインゲームといえます。

任天堂switchでオンラインゲームを楽しむ方法は、任天堂にインターネットからアカウント登録をした後にコンビニで加入権を購入後任天堂switchオンラインサービスに指定されている料金を支払って加入するだけです。

任天堂オンラインサービスに加入すれば、場所を問わずにオンラインゲームを楽しむことができます。

ただし自宅でオンラインゲームをする場合には、たった一つだけ注意点がいります。

それはホームルーターを使う場合です。

そこでswitchのオンラインゲームをホームルーターで遊ぶ時の注意点についてまとめました。

switchオンラインゲームをホームルーターでプレイするときの注意点

オンラインゲームをするにはネットにつなぐ必要があるのですが、問題はその電波です。

オンラインゲームは送信と受信を繰り返すことで成り立っているのですが、快適なプレイをするには送信と受信が滞りなくやり取りできなくては意味がないです。

もし送信と受信が滞りが発生してしまうと、画面が固まったり最悪の場合ネットが切断されて途中退出となります。

電波が悪いことによる途中退出や画面の硬直は、相手側にも少なからず影響を与えてしまうの今後一緒にプレイしてもらえなくなるリスクが起きる場合があります。

そうならないためにも、しっかりとホームルーターの状態を確かめる必要があります。

推奨電波強度について

基本的に電波強度というのは、長期的に安定した運用を考えているので送信は50から75そして受信は80の数値で構成されているのです。

任天堂switchの推奨電波強度は送信は30そして受信は50が目安なので、基本的にはホームルーターでも快適なプレイができます。

ただしこれには条件が合って、それはホームルーターとゲーム機本体が一部屋離れた距離ぐらいしか離れていないことが条件になるのです。

ホームルーターから発信される電波というのは、距離が離れれば離れるほど弱くなり傾向にあります。

さらに室内の壁だけでなく、冷蔵庫や電子レンジそして無線のコードレス電話が近くにあると電波干渉をしてしまうのです。

もしゲーム機本体との間に、こういった要因があると推奨電波の送信は30そして受信は50の目安を下回ってしまい先に言った画面硬直や切断による途中退出をすることになります。

プレイ前にホームルーターの状況をチェックしよう

電波強度のチェック

自宅のホームルーターで快適なプレイをするためには、まず本体を起動したときに画面に映っている電波強度の部分を見てしっかりと受信できているのかを確認するのです。

その上で電波の線が1本もしくは2本であれば安定していないことが分かるので、次に現在の状況を確認するために本体が受け取っている電波を調べます。

現状の電波を調べるためには、本体を起動後に設定の中にインターネット接続の項目があるのでクリックするのです。

次の項目の中にインターネット接続状況があるので、同じくクリックすると本体がネット接続環境の状態を検査してくれます。

その接続状況の数値において、目安とはいえ推奨電波の送信は30そして受信は50の目安に近い状態であれば快適なプレイはできないことを意味するのです。

もし送信は30そして受信は50の目安に近い状態になっていることが分かれば、いくつか快適なプレイをするための手段はあります。

快適にプレイするには?

距離が遠いことが問題なので、プレイするときには近いところで行うのが手っ取り早いです。近くでプレイできないのであれば、やはりルーター自体を交換してしまうのも手です。

現在ではNUROやドコモ光など、インターネットだけに使うのではなくゲームに使うことを念頭に置いたルーターが開発されているので交換すると距離や障害に関係なく電波を届かせることができます。

ただ高出力ルーターを自宅に設置する場合は、どうしても工事をしなければならないというデメリットがあるのです。

もし工事をしなければならないというデメリットをしたくないのであれば、次の手段としては市販の中継器を購入して壁の影響を無くすことで快適プレイをするという方法もあります。

さらに中継機に有線接続できる機能が搭載されているのであれば、別売りではあるのですが有線接続するためのUSBを購入して無線から有線接続することによって電波障害を感じさせずにプレイできるのです。

このように推奨されている電波に届かない場合でも、いくつか障害を感じさせないでプレイする方法はあるので途中で切断もしくは画面が硬直することに悩んでいる人は実践してほしいです。

2階建ての家でもホームルーター1台でカバーできる?

インターネットの接続で、ゲートウェイからホームルーターに接続し、有線ではなくWi-Fi電波でネット環境を整えようとすることは多くの方が行っています。

この際に注意が必要なことはあり、一般的なアパートやマンションではワンフロアに限定されているので1台でも十分にカバーできます。

一方で2階建ての家でお使いの場合、1階部分にホームルーターを置いているご家庭が目立ちますが、2階までWi-Fi電波がきちんと届くのかどうかの判断が必要です。

ここでは2階までインターネットを快適に使いたいときに知っておきたいことをまとめました。

1階も2階も1台のホームルーターでカバーする方法

インターネットの接続会社と契約をして、住環境に合わせたホームルーターを利用している際には、特に問題が起きてしまうことはありませんが、家電量販店やネット通販で自ら購入したホームルーターを利用する場合、2階建ての家では機種選びを正しく行う必要性があります。

価格が安く売られている機種の中には、マンションタイプでワンフロア向けの機種があるので、必ず2階建て以上に対応している機種を選ぶことは欠かせません。

インターネットに光回線を利用している環境では、合わせて高機能なルーターを求めることも必要です。

ある程度スペックの高い端末を選ぶ

条件にマッチしている機種の場合は、2.4GHzと5GHzの両方に対応していること、11acに対応していること、300Mbps以上の機種を選ぶと、殆どのケースで問題は起きません。

これらの条件に該当する機種でも、価格帯の範囲は広くあり、メーカーによる違いもあります。

名の知れた有名メーカー品であれば、快適なインターネット環境を得られるのではないでしょうか。

同時に接続する端末数をチェック

ホームルーターにつなげる台数

後は一度に接続する可能性のある通信端末の数もチェックしたい項目です。

前提としてメインで使うパソコンは1台と仮定すると、お手持ちのスマートホンがあれば既に2つの通信機器を接続していることになります。

2階建ての家では通常では家族が他にも数名で生活をしていることになるので、スマートホンの数は必然的に増えます。

更に来客があった際にも便利にWi-Fi電波を共用したいと考えた際には、最低でも6機以上の通信機器に対応していればベストと考えられます。

パッケージや説明書にはこの部分を分かりやすく表示させているものがあり、2階建て用で6台という表記の機種も存在しています。

実際には6台以上でも同時通信させることは不可能ではなく、1階から2階へと全ての室内で使えることを前提にしながらも、この点も実際には屋外の道路に出ても接続可能な機種もあります。

パッケージ表示については最低の基準と考えることが良いとも判断できますが、確実性というものはなく、あくまで目安と考えることが良い方法です。

2階に電波が届かない原因は?

2階まで電波がうまく届かない原因には住宅の構造と設置場所、室内の他の機材類が影響を与える可能性があります。

1階にホームルーターを設置しても、同一機でも住環境が変われば電波が十分に届かないという実例はあります。

この原因は様々なものがあり、電波を遮断してしまう要因があることです。

壁やほかの機器の電波が障害に

具体例では2階へつながる通路に大きく厚みのあるドアや扉、壁が存在していること、冷蔵庫など大型の電気製品があること、ワイヤレスのインターホンやワイヤレス操作できるパネル付きのトイレがあることなどをあげることができ、複数の電波が室内を飛び交っている状態では、快適な環境とは言えません。

繋がらない場合の改善方法について

5GHz帯を利用して接続する

該当する住宅の場合は、解決策はあり、パソコンは5GHzを利用することで対応できる可能性はあり、設置場所を変えてみる方法も効果的です。

特に設置場所はリビング内に限定する必要性はありません。

ホームルーター設置場所を階段近くにする

2階へ上がる階段がリビングの外にある場合では、ドアの外側に設置する方法で問題をクリアできることが多々あります。

中継器を設置する

他にも有効な解決策はあり、中継機を別途購入する方法です。

中継器は小型でコンパクト設計のものが多く、階段のコーナー部分などに設置すると多くの住宅で快適な電波を使える環境に仕上げられます。

より高性能なホームルーターに買い換える

もっとシンプルにしたいという方は、本機自体をグレードアップする方法です。

実際に販売されているホームルーターの中でも3階建て以上に対応している機種があります。

もしも不安に感じるのであれば、最初からこのタイプを利用することで問題を回避できるのではないでしょうか。

通常は1度設置したら3年や5年など長い期間を使うものです。

頻発にネット回線が途切れるような不具合が起きない限り、買い替えを積極的に行うことは非常に少ないものなので、少々高価であっても品質の良い機種選びをすることは正しい行動になります。

ファームウェアの更新をチェック

最初は問題なく使えていたものの、後につながりが悪くなってしまったり、つながるまでの速度や機器類の使用時に速度が落ちたと感じた際には、ファームウェアの更新を行ってみる方法があります。

購入したメーカーが公式サイトで無料で提供をしているものなので、パソコンがあれば簡単に更新できます。

ドライバも含めて常に最新の状態にしておくことで、2階建てでも1台でフルカバーさせることは可能です。

ホームルーターの電気代はどれくらいかかる?節電方法は?

ホームルーターの電気代について

インターネット環境を整えている場合、ホームルーターを購入してWi-Fiとして使っていることも普通のことになりました。

この機器を購入することで、ケーブルを使うことなくパソコンをネットにつなぐことができ、更にスマートホンやタブレットなど他の通信機器も持っている際には、1台のホームルーターがあれば、全ての機器をネットに接続できるという利便性が生まれます。

しかし、気になることはあり、電気機器に該当するので電気代が高くなるかもしれないと心配な方もいると思います。

そこでホームルーターの電気代がいったいどれくらいになるのか?を調べてみました。

ホームルーターの電気代はいくらくらい?

電気代

通信機器の特徴では、24時間365日付けっぱなしにしていることも珍しくはなく、常に接続していることでリアルタイムでの情報を得たり、いつでもネットに接続できる便利さはあります。

1日当たりの電気代

利用環境により違いは大きくなりますが、ホームルーターの気になる電気代は、一般的なタイプで6W、スペックの高いモデルでは18W程度の消費量になり、お金で換算すると1日に4円から12円程度と計算できます。

1年あたりの電気代

1年間での計算では1,460円から4,380円になり、決して安くはありません。

もっともこの数字は最大限に電力を消費している額面なので、実際にはそれ以下になることもあり得ることですが、それでも節電を心掛けて消費電力を下げるには、対象とすることには効果的です。

ホームルーターの節電方法

節電モードのあるホームルーターにする

節電方法はいくつかあり、もっともお手軽にできる方法は、節電モードを搭載しているホームルーターの導入です。

進化を続けている機器類になるので、新しいモデルの中にはこのモードを搭載しているものがあり、使い方は機種によりますが時間設定をして使わない時間帯は電源をオフにできることが多いものです。

一般家庭の他、会社のオフィスで利用している場合は、夜間から早朝は使用しないことが多いので、このタイプのモデルを購入すると大きく節電できます。

スイッチ付きの電源タップで管理する

電源タップで節電

節電モードが搭載されていない場合でも電気代を安くする方法はあります。

一般的には一度コンセントに接続すると、抜き差しを行わない機器になりますが、スイッチを搭載している電源タップを購入すると操作を簡単に行えます。

一般家庭を事例にすると、モデムやルーターなど3つの機器をコンセントに接続している環境があります。

スイッチ付きの電源タップの中には3連式や4連式のものがあり、並列しているコンセントに対して、それぞれスイッチボタンが設置されているタイプの購入が推奨できます。

分かりやすいように、各コンセント部分に接続している機器の名称をシールなどに書いて貼っておくと後々に便利です。

この環境を作り出した後には、オンの状態ではスイッチ部分が点灯しているので、就寝前などネットを使わない時間になると、スイッチを切るだけで簡単に節電できます。

直接にコンセントからコードを抜くという方法もありますが、何度も抜き差しを繰り返していると断線してしまうリスクが高まるので、スイッチ式はかなり便利に使えます。

節電による電気代への影響はどれくらい?

この状態で1日に約8時間の電気供給をストップさせた場合、1年間で973円から2,920円まで料金を引き下げることに成功します。

何もしない場合と比較をすると、1年間に487円から1,460円の差額が生じる計算になります。

通常では何年も利用を継続するものなので、5年間や10年間の利用で考えた際には十分に節約できると判断できます。

節約を意識的に継続させることが何よりですが、スイッチを切ることを忘れてしまったり、途中で面倒になることも想定することはでき、この対策では電源タップの設置場所を工夫すると継続しやすくなります。

床面の壁際に這わせる方法ではなく、壁の見える位置に電源タップを固定しておくと、スムーズに切り替えできるメリットや、視覚的に分かりやすいので、切り忘れを防ぐことが可能です。

ホームルーターの購入の際に、消費電力を確認してから購入するという方法もありますが、電力だけに拘っていると性能面での不具合を感じてしまうので、注意しながら選ぶことも大切なことです。

電力会社のアンペア数見直し

一般的な機器類の場合、これらの方法で限界となりますが、別の方法もあり契約している電力会社と契約アンペア数の見直しを行ってみることも良い方法です。

現在では電力自由化に伴って、沢山の会社が安い電気を提供するようになりました。

各社で独自のプランを用意しているので、各ご家庭や会社にとって最適なプランを見つけ出すと、結果的に支払い料金を減額できます。

契約アンペア数は数字が高くなるとそれだけ料金も高くなります。もしも必要以上のアンペア契約を結んでいる場合は、下げてみる方法で十分な手応えを感じることができます。

ただし、低めのアンペア数の場合は自由化による電力会社では対応していないことが多いので、最初にアンペア数の見直しを行ってから、契約する電力会社探しをするという手順が最も良い方法です。

まとめ

ワイヤレスの工事なしでインターネットがすぐに使えるホームルーターの電気代と節電方法について紹介しました。

1日あたりでは少額ですが、年間換算するとそれなりに電気代がかかっているのがわかります。

ここで紹介した方法を参考に節電にチャレンジしてみてくださいね。

節電機能を使ったり、スイッチ付きの電源タップを用いる方法では、電気代を確実に下げることができますが、機器類の寿命を長くできるという可能性もあって一石二鳥です。

ポケットルーターを2台持ちするメリットとは?

ポケットルーターは1台で充分ではないかと考える人も居ますが、使い方によっては2台持ちをした方が日頃の私生活で有利に活用できる場合があります。

2台持ちするメリット

通信制限の回避

今現在、ルーターを家族で共有している場合、家族の人数が多ければ簡単にデータ通信量の制限に到達してしまう恐れがあります。

万が一、速度制限が掛かってしまっても、1台ポケットルーターがあれば、通信量を気にすることなく快適に利用できます。

一人暮らしの場合は1台で充分に活用できますが、スマホやパソコンなど、多くの端末を利用する場合には2台あった方がルーターを交互に利用する事で速度制限に引っ掛かりにくくなります。

家族でつかえる

家族でのメリットは1台を自宅用、1台は外出時に家族の誰かが持ち運ぶにも便利でしょう。

1台で複数の端末に接続出来るため、家族で併用している事がありますが、ポケットタイプとなると持ち運びを考慮して契約を行っているはずなので、外出時や旅行など、あらゆる場面での持ち運びを考えると2台持ちが安心です。

家族であれば、大人用と子供用、旅行用、などの用途別に契約を行うのも良いでしょう。

分けて利用する事で、子供達が普段どれだけの通信量を必要としているのかを把握出来てオススメです。

特に旅行では2台を両方持って行き、家族で二手に分かれる場合などに振り分けて使用するにも便利です。

近年では観光地でも調べ物をしたり、空いた時間に動画を見るなどする家族連れが増えています。場面に応じて通信手段の確保が必要となった場合に、外で利用できるポケットルーターは2台あった方がお得です。

1台は仕事用として

また、仕事で出張が多い方にも2台持ちは大きなメリットがあります。

1台は家族用に、もう1台は出張時の通信手段として活用出来ます。

出張先が海外の場合、SIMフリーのポケットルーターを1台持っていれば、カードを差し替えて海外用として使用するのも便利です。

場合によっては通勤用に1台を鞄の中に入れておき、1台は自宅用に置いておく事で、わざわざルーターを鞄に入れたり出したりする必要がなく、忘れたりしないので安心です。

1台だとどうしても、持ち運びの際に必要な動作がありますが、2台だと所定の位置から動かさないようにするだけで手間取る事が一切なく快適です。

家族用なら光回線のほうがいい?

引っ越し時に手続き不用なポケットルーター

家族で利用するならポケットルーターより、光回線の方が便利ではと思われがちですが、仕事で転勤が多い場合になると他府県に移り住む場合には契約の解除が必要です。

ポケットタイプのルーターは場所を問わず持ち運びが自由自在であり、住む場所が変わっても住所変更などの手続きだけで済むので、安心して継続できます。

ポケットルーターの買えるところ

ルーター自体は家電量販店や通販サイトでも端末のみを購入できます。

端末を購入して、複数自宅に置いておくのも良いでしょう。その際に格安スマホなどの契約会社にてSIMカードの契約が必要となり、カードを差し込まないと使用できませんが、各大手企業で契約するよりも安い費用でポケットルーターを運用できるメリットもあります。

1台故障時にも2台あれば安心です

2台持ちには更にメリットが潜んでおり、1台が故障や接続しにくい状態になった場合には修理に出している間に2台目のルーターを使用できる点、不具合の発生時にもトラブルが起きている間の救世主となるでしょう。

スマホ側にも通信速度の制限があるので、どうしても通信が欠かせない時にスマホもルーターも同時に利用できない場合を防ぐにも2台を持っている方が安心できる状況が多々あります。

2台持ちのコストに気を付けよう

費用面が気になる方は、両方のルーターをSIMフリー端末にしておき、1台が故障時には中のSIMカードを差し替えて2台目を活用するなどの工夫が可能です。

2台同時に契約をする場合は月の通信量をどれだけ必要としているのか、きちんと把握しておきましょう。

2台共に通信量が多いタイプを契約していた場合、実際には結構余ってしまうという事もあります。少しでも無駄を省くためには、それぞれのプランを再度チェックしておくと良いでしょう。

どんな場合にも2台持ちにメリットが発生する訳ではなく、日頃のスマホで月に1GB未満しか必要としない方がルーターを2台契約すると損をしてしまいます。

50GB以上を必要とする場合や、家族での利用など、きちんと意味のある方々にとっては賢い利用手段です。

2台持ちのデメリット

当然ながら2台分の料金が必要

2台持ちにデメリットがあるとすると、料金的なものだけでしょう。

家族で必要な分を利用するのであれば、損にはなりませんが、一人暮らしの場合や日頃から通信量が少ない方は1台でも充分に活用できるので、必ず自分に合っているかを見極める事も必要です。

所有する2台は回線が別の会社がおすすめ

どうしても通信が不安定な事がある場合は2台共に、別々の会社で契約をしておくと安心です。

各会社によって通信手段に違いがあり、電波が入りやすいエリアと入りにくいエリアが異なります。

そんなトラブルを回避出来るのも2台の端末を持っているからこそ出来る裏技なので、自分の状況に合っている場合は契約をした方が便利です。

ホームルーターでPS4のゲームは快適にできる?おすすめブランドは?

PS4では、スポーツやレース、パズルやFPSなど様々なタイプのゲームを楽しむことができます。

オフライン上でコンピューター相手にゲームを満喫するのが一般的ですが、オンラインで世界中のユーザーと対戦をしたり協力してストーリーを進めていくことも可能なのです。

オンラインでのプレイを目的として発売されているソフトも少なくなく、もはやネット回線を通じて楽しむ方が多くなりつつあるのが現状と言えます。

しかし、ネット回線を開通するには様々な手間がかかり費用も発生してしまうため中々手を出すことができないというケースも多くあります。

そこで、インターネットを通じてPS4をプレイするための方法を説明していきます。

PS4オンラインゲームをインターネットで楽しもう!

ネット接続することで、世界中の人とつながることができますしわざわざ店舗に行ってゲームソフトを購入しなくても、ダウンロードという形で遊ぶことができディスクの入れ替えをする必要が無いのです。

PS4のネット接続までの流れ

まず初めに、回線の契約が求められます。

多くの会社があるため迷ってしまうかもしれませんが、しっかりと情報を仕入れてどれが自分に合っているのかを決めてから契約をするようにしましょう。

これに加え、プロバイダー契約も必要になります。

プロバイダーも決して少なくないため、適当に選ばずにそれぞれの特徴を把握してから決めるようにしましょう。

契約後、インターネット接続に必要となる工事が行われますので、日程の調整が行われます。

これは工事会社の担当者が自宅にやってきて対応をするものであるため、立ち合いが必要となります。

その前に、自宅にパスワードやIDなど接続に必要な書類が届きますので無くさないようにきちんとした保管が大切です。

立ち合いと言っても、担当者が勝手に作業をして完了してくれますので利用者が何かやらなければならないことはありません。

ただし、作業後は自分でPS4をインターネットに接続させる必要があります。

ここで多くの人が分からなくなってしまい、オンラインプレイを諦めてしまうケースが多いのですがしっかりと手順を踏んでいけば決して難しくないため安心です。

まず、PS4のネットワーク画面を選択し、インターネット接続設定に行きます。

その後、有線か無線かで異なりますので別々に紹介していきます。

まず、有線ですが、これを行うためには専用のケーブルを使用するため忘れずに調達しましょう。

このケーブルを本体に接続し、先に述べたインターネット接続画面でかんたんを選択するだけです。

後は、指示された通りに進めていくだけなので、シンプルなやり方であるとして多くの人がこの方法を採用しています。

その一方で、無線ではWi-Fiを使うためその通りに選択をしていけば大丈夫です。

ホームルーターでも遊べます

無線でインターネット接続をしたい場合、ホームルーターを使用するという方法もあります。

ホームルーターとは、上述した回線工事やケーブルの接続など面倒な手間がかからずに手軽にインターネット接続ができるものです。

接続にはホームルーターの他に、モバイルルーターや固定回線などの種類がありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

固定回線はこれまで説明してきたように、配線やプロバイダーの設定など色々な作業が求められるサービスであるのに対して、モバイルルーターはプロバイダーを必要とせずパスワードの設定などで使用ができるものです。

ただし、設定が簡単な分、速度制限があったり通信の安定性に欠けるなどのデメリットも指摘されています。

そして、ホームルーターはモバイルルーターとそこまで大きく変わりはありませんが、通信の安定性が比較的しっかりしているという特徴があるのです。

思いっきりインターネットを楽しみたいという人は、ホームルーターでは通信速度が遅いなど不満を感じてしまうかもしれませんが、動画を視聴したりオンラインゲームを楽しみたいという人には向いています。

ホームルーターと一口に言っても、どの会社のものを導入すれば良いのか分からないという人も少なくありません。

おすすめホームルーターブランドは?

そこでおすすめなのが、ソフトバンクのものやWiMAXの製品です。

テレビコマーシャルなどで目にしたり耳にしたことがあるという人もいるかもしれませんが、前者はデータ通信量による速度の制限がないというメリットがあり、後者は高速通信ができるというメリットがあるのです。

ソフトバンクの製品は、ターミナルを設定することですぐに利用ができるため利用者が多くいます。

ソフトバンクのスマートフォンと合わせて契約をすることで一定の割引ができる点も魅力です。

ソフトバンクのものは、地域によっては対応していないところも多いのですが、WiMAXであれば基本的にどこでも使用ができます。

ただし、日本全国どこでも対応しているわけではないため、導入する際には事前に確認をするようにしましょう。

また、固定回線のような工事が必要なくすぐに接続が開始できる点も魅力と言えます。

ホームルーターとモバイルルーターの違いとそれぞれの長所・短所

ホームルーターは名前の通り家に置くルーターを意味し、モバイルルーターは持ち運べるタイプであり、どちらでもインターネットを使用する事が可能ですが、用途によって違いがあります。

ホームルーターにしたほうがいい人

インターネット回線を自宅でのみ利用したい場合や家族で一緒にシェアしたい方向けにはホームルーターがオススメです。光回線の契約とは異なり、その長所としてあるのが工事不要で利用できる点です。従来であれば自宅に光回線を導入する際には回線工事が必要不可欠で、工事に掛かる費用や日数が短所となっていましたが、今ではコンセントに設置するだけなので、短期間で導入が可能です。

モバイルルーターにしたほうがいい人

モバイルルーターは一人暮らしの方や、スマホやパソコン、ゲーム機器など多くの端末にネット回線を必要とする方にオススメです。持ち運び用に非常に便利なサイズでコンパクトな長所があり、場所を問わずに利用できるため、外出先、出張先での利用にも向いています。特にスマホの契約をしている方が、スマホの費用を抑える為にモバイルルーターを契約しているケースも多く、動画視聴の際に使用するのに便利です。

短所があるとすると充電切れや使用する場所によっては、ネットが繋がらない場合があります。モバイルルーターは持ち運びに便利な反面で充電式です。購入する端末によって持ち時間が大幅に異なるので、自分がどれだけの時間利用したいのかを考えて購入するのがオススメです。また、光回線のように通信が安定しておらず、人が良く利用する時間には繋がりにくく、契約している会社によって受信できるエリアに違いがあります。持って行っても通信に対応していないエリアでは使用できないのが短所です。

契約できる場所は?

ホームルーターもモバイルルーターも各キャリアショップで契約が可能です。近年では格安SIM、スマホ会社が流行しているため、そちらで契約もできます。光回線と比べても、どちらの端末も初期費用や月額費用が安く済ませられる特徴があります。

料金に大きな違いはない

それぞれの料金に関しては大きな違いはないものの、選ぶ端末によって利用できる通信速度や同時に接続できる台数は異なります。

高感度のアンテナを搭載したホームルーターを例に挙げると、有線での接続にも対応し、4Kなどの高画質の動画も綺麗に視聴できます。最大では40台ほどの端末が同時に無線で利用できる長所があり、家族全員で利用するには充分なルーターと言えるでしょう。

モバイルのルーターの方はポケットサイズで場所を取らない長所はありつつも同時に接続できる台数は10件程度と、比べてしまうと性能の違いが出てきます。

使い放題プランの落とし穴

共に契約をする際に気を付けなければいけない短所がデータ使い放題と記載のあるプランです。

一定の料金のみで使い放題であれば、誰でも喜んで契約に飛び付いてしまいますが、実際には条件が提示されています。その条件が通信制限であり、決まった日数に上限の通信量を越えてしまうと速度制限が掛かります。完全な使い放題ではないので、自分で理解をした上で契約を行いましょう。

格安SIMを使うことも可能です

ルーターと端末の中に入れるSIMカードの契約を別々にすることも可能です。中にはSIMフリーのルーターがSIMカードが入っていない状態で家電ショップで販売されています。端末を自分で用意するメリットはSIMカードの契約変更が行いやすい点です。

従来であればSIMカードとルーターは同時契約を行い、キャンペーンなどでお得な特典を受ける事ができましたが、SIMカードの契約先、通信会社によって自分の使いたいエリアで通信が良くない場合があります。自分の状況に応じた通信会社の変更をしやすいのが個別を勧める理由です。

SIMフリーモデルを選ぶメリット

SIMフリーのルーターの更なるメリットが海外旅行です。海外へ出張や旅行で足を運ぶ場合、現地で必要となるのが通信手段の確保です。多くの方が国内でwifiルーターのレンタルを行ったり、現地で専用のSIMカードの購入をしますが、モバイルルーターが一台あればSIMカードの入れ替えは簡単であり、国内海外共に出費を大幅に抑えられます。

ホームルーターの場合は、コンセントがないと使用できないが長所でもあり短所です。持ち運びの点では不向きと言えるでしょう。

双方の違いが分かっても自分が実際に、どちらの端末を契約するべきか悩む場合には比較サイトに頼ってみるのもオススメです。比較サイトでは主にルーターの利用用途や機器の種類の解説が書かれています。重量やサイズを機種別に知る事によって、好みの端末を見付けることから始めてみる事も大切です。

個別に買わずに、キャリアや各格安スマホの会社で契約を県としている際には、機種の料金を見比べておきましょう。端末代金がお得になるサイト、契約年数に応じて、途中で解約した場合の違約金チェックしておくのが重要です。

利用している方の生の声が分かるサイト、口コミ、ブログを参考にして、自分でも情報を集めて納得してからルーターの契約をしましょう。

ホームルーターの通信環境を安定させるには?安定性の高い製品も紹介

安定感のあるホームルーター

WiMAXが普及したことにより、Wi-Fiを利用した通信環境が格段に整備され始めています。

これまでは様々なアクセスポイントを利用してWi-Fiを使用する利用方法が多かったのですが、近年ではホームルーターを設置し自宅でもこのWiMAXの環境を効果的に利用する人が増えているのです。

従来は無線通信は様々な外的な影響を受けやすいため、通信環境が安定しないと言うデメリットがあったのですが、近年では高速大容量の通信回線が安価で利用できることにより、安定した環境を得ることが比較的容易にできるようになっているのがポイントです。

安定感のある通信環境にするためには?

その中でホームルーターの通信環境を安定させるためには、回線のメリットを最大限に利用できる機能を持ったものを選ぶことが重要となります。

ルーターは様々の制御を行うため、その機能により通信速度が圧迫されてしまうことも考えられるのでスペックの高いものを選ぶことが必要となるのです。

近年では様々なメーカーからホームルーターが販売されていますが、利用する際にはそのスペックを詳細に比較し、利用する回線と最も相性の良いものを選ばなければなりません。

いま人気のホームルーター

最近話題となっているホームルーターには、WiMAXに接続して利用できるHOME 01とL02、そしてSoftBankが提供するAirターミナルがあります。

この中でHOME 01とL02は実際の速度が公表されており、HOME 01は下り440MbpsでL02はauの4GLTE利用時で1.2Gbps、WiMAX2+の場合には558Mbpsの最高速度が発表されているのです。

一方SoftBankのAirターミナルは速度が公表されていないことからその実行値は分かりませんが、これらの両者とほぼ同等のスペックを誇っているものとなっています。

その他にもホームルーターは様々なものが発売されていますが、現在ではこの3機種を超えるスペックを有しているものは少なく、さらに、回線の相性などを考慮すると特に通信環境を安定させるために有効なものとして選ばれるのはこの3機種になります。

しかし、注意をしなければいけないのはAirターミナルはSoftBank回線でしか使用できず、さらに通信速度が安定しないと評価されている点です。

スペック上はHOME 01とL02が優れていると考えられますが、ここで注意をしなければいけないのはそれぞれ回線側で通信制限を受けてしまうことがあることです。

au回線を利用する場合にはその回線の契約上の通信制限を受けることになりますが、これは契約により変動する上、その上限に達するまでは快適に利用ができるためあまり問題されるレベルではありません。

WiMAXは3日10GB制限あり

しかしWiMAXの場合には回線側で、三日間での通信料量が10Gbps 以内と言う制限があることから、この点を十分に注意しなければならないのです。

これらの条件を踏まえホームルーターの通信環境を安定させるためには、ルーターのスペックと回線の帯域の様々な条件を十分に考慮する必要があります。

同じ通信制限の場合でも、制限がかけられた場合にどこまで速度が落ち込むのかを知っておくことも必要です。

SoftBankの場合にはこの通信制限となった場合、128Kbpsまで速度が低下するのがわかっており、この速度では動画だけでなく通常のSNS等の利用も非常に不便になってしまいます。

一方、WiMAXの場合には3日10Gbpsの制限を受けた場合でも1Gbps程度の通信を行うことができるため、動画の再生には多少影響を受けてもその他のSNSなどの利用には全く違和感がありません。このような回線の特徴を理解して選ぶことも効果的な通信を確保するためには非常に重要な要素となっているのです。

一般的に外部で使用するWi-Fiルーターの場合には、元来アクセスポイント等の速度が非常に低く設定されており、高速使用をするのは難しい場合も多くなっています。

またバッテリーの性能にも影響し、一般的に消費電力を低く抑えなければいけない関係からその性能を低く抑えているケースも少なくありません。

しかし自宅に設置するルーターの場合には電源を自宅から得ることができるため、比較的大きなスペックを得られる可能性が高いのです。L02では最大1.2Gbpsもの通信速度が実現できるスペックを備えており、非常に快適に利用できるものとなっているのが特徴で、接続回線との相性を確保すれば非常に快適な通信環境を実現できるのがポイントです。

ルーターにはその他にも様々な種類のものがあり、セキュリティレベルの高い物や複数端末の通信に強いものなど様々です。単に処理速度が速いだけでは快適性に関して一概に比較はできませんが、スペック上は先の3台が非常に突出したものを持っていると評価されており、海鮮に合わせて選ぶことがポイントとなっています。ま

た様々なスペックの比較表も公開されていますが、ここで注意をしなければいけないのはそれぞれに比較するポイントが異なると言う点です。

特にSoftBankのAirターミナルは様々な数値が公表されていないため、注意をしなければなりません。