ホームルーターの通信環境を安定させるには?安定性の高い製品も紹介

安定感のあるホームルーター

WiMAXが普及したことにより、Wi-Fiを利用した通信環境が格段に整備され始めています。

これまでは様々なアクセスポイントを利用してWi-Fiを使用する利用方法が多かったのですが、近年ではホームルーターを設置し自宅でもこのWiMAXの環境を効果的に利用する人が増えているのです。

従来は無線通信は様々な外的な影響を受けやすいため、通信環境が安定しないと言うデメリットがあったのですが、近年では高速大容量の通信回線が安価で利用できることにより、安定した環境を得ることが比較的容易にできるようになっているのがポイントです。

安定感のある通信環境にするためには?

その中でホームルーターの通信環境を安定させるためには、回線のメリットを最大限に利用できる機能を持ったものを選ぶことが重要となります。

ルーターは様々の制御を行うため、その機能により通信速度が圧迫されてしまうことも考えられるのでスペックの高いものを選ぶことが必要となるのです。

近年では様々なメーカーからホームルーターが販売されていますが、利用する際にはそのスペックを詳細に比較し、利用する回線と最も相性の良いものを選ばなければなりません。

いま人気のホームルーター

最近話題となっているホームルーターには、WiMAXに接続して利用できるHOME 01とL02、そしてSoftBankが提供するAirターミナルがあります。

この中でHOME 01とL02は実際の速度が公表されており、HOME 01は下り440MbpsでL02はauの4GLTE利用時で1.2Gbps、WiMAX2+の場合には558Mbpsの最高速度が発表されているのです。

一方SoftBankのAirターミナルは速度が公表されていないことからその実行値は分かりませんが、これらの両者とほぼ同等のスペックを誇っているものとなっています。

その他にもホームルーターは様々なものが発売されていますが、現在ではこの3機種を超えるスペックを有しているものは少なく、さらに、回線の相性などを考慮すると特に通信環境を安定させるために有効なものとして選ばれるのはこの3機種になります。

しかし、注意をしなければいけないのはAirターミナルはSoftBank回線でしか使用できず、さらに通信速度が安定しないと評価されている点です。

スペック上はHOME 01とL02が優れていると考えられますが、ここで注意をしなければいけないのはそれぞれ回線側で通信制限を受けてしまうことがあることです。

au回線を利用する場合にはその回線の契約上の通信制限を受けることになりますが、これは契約により変動する上、その上限に達するまでは快適に利用ができるためあまり問題されるレベルではありません。

WiMAXは3日10GB制限あり

しかしWiMAXの場合には回線側で、三日間での通信料量が10Gbps 以内と言う制限があることから、この点を十分に注意しなければならないのです。

これらの条件を踏まえホームルーターの通信環境を安定させるためには、ルーターのスペックと回線の帯域の様々な条件を十分に考慮する必要があります。

同じ通信制限の場合でも、制限がかけられた場合にどこまで速度が落ち込むのかを知っておくことも必要です。

SoftBankの場合にはこの通信制限となった場合、128Kbpsまで速度が低下するのがわかっており、この速度では動画だけでなく通常のSNS等の利用も非常に不便になってしまいます。

一方、WiMAXの場合には3日10Gbpsの制限を受けた場合でも1Gbps程度の通信を行うことができるため、動画の再生には多少影響を受けてもその他のSNSなどの利用には全く違和感がありません。このような回線の特徴を理解して選ぶことも効果的な通信を確保するためには非常に重要な要素となっているのです。

一般的に外部で使用するWi-Fiルーターの場合には、元来アクセスポイント等の速度が非常に低く設定されており、高速使用をするのは難しい場合も多くなっています。

またバッテリーの性能にも影響し、一般的に消費電力を低く抑えなければいけない関係からその性能を低く抑えているケースも少なくありません。

しかし自宅に設置するルーターの場合には電源を自宅から得ることができるため、比較的大きなスペックを得られる可能性が高いのです。L02では最大1.2Gbpsもの通信速度が実現できるスペックを備えており、非常に快適に利用できるものとなっているのが特徴で、接続回線との相性を確保すれば非常に快適な通信環境を実現できるのがポイントです。

ルーターにはその他にも様々な種類のものがあり、セキュリティレベルの高い物や複数端末の通信に強いものなど様々です。単に処理速度が速いだけでは快適性に関して一概に比較はできませんが、スペック上は先の3台が非常に突出したものを持っていると評価されており、海鮮に合わせて選ぶことがポイントとなっています。ま

た様々なスペックの比較表も公開されていますが、ここで注意をしなければいけないのはそれぞれに比較するポイントが異なると言う点です。

特にSoftBankのAirターミナルは様々な数値が公表されていないため、注意をしなければなりません。

Airターミナル4の特徴まとめ

Airターミナル4は、SoftBankAirが提供しているコンセントに挿すだけの、手軽なWi-Fiホームルーターとなっています。ソフトバンク公式のほか、「モバレコAir」というサービスも人気です。

モバレコAirのAirターミナル4利用料金

モバレコAir

このシステムは、SoftBank回線を利用してWi-Fiの電波を提供してくれるサービスです。

モバレコAirでは特に価格が安いのが魅力で、通常の優先のインターネットに比べると184 430円もお得となります。SoftBankAirのAirターミナル4にした場合は、初期費用が3,000円かかりますが、2ヶ月間限定1,970円となりますので、通常プロバイダに登録した場合と比べると、通常プロバイダの通常料金は4,600円初期費用として18,800円かかることを想定すると、月額料金で18,430円もお得という計算になるのです。

いくつかある他のSoftBankAirサービスと比較しても、それらは契約期間が3年固定となりますが、モバレコAirでは、契約期間は2年です。

月額使用料についても、ソフトバンク公式では4880円となっていますが、モバレコAirの場合は最大2ヶ月1,970円、24ヶ月目までは3344円となっていてとてもお得です。

WiMAXホームルーターより制限がゆるい

また、似たようなサービス「WiMAX(ワイマックス)」にもホームルーターがあるのですが、WiMAXサービスでは3日間にて10GBの速度制限があります。この制限は直近の3ヶ月に10GBの使用料を超えてしまうと、最大1Mbpsまで実行速度が落ちてしまうというものです。

月々の7GB制限というものもありますが、モバレコAirの場合は月々の制限も3日間の制限もありません。パケットを使いたい放題ですので、存分にYouTubeなどの動画を視聴する事ができます。

契約してから2ヶ月間は特別料金である、1,970円が適用されますが、実際にきになるのがその後でしょう。その後は、月額基本料金が3,344円となります。UQ-WiMAXが月額基本料金が4,380円、であることを考慮すると十分に安い月額料金と言えるのではないでしょうか。

Airターミナル4のデザイン

Airターミナル4デザイン

ルーターのデザインについても、家具とよく馴染むスタイリッシュながらも可愛らしいデザインとなっています。

また、最近は持ち運べるタイプのモバイルWiMAXが主流になる傾向ではありますが、SoftBankAirの場合は据え置き型となりますので、アンテナも大きく通信スペックが最大限まで保証されます。

Airターミナル4のスペック

さて、気になるのが通信速度など、具体的な性能ではないでしょうか。

Airターミナル4では、1つ前のAirターミナル3が最大350Mbpsだったのに対して、962Mbpsまで大幅に速度アップしています。この速度はあくまでもカタログスペック値ですが、最大値が大きければ実測値も速くなる可能性は高いでしょう。

このスピードがあればYouTubeなどの動画に関しても高解像度にてどんどん再生できますし、動画のダウンロードもサクサクと行う事ができます。

ただし、SoftBankAirの利用エリアは、広いとはいえまだまみ対応のエリアもありますので、あらかじめモバレコAirのホームページにて対応エリアを確認しておきましょう。

また、電波はソフトバンクのものを利用します。一般的に電波は高周波になる程、回り込みができなくなる性質があります。つまり、基地局と受信局の間に高いビルなどがあるとうまく受信できない事があるのですが、ソフトバンク回線のものなら安心です。

契約後に使い物にならないなら初期契約解除制度があります

しかし、安心してください。どうしても通信速度や環境に不満があるなら、無料キャンセル可能な制度「初期契約解除制度」があります。

契約してから8日間以内に相手側へ書面で解約することについて記載したものを届ければ、解約違約金なしで解約できます。

なので端末を手に入れたらできるだけ早く通信環境を確認しておきましょう。

Airターミナル4のメリット

先にも紹介しましたが、通信速度制限がない事がメリットといえるのではないでしょうか。

例えば、WiMAXに契約していて、スタンダードプランであると月のパケット使用量が7GBを超えた時点で128Kbpsへの通信制限がかかります。この制限がかかると実質YouTubeなどの動画の視聴は不可能となります。たとえ、使い放題プランに加入していたとしても油断はできません。直近3日間に10GBを超えてしまうと、1MBbsへの速度制限がかかります。このスピードはYouTubeが見れなくなるほどではありませんが、高画質での動画の視聴は不可能となります。

これらの制限を、Airターミナル4では全く気にする必要がないのです。

使い方としてはコンセントに電源を指すのみで工事が必要ないのも手軽で良いです。

申し込むには?

申し込みは、Webからのフォーム入力や電話申し込みにより可能です。申し込みをしてから、最短3日でSoftBankAirを届けてくれるスピード感もいいですね。申し込みから3日後にはインターネットを繋ぎたい放題なのです。使用の開始方法も、コンセントに挿すだけという気軽さですので、機械に弱い人でも安心なのではないでしょうか。

BroadWiMAXの料金はどれくらい?

WiMAXは安さと快適さが両立できるネット回線

WiMAXはUQコミュニケーションズ株式会社と、その他のUQWiMAXを使うことによって提供される「BWA」といわれる広域域移動無線アクセスシステムのサービスです。

スマホや固定回線の契約とは異なり、端末やブロバイダの代金が不要で、使い過ぎた分の追加代金も発生しない定額料金で提供していて、業界の中では最安級であることがWiMAXの一番の特徴です。

また安心の広域対応で屋外の基地局が20000局もあり家の中だけでなく外でも快適にインターネットが使え、モバイルタイプの端末ならコンパクトなのでどこにでも持ち運びができるというメリットもあります。

さらに、一定の使用量を超えると速度が制限されるということがなく、下り速度は史上最速の最大1.2Gbpsを実現していて、と見込みが遅い動画やダウンロードなどもスムーズにできることや、工事が不要で設定も簡単なので届いたその日から使うことができるということもあり、WiMAXは契約者数2000万回数を突破しました。

WiMAXにはモバイル・ホームタイプの2種類あります

モバイルタイプ

ブロードワイマックスで選べるモバイル端末

その端末にはどこにでも持ち歩けるモバイルタイプのものと、宅内に設置するホームルータータイプのものが用意されています。

モバイルタイプの「W06」という機種は、高性能のアンテナが搭載され感度が向上したので、今までつながりにくかった場所でも快適につながるように改善されました。下り速度は無線時なら最大867Mbps、有線接続時なら最大1.2Gbpsを実現しています。

「WX05」というモバイルタイプの端末はハイパワー対応で電波が弱いところでも通信速度が改善され、設定したデータ通信料に達した時に自動で4GLTEに切り替わる機能も搭載されました。

ホームタイプ

ブロードワイマックス ホームルータータイプ

ホームルーターの「HOME01」は電波が弱いエリアでも快適につながるように通信速度が改善され、広い範囲で安定した通信ができます。スマホアプリをダウンロードすればカンタンに設定ができ、13段階の電波レベルの表示で電波の良い場所の設置位置がわかるというサポートもあります。

そして新しく登場した「L02」はボタンが増えて捜査が簡単になっています。下り速度は無線時なら最大で867Mbps、有線時なら最大1.0Gbpsを実現していて、Wi-FiTXビームフォーミング対応で安定性と通信速度が20%向上したモデルです。「HOME01」と同じでスマホアプリで、電波の良い場所に設置できるという機能も付いています。

よく広告で見かけるBroadWiMAXの料金

ブロードワイマックス

BroadWiMAXでは初期費用として18857円が必要ですが、webから申し込んだり、クレジットカード払いにする、またオプション加入でその代金を割り引いてもらえるというキャンペーンも行っていますが、契約後に不要なオプションを外すことは可能です。毎月、業界最安級の2726円の料金で始められます。

選べる料金プラン

プランにはギガ放題プランとライトプランがあります。

ギガ放題プラン

ギガ放題プランは通信の制限がなくたっぷり使えるプランで通常の月額レンタル料は4011円ですが、利用開始月を含め初めの3か月は2726円で利用できます。

その後3か月後から24か月までは3411円、25か月目以降から4011円となり、契約者の役93%の方が利用するプランです。

ライトプラン

ライトプランは必要最低限の利用で良いという方におすすめのプランで、7GBpsまでの利用となっています。通常の月額利用料は3326円ですが、契約後24か月間は2726円で利用できます。

オプション料金

その他に係るオプションの料金としては、端末が故障した場合の安心サポートプラスが月額500円、設定などで困った時に相談するMyBroadサポートが月額907円、ポイント会員サービスのモバレコポイントクラブが月額400円となっています。また別途契約手数料が3000円と、解約時期によって解除料も発生します。

このようにBroadWiMAXはお得な料金で使うことができますが、ほかにもWiMAX契約できる会社はたくさんあります。

インターネットは回線とその回線を提供するブロバイダがセットになって初めて使えます。

一方WiMAXはWiMAXを管理するUQコミュニケーションズ株式会社がブロバイダということになるので、UQコミュニケーションズが回線とブロバイダのどちらの役目もしているということになります。

BroadWiMAXはそこの代理店といえる立場ですね。そのために本家より安価で提供してお客さんを集めているので、安く使えるメリットがあるのです。

他の所でも回線を提供する会社がブロバイダとなっている場合は、セット価格のようになりやすく提供することができます。だから回線とは別にブロバイダと契約するよりも、回線も提供しブロバイダにもなるWiMAXで契約をする方がお得になるということです。

ブロバイダだけを行っている会社では、さまざまなキャンペーンを行っている場合が多く、3年縛りを条件に乗り換えのキャッシュバックをしたり、割引なども行っているところが多いです。

しかしWiMAXの場合も初期費用が不要になったり、初めの3か月間は2726円で提供するなどの割引も行っているので、別のブロバイダを契約するよりもお得と言えます。

WiMAX HOME 01 と L02を選ぶときのポイント。どっちを選ぶべき?

WiMAX L02のいいところ・悪いところ

WiMAXL02

WiMAXで初めて1Gbpsを超えたデータ通信に対応しているのがL02です。どれ位速い通信速度かと言うと、大体光回線と同じ位だということになります。

ただ、対応しているエリア自体は現時点では東京と埼玉の一部、さらにLANケーブルでの接続が必要となっていますが、高速通信となるので快適なインターネット環境が期待出来ます。また、1Gbpsまでではありませんが、958Mbpsで使えるエリアであれば東京埼玉以外にも、宮城、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡でも利用できるようになります。

ただ、HOME01に比べるとそのサイズが大きめとなっているので、場所によっては少し置きづらいことも有るかもしれません。

WiMAX HOME 01のいいところ・悪いところ

WiMAX HOME01

HOME01の大きな特徴は、WiMAXの出力を上げる機能が備わっていると言うことです。つまり、安定した通信が期待できると言うことになり、より快適なインターネット環境を手に入れることにもつながるのです。

サイズはL02に比べると少しフロント部分が小さく、100g程度軽くなっています。

2モデルの共通点

この様に両者には違いも有りますが、もちろん共通している点もあります。

例えば、360度全方位から電波を受信できる性能を持っていると言うことです。また、接続する機器がどこにあるのか、その位置を測定し、Wi-Fi電波がその場所に集中して届くように発射する機能も備わっています。

どっちを選ぶべき?

WiMAX L02とHOME01

住んでいる場所によって変わる

では実際にはどちらを選ぶべきかと言うことに関しては、その人の利用する場所、さらに利用の仕方によっても変わってくると言えます。実際にはエリアによって最大速度への対応状況が違っているので、利用する場所によってはL02の方が良く、利用する場所によってはどちらを利用しても変わらないと言うことになってしまうからです。ただこれは速度を重視して選ぶ人に関することなので、速度はそれほど気にしないと言う人にはあまり関係ありません。

通信の安定性で選ぶならHOME 01

また安定性を重視して選ぶのであれば、両方とも電波が強く、さらに効率的に送受信できるようになっていますが、前述したWiMAXの出力を上げることが出来ると言う点から行くと、HOME01の方が良いと言えます。その方がより安定性が高いと考えられるからです。

高速通信対応エリアに住んでいる人はL02

したがって、どちらを選ぶべきかというのは、その人によっても大きく変わってくると言えます。どちらを利用したとしてもある程度快適な環境でインターネットを利用することが出来るようになります。ただ、せっかく東京、埼玉、宮城、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡に住んでいるのであれば、L02を利用する方が便利です。なぜなら、高速通信を期待できるので、今までよりももっと快適にインターネットを利用できると考えられるからです。ただ、電波と言うのは周りの環境によっても大きく変わってくる事も少なくありません。

山間部などはHOME 01

しかしL02を利用できるエリアであったとしても、山間部等の場合は電波が届きにくい可能性も十分にあります。だから、電波が届きにくそうだと言う時は、HOME01を利用する方が便利です。さらに、東京や埼玉等のエリア以外の人にも、ただ対応していないエリアだと言うことだけでなく、快適なインターネット環境と言う点から言ってもHOME01が便利です。山間部だけでなく、実際には周りがビルに囲まれている環境であっても、快適なインターネット環境を期待できるからです。

どのポイントを重要視するかで選びましょう

結局、どちらを選ぶか迷った場合は、自分が何を重視するかと言うことを良く考える事が必要です。出来るだけ速い速度でインターネットを利用したいと言う場合と、安定した電波で利用したいと言う時では全く違うからです。どちらを選ぶかは、その人にとってより便利にインターネットを利用できる環境になり得るかどうかを考慮する方がより自分に合っている方を選べるといえます。

プロバイダで選ぶのも数ある選択の1つです

さらに、両者の間では実は扱っているプロバイダが異なっている場合もあります。したがって、自分がどのプロバイダを利用したいかと言うことでも選ぶべきものが変わってきます。

お店に設置するならL02

さらに、どの様な環境で利用するかと言うとでも選ぶものが変わります。一般的に自宅で利用する場合は、どちらを選んだとしてもそれ程大きな差は有りません。ただ、店舗や飲食店等の多くの人が集まる場所で利用する場合、多くの人がそこに接続することになります。しかし機器には接続できる台数が限られているので、その点には注意しなければなりません。基本的にはL02の方がHOME01に比べると接続できる台数が多くなっているので、そこに訪れる人数によって選ぶと言うポイントも有ります。

結局は、どちらを利用してもある程度快適なインターネット環境は期待できます。だから、場所、期待する物、利用する人数、料金、プロバイダ等関係するポイントを色々と見て、それぞれの項目について調べ、より快適にインターネットを利用できる方を選ぶようにします。そうすることで、より便利に活用できるようになるからです。

WiMAX L02はどんな機種?徹底解説しました!

WiMAXが提供する新型ホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME L02は、これまで定評のあったL01とL01sの後継機でコンパクトでスタイリッシュな円筒形のデザインはそのままに全ての面で大きなパワーアップを果たしています。

外出先での運用が想定されているモバイルルータータイプの端末とは一線を画し、屋内での利用が想定される据え置き型のL02はバッテリーを搭載せずACアダプターから安定した電源供給を受けるためバッテリー持ちを心配する必要も無く思う存分利用することが可能です。

商品が届いたら工事不要でコンセントに繋いですぐに快適なインターネットが利用できることから、光ファイバー回線の非対応エリアをはじめ、物件の構造や賃貸住宅でオーナーからの許可が得られずに光ファイバーケーブルの敷設工事を断念せざるを得ないケースなどでもモバイルデータ通信でありながらも固定回線と同じような感覚で利用することができます。

これまでモバイルルータータイプの端末を使用していた方が、操作感や設定が同様のフィーリングで固定回線のような感覚で移行したい方に最適なのはもちろんのこと、転勤や引越しが多く移転先でも設定をそのまま利用したい方にも便利です。

Speed Wi-Fi HOME L02の注目ポイント

Speed Wi-Fi HOME L02

光回線なみのダウンロード速度を実現!

そんなSpeed Wi-Fi HOME L02の最も大きな変化が通信速度で、下り最大1Gbpsの快適なデータ通信を実現しています。

L01では下り最大220MbpsのWiMAX2+の回線をキャリアアグリゲーションによって1本に束ねて下り最大440Mbpsという数字を実現していましたが、L02では1度に転送できるデータ量を表す振幅変調に256QAMを採用したほか、複数の事業者の回線を同時利用できるマルチキャリアアグリゲーションにより2回線のWiMAX2+と同時に2回線のau 4G LTEを利用することができます。

さらに複数のアンテナを持つことで安定性を向上させたり速度低下を防ぐことができるMIMO技術ではWiMAX2+側が2x2MIMO、au 4G LTE側は4x4MIMOをそれぞれ採用しています。

これらの最新技術の組み合わせにより、1Gbpsという光ファイバー回線なみの理論値を実現しています。

L02速度

Wi-Fi環境の快適性も向上!

Wi-Fi部分も大幅に強化され4本の高感度アンテナを4方向に装備して360度全方位をカバーすることに成功し、従来の機種では繋がりにくかった場所へも電波が届きやすくなりました。

また、Wi-Fi TXビームフォーミングを搭載し、電波状態の悪い中磁界や弱磁界の地域で利用する場合でも通信の安定性が向上し最大で30%以上の高効率な通信が可能となりました。

また、子機となるパソコンやスマートフォンなどのデバイスとの接続はモバイルルーターの場合であれば主に無線のWi-Fiを使用することから、現行で最も高い速度のIEEE802.11acを採用している場合や、たとえ前述のような最新のWi-Fiテクノロジーを用いたと言えども下り最大867Mbpsとなるばかりではなく電波状況などの影響も受けるため元の回線が持つそのままの速度となるのは難しく、それがボトルネックとなり一般的なウェブの閲覧やハイビジョン程度の動画の閲覧には実用面で何ら支障は新たなWiMAX2+が持つ下り最大1Gbpsの速度を活かすことができません。

その一方で最大1000Base-Tに対応したギガビットの有線LAN端子を備えているため、LANケーブルで直接デバイスと接続すれば回線損失率がほぼ皆無な状態でWiMAX2+が本来持つ快適なインターネットを利用することも可能です。

L02Wi-Fi電波カバー力

これからの通信環境は1Gbps超えが必須になっていくでしょう

これまではIEEE802.11acが持つ下り最大867Mbpsという数字は十分快適な環境でしたが、2018年12月からは一部のBS、CS放送のみとは言え正式に4K、8K放送が開始されたのも大きくインターネットの動画配信サイトでは有名サービスを中心に徐々にフルハイビジョンから4kへの移行が始まり、ここ数年以内には8kも当たり前となることが予想されています。

そのような情勢の中で1Gbpsという快適な環境を先駆けて手に入れることには大きな意味を持っており、ましてや据え置き型のホームルーターでご家族やオフィスの従業員など複数の端末が同時にアクセスするような環境ではますます高いクオリティが求められます。

そのような使用目的でも快適なインターネット環境を提供できるのが、このSpeed Wi-Fi HOME L02の存在です。

下り最大440Mbpsのエリアはほぼ全国をカバーしていますが、下り最大1Gbpsのエリアはまだごく一部に限られていますが、今後順次対応することが予定されています。

据え置き型ホームルーターのL02は、これまでのモバイル回線の常識を大きく覆す下り最大1Gbpsという驚異的な速度とリーズナブルな価格で、さらなる革新をもたらしています。

novas Home+CAの特徴まとめ 今コレを買うメリットは?

novas Home+CA(ノバホームプラスシーエー)はWiMAX 2+のホームルータです。

novas Home+CA本体画像

これはモバイルルーターといわれるもので、有線接続しなくてもインターネット接続が出来ます。

ホームルータですので屋内での使用を想定した商品ですが、有線のインターネット回線を導入する時のように工事などは必要ありません。

ですから購入してから比較的短期間でインターネットを使用可能になります。

導入後も外部接続のケーブルは不要ですので、配線はかなりすっきりします。

novas Home+CAの性能について

下りの速度は最大220Mbpsに対応しており、快適に使用できます。

LANとしては、高速無線LAN(IEEE802.11ac)やギガ対応有線LAN(1000Base-T)に対応しています。

無線LANでは5GHz/2.4GHzの同時利用が可能となっており、同時に最大16台まで接続が可能です。

本体にWi-Fi(無線LAN)ON/OFFスイッチが搭載されていますので、切り替えは簡単に行えます。

無線LANを使用する場合は配線工事は不要ですので、電源があれば簡単に設置できます。

下り最大220Mbpsの高速通信に対応し、高速無線LANやギガ対応有線LANに対応しておりますので、動画のストリーミングや大容量データの転送もスムーズです。

この製品の特徴の一つとして無線LANだけでなく、有線LANにも対応していることがあげられます。

無線LANに対応していない機器も有線接続で使用できます。

有線LANのほうが無線LANよりも安定性や速度では有利ですので、動画のストリーミングなどでもとぎれることなく再生が出来ます。

無線LANは使用する周波数帯で特徴が分かれます。5GHzは電波干渉が少なく、2.4GHzでは対応機器が豊富だという特徴があります。

5GHzは基本的にルーター以外で使用されないので非常に安定して使用することができます。

ただ5GHzは壁や床などの障害物には弱いので、ルーターと同じ部屋で安定して使用したいときに適しています。

例えばノートPCに大量のデータを転送する場合などは同じ部屋で5GHzで使用すると良いでしょう。

2.4GHzは壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きます。

ですからノートPCやスマートホンなどを他の部屋で使用したい場合は2.4GHzを使用すると良いでしょう。

5GHzに対応しているのは比較的新しい機器になりますので、2.4GHzの方が対応機器の種類は多いと言えます。

このルータではそれぞれの通信帯域ごとに8台までの無線接続が可能です。

ファームウエアのアップデートやWi-FiのON/OFFスイッチを本体左右側面に搭載しておりますので、WEB画面からの操作は不要です。

ファームウエアのアップデートは装置を適正に使用する上で重要ですが、初心者でも迷うこと無くアップデートが出来るように工夫がされています。

このルーターは高性能外付けアンテナを採用しています。

ご利用環境に合わせて最適な角度に調整ができますので、WiMAX 2+の電波をしっかり受信出来ます。

LEDインジケーターで電波の状態は一目で確認できます。

その他の端末情報の確認や各種詳細設定はWEB設定画面で行うことが出来るようになっています。

サイズや重量のスペックですが、サイズは約130×69×162mm(アンテナを除く)で重さは約317g(アンテナを含む)です。

高性能ですが、コンパクトで軽量です。

あまり設置に場所はとりません。

製造元シンセイコーポレーションには特典あり

novas WiMAXはnovas Home+CAを製造しているシンセイコーポレーションの提供しているサービスです。

今novas Home+CAを買ってnovas WiMAXで使用すると、限定特典を受けることが出来ます。

それは標準アンテナ延長ケーブルと端末あんしん2年保証です。

標準アンテナ延長ケーブル特典

標準アンテナ延長ケーブルを使用すると、アンテナを電波の良いところへ移動、設置することが出来ます。

自宅内のWiMAXの電波の状況が悪くてもこの延長ケーブルを使用することで改善されます。

窓際などの電波状況の良いところにアンテナを設置し、延長ケーブルで本体に接続すれば良いのです。

端末あんしん2年保証特典

端末あんしん2年保証では、メーカー保証が通常1年のところを2年に延長することができます。他の有料保証に加入する必要はありません。

ちょっと古いけど今買うメリットは?

今novas Home+CAを買うメリットは他にもあります。

ドアの鍵をスマートホンで遠隔操作出来るようにするQrioスマートロックがセットで格安で手に入ります。

通常25,800円のところが9,800円です。

Qrioスマートロックは大掛かりな工事をせずに鍵を電子キーにすることが出来る製品です。オートロック機能などもついています。

 

このようにnovas Home+CAは高機能なホームルータです。

今novas WiMAXとセットで購入すると様々な特典が得られます。

Qrioスマートロックとセットですとかなりな割引になります。

WiMAX HOME 01はどんなホームルーター?

WiMAXといえば携帯できるルーターとして定番の商品です。

どこでもWifiを楽しむ事ができるので多くの方が利用している商品と言えるでしょう。

他にもWiMAXにはホームルーターと呼ばれる商品が用意されていて、自宅でWiMAXを楽しみたいときに使います。

WiMAXホームルーター新機種【WiMAX HOME 01】について

WiMAX HOME 01

これはHOME 01という商品が販売されていて自宅の固定回線としても大変人気のある商品です。

持ち歩けるポケットWiMAXの方が便利じゃないのと考えがちですが、ホームルーターにもいくつかのメリットがあります。

ホームルーターのメリット

コンセントに接続するだけで使えるのがホームルーターの特徴、電源を取れる場所ならどこでも利用できるのが強みです。

通常インターネットをするときには固定回線の開通工事をしないといけません。

これはある程度費用がかかってしまうのでまとまったお金が必要です。

また固定回線の場合は開通までの時間もかかるのですぐにインターネットを使えないのがネックと言えるでしょう。

HOME 01の場合は回線工事が必要なく費用もかからないのですぐにインターネット接続ができるのが強みです。

HOME 01のメリット

通信性能が大幅アップ

従来のホームルーターに比べて爆発的に性能が上がっている、これは2倍から5倍も高いのでおすすめといえます。

自宅だけでなく飲食店や公共の場でも取り入れられているルーターなので人気があるのが特徴です。

据え置き型のメリットとして電波の受信感度がかなり高く使い勝手が優れている、同時に接続できる機器が4倍なので多くの方が利用できます。

LANケーブルを使うと2台有線で接続できるといったメリットも強みです。

電波の強いエリアなら高速接続できるのですが、弱いエリアでも普通に使えます。

本体のアンテナを動かして調整をする必要もないので安心です。

スマートフォンでは電波を受信しにくいものもあるのですが、WiMAXはスマートフォンのLTEとは別物といえます。

スマートフォンが使えないからHOME 01が使えないということはないので購入しても損はないと言えるでしょう。

固定回線やスマートフォンの電波で悩んでいる方ならおすすめです。

一度にたくさんの端末を接続できる

同時に接続できる台数ですがモバイルルーターなら最大10台くらいまで、ホームルーターは16台くらいの接続ができます。

HOME 01の場合はそれ以上の接続ができるので多くの方が一度に利用できるのがメリットです。

また接続をするときに使える電波は2.4Ghzと5Ghzの2種類でWifiが同時に繋げられます。

特に5Ghzは速度あって使い勝手がいいのですが対応する家電が少ないのがネックです。

5Ghz対応のルーターだけ買うのがコスト面であまり良くないので同時に使えるのは理想的と言えます。

ちなみに一般的なモバイルルーターは周波数を切り替えて使うのが特徴なので同時につなげられるのは便利です。

本体にはLANケーブルが2つ繋げられる機能が付いているのですが、これはうまく使うと外の電波に左右されず利用できます。

通信速度も安定するので自宅で使うのは使いやすい機器です。

モバイルルーターではオプションのクレードルを買うとLANケーブルを接続できますが、3000円程度コストがかかります。

安定性は光回線より劣ります

基本的に据え置き型なので外出して使う事はできないため、家で使う場合を検討して購入するのがいいです。

通信速度は光回線に勝てるエリアもかなり多いのですが安定度は光回線よりも劣ります。

オンラインゲームを楽しみたいときにはちょっと大変ですがスマートフォンのソーシャルゲームをプレイするくらいなら問題ないです。

動画やインターネットサーフィンをしたいときにも使えるでしょう。

同じホームルーター型のL01sより性能は上

L01s

販売されているHOME 01はL01Sと呼ばれるバージョンも用意されています。

L01Sですが性能が飛躍的に向上しているので更に便利です。

購入したいときにはネット契約ができるMVNOを使うのがいいといえます。

ほとんどのネット契約ができるサービスでは0円から1円で購入できるのでコストを抑えたいときに使えるのがメリットです。

キャッシュバックサービスといったものも用意されているので更にお得感が違います。

自宅だけでなく会社での導入にもおすすめです。

L01Sはモバイルルーターとくらべて電波が強化されているので壁を超えてかなりの距離で利用できます。

オフィスに導入をすれば多くの方が快適にWifiを使える、ため便利です。

コンセント式のためバッテリーの劣化がなくバッテリーの買い替えをする必要もありません。

長年そのままの状態で使えるのでランニングコストも安いのがメリットです。

デザイン性はかなり高く洋室の調和する見た目をしています。

一昔前のルーターのように無骨な見た目ではないのでインテリアにも最適です。

ハイスピードプラスエリアにも対応可能でLTEを使うことで高速通信が実現できます。

ただ7GB利用の通信制限が発生するので注意しておきましょう。

自宅やオフィスで使うには快適なツールなので検討してみるといいです。

HT100LNはどんなホームルーター?

ここでは家庭用のSIMフリーホームルーター「Aterm HT100LN」について紹介していきます。

Aterm HT100LNの特徴

Aterm HT100LN

NECプラットフォームズのAterm HT100LNは回線工事不要でコンセントに繋ぐだけですぐにWi-Fi環境が構築できるホームルーターで、価格はオープンプライスですが実売価格は15000円前後とお手頃なプライスです。

HT100LNの使い方

想定されている利用シーンは光ファイバーサービスに対応していないエリアや、賃貸住宅でケーブルの敷設工事の許可がえられないケースの代替手段としてはもちろんのこと、毎月の支払いを見直し光ファイバーサービスではオーバースペックだと感じている方で格安SIMによるホームルーターが欲しいと言うニーズに応えています。

HT100LNのスペック

HT100LNのスペックはnanoSIMに対応したSIMスロットを採用し、WAN側はLTE回線の下り最大150Mbps、Wi-Fi側はIEEE802.11acの最大433Mbpsという快適なデータ通信が利用でき、最大10台のスマートフォンやタブレット、パソコンなどを接続することが可能であるのに加えて1000BASE-Tと100BASE-TXに対応したLANポートも備えており有線も無線も快適です。

便利な機能

アプリで簡単設定

設定はユーザー自身がマニュアルで行うほかにも無料アプリのAtermらくらく設定アシスタントはiOS用とAndroid用が提供されており、ウィザードの指示に従って進めていくだけで簡単に設定を完了できます。

QRコードで簡単Wi-Fi設定

QRコードに対応しており、QRコードの記載されている機種であれば同アプリから読み取るだけでWi-Fi設定を行うことができ、データ通信を行うためのAPN設定もプリセットの中から契約している通信事業者を選ぶだけで完了します。

ランプで電波状況が簡単にわかる

このような無線のホームルーターを利用する際に大きな課題となるのが電波状態のベストな設置場所を見つける作業で、何度も場所を変えては端末の速度を測定するなど煩雑な手間がかかってしまうケースも少なくありませんでした。

一方のHT100LNではイルミネーション機能によりLTEやWi-Fiの接続状態の目安を目視で確認することが可能です。

電源を入れるとまずは本体中央のランプがブルーに点滅し、LTEやWi-Fiに接続する準備をしていることを表しています。

暫くして点滅が終わるとLTEの電波状態が強い場合はブルーに点灯し弱い場合にはグリーンに点灯するので、これを参考にしながら最も電波状態の良いベストな設置場所を探ることができます。

子機からの接続が検出された時にはオレンジ色に点滅し、Wi-Fiランプは5Ghz帯を使用している時にはオレンジ色、2.4GHz帯を使用しているときには緑色が点灯します。

従来の機種では設定画面を開くなどしなければ分からなかった情報が、本体のランプを見るだけで判定できるという画期的なシステムを採用しているのも人気の秘密です。

Wi-Fi接続通知機能

HT100LNにはWi-Fi接続通知機能があり、その日最初のWi-Fi接続を検知した時や指定した時間帯にWi-Fiを検知した時などあらかじめ設定していた条件に一致すればスマートフォンのアプリやメールで通知してくれます。

元来は子機の接続を確認したり不正アクセスなどを検知するためのものでしたが、これを応用し例えばご家族がいつもの時間にタブレットを使用したのを検知して安否確認をしたり、学校から帰宅したお子様がWi-Fiを使用すると外出先の親のスマートフォンに通知が来て帰宅したことが分かるなど見守り機能としても利用可能です。

通信費節約に便利なSIMフリー端末

そんなHT100LNの魅力は何と言っても始めからSIMロックフリーで販売されている点で、通信事業者に縛られることなく自由に選べると言うところで、接続か確認済みLTEサービス事業者リストではdocomo、au、Softbankの回線を利用したMVNOが名を連ねており、日本国内で利用する場合には、ほぼすべての通信事業者に対応しているのも嬉しいところです。

HT100LNのセキュリティ

セキュリティ面も優れており、Wi-Fiの接続にはWPA2-PSKによる暗号化通信を採用しているのをはじめ、ESS-IDステルス機能ではSSIDを遮蔽することができ、ご家族のみにSSIDを知らせればそもそも第三者からのアクセスを防ぐことができ、MACアドレスフィルタリングでは許可したMACアドレスを持つ子機からしか接続ができせん。

マルチSSIDでは、仕事用とプライベート用、御さん用とお子様用など使い分けることができ、ネットワーク分離機能ではSSIDごとにネットワークを分離できるので、例えばお子様と約束していた時間になったらお子様用のSSID配下のネットワークを分離して利用禁止にするなどさまざまな目的で利用できます。

まとめ

NECプラットフォームズのAterm HT100LNは、スタイリッシュでコンパクトなボディとお手頃な価格でありながらも、快適なネットワークと安心安全を提供する本格的な機能が満載のホームルーターであることから大きな注目を集めています。

ホームルーターが遅い!遅くなった時の対処方法は?

インターネットの利用方法が、有線LANから無線LNAに移行して来ました。Wi-Fiでネットを利用する事が普通になって来ており、特に有線のケーブルを挿すことが出来ない端末は、無線LANの方がとても便利です。

iphoneやipadやノートパソコンなどはWi-Fiで接続しなければいけません。ひと昔前は珍しかったフリースポットも近年では街の色々な場所に置かれています。飲食店や商業施設や公共施設の一角などに置かれており、無料でネット回線が使えるのが利点です。

フリーWi-Fiスポットにはデメリットも

ただしフリースポットには欠点があります。当たり前ですが、その場所に行かなければ使えません。商業施設や飲食店で長時間粘るのはお店に迷惑です。更に公共の場でもありますので、プライベートな作業は少々やり難いです。他人の目がある中で、友達とビデオチャットをしたり、趣味のネット動画を鑑賞したり、大事な仕事のファイルをやり取りするのはリスキーです。更に利用時間に制限があり、多くの場合、一時間が上限となります。

ホームルーターなら気軽にネット使い放題に

フリースポットも便利ですが、最近はその欠点に気づき自宅に専用のWi-Fiルーターを設置する人々が増えてきました。自宅に自分の専用のホームルーターを設置すれば、いつでもネットが使い放題です。ネット代は月々のプロバイダ料金だけでOKとなります。スマートフォンやタブレットを、キャリア回線で使うと利用頻度やデータ通信量に応じて、料金が増えます。ホームルーターなら重たいファイルをダウンロードしても、長時間にわたりネット動画を見ても、通信量は均一です。

Wi-Fiに対応したパソコンやプリンタ、ゲーム機やテレビやAIスピーカーなどもホームルーターが一台あればネットワークに接続できます。一度に複数台のマシンをネットワークに接続出来るのも良い特徴です。近頃のゲーム機やテレビなどはオンライン接続が前提になっており、Wi-Fiの環境がなければポテンシャルが上手く引き出せません。

速度が旧に遅くなったときの対処法

ある程度ホームルーターを使い続けると、急に速度が悪くなる事があります。遅い状態に陥ると、ストレスが溜まる一方です。今まで快適にブラウジングが出来たのに、普通のページを開くだけで待たされたり、動画視聴中に何度もエラーやロードの表示が出たら、イライラが募るばかりでしょう。

原因その1

遅い状態になる原因ですが、複数の要因が考えらます。第一の理由ですが、ルーターの更新を長時間怠っていた事です。パソコンやスマートフォン同様に、ルーターにもアップデートは必要です。機種によってやり方は異なります。マニュアルや製造元のオフィシャルサイトを参照しながら、アップデートをしてみましょう。バージョンが古すぎると現代の環境に適応できず、通信が切れやすくなったり、回線が遅い状態に陥ります。

原因その2

第二の理由ですが、ご近所との電波の混線が考えられます。ひと昔前は自宅にWi-Fiルーターを設置したり、頻繁にテレビやタブレットでワイヤレスの通信をする家庭は少なかったです。しかし近年では急激に数を増やしており、住宅地やマンションなど家同士の距離がとても密接な環境の場合、隣近所の電波と自宅のルーターとが干渉し合い、速度が大幅に減少するケースがあります。

対処法ですが、設定を変更して様子を見る方法があり、初期状態で設定されている電波のチャンネルを別の数字に変更してみましょう。多くの家庭において、Wi-Fiルーターは初期のチャンネル設定のまま、利用されています。そのため同メーカーの製品を隣近所で多く利用している場合、お互いのチャンネルが混線して、回線の品質と速度がダウンします。こちらも設定変更の方法は機種によって異なるため、説明書やメーカー公式サイトの動画マニュアル等を見ながら丁寧に作業しましょう。

原因その3

三つ目の要因ですが、物理的にルーターと各デジタル機器の距離が離れすぎている可能性が考えられます。例えば、ホームルーターを一階の玄関に設置している場合、二階の居間や寝室でゲーム機やスマートフォンなどを使うと、物理的に距離が離れているせいで、通信が途切れやすくなったり、ページの表示が遅い状態になります。ルーターと端末の間に分厚い壁や木の扉などがありますと、同じフロア内でも、速度と品質はダウンしますので、対処方法としては設置場所を変える事が有効です。

家の設備の関係で設置場所を変えられない場合は中継器を設置しましょう。中継器とは読んで字のごとく、ルーターと各種デジタル機器の間に入り、ネット回線の電波を中継するためのマシンです。丁度二つの機械の間に置く事で、扉や壁や物理的な距離による品質低下と速度ダウンを避けられますので、是非導入したい物です。

原因その4

そして最後の原因ですが、ホームルーター自体の老朽化が考えられます。耐久性に優れた製品であり、そう簡単に本体が壊れる事はありませんが、製品寿命は3年から5年位が目安です。毎日フル稼働を続ける製品ですので、製品寿命を超えて使い続けている場合はルーターそのものを交換しなければなりません。

 

以上、ホームルーターのメリットと、トラブル発生時の対処法について簡単に解説しました。

 

ホームルーターは田舎で快適に使える?

田舎でホームルーターの設置を考えるなら、通信の安定性や速度といった、快適性を確認することが必要です。

また、設置の手軽さであったり、導入までの手続きの簡便さも評価のポイントとなります。

快適性の一つ通信の安定性は、有線か無線接続かで大きく左右されます。

有線接続は途切れにくく、速度の点でも有利ですが、設置の手間があるのでそこはトレードオフです。

設置の手軽さは逆に、無線タイプのホームルーターが優位で、手続きを分かりやすくシンプルにしているサービスも少なくないです。

Webで申し込んで端末を受け取り、コンセントに差し込んで直ぐに使える、そういったサービスもあるほどです。

もっとも忘れてはいけないのは、対応エリアの広さと、加入したい田舎が対象となっているかどうかです。

対応エリアから少しでもはずれてしまうと、契約や利用はできないですから、まずはサービスが提供されるエリアの確認が大切です。

設置が簡単で通信と速度に定評があり、対応エリアが広いサービスであれば、田舎でも快適に使える可能性があります。

WiMAXのホームルーター

WiMAXの場合は、工事不要で導入できることを特徴としていますし、その他の部分でも定評があるので魅力的です。

提供されるホームルーターは、コンパクトでスッキリとしているので、部屋に置いても邪魔にならず目立ちません。

しかし、工事不要でほぼ置くだけですから、使いやすさの点だけでも十分に検討に値するでしょう。

工事不要ということは、持ち家でも賃貸でも家を傷つける心配がなく、工事の日程を調節する手間もないことを意味します。

立会いの必要性自体がありませんから、貴重な休日を潰すことも、有給を取って対応する手間も不要です。

対応エリアは、モバイルタイプのWiMAXの実績でも分かる通り、日本全国に広まっていて多くの田舎もカバーされています。

下り速度は最大で440Mbpsも出ますから、一般的な有線の光ファイバーよりも速いです。

工事不要なので、申し込みから手続きを経て、開通するまでの道のりや日程もスピーディーです。

WiMAXであれば、最短当日に開通する可能性もありますから、早くホームルーターに乗り換えたい人にも朗報です。

もし将来的に引越しすることになっても、固定回線のような手続きや工事は不要で、ホームルーターを持って移動を行うだけで済みます。

エリアをまたいで引っ越す場合は手続きが求められますが、それでも固定回線に比べれば圧倒的に簡単です。

更に、WiMAXではなんと8日以内のキャンセルが可能となっています。

実際に使ってみると通信が安定しない、あるいは速度が出ないなどの不満も解消してくれます。

しかも、他社から乗り換える時は違約金を負担してくれるところもありますから、直ぐにWiMAXを試したい希望にも応えられます。

ストレスを感じる心配が少ないサービスなのに、月額料金はお手頃で満足や納得が得られるものです。

これまで実績を積み重ねている、ブランドという安心感もありますから、検討を行う上での有力な候補となるでしょう。

ソフトバンクAirもおすすめ

ソフトバンクAirもまた、田舎で快適に使える可能性の高いホームルーターサービスです。

こちらも端末を置くだけとシンプルで、あっという間に設置が済んでしまいます。

工事不要という手軽さがありますし、大手携帯電話キャリア譲りの安心も感じさせます。

ソフトバンクAirの魅力はやはり、宅内でのスマートフォンの利用がパケット使い放題になることです。

加えて、スマートフォン料金が毎月最大1千円引きになるので、ソフトバンクユーザーには見逃せないです。

ソフトバンクAirを導入する手順は、申し込んで自宅に届いた箱から端末を取り出し、設置を済ませてコンセントに差すだけです。

過去にインターネットの開通作業をしたことがない人でも、説明通りに手順を踏めば一人で設置できます。

自宅工事は一切不要ですから、工事業者を自宅に入れる必要がなく、例えば女性の一人暮らしでも安心感が得られます。

速度は下りが261Mbpsまでとやや控え目ですが、従来の有線の約5倍に達しますし、平均的な光回線と比べても2倍以上を誇るスピードです。

一部のエリアでは最大350Mbpsの提供なので、もっと速く快適になる期待感が抱けます。

外出時にスマートフォンを利用するのとは違い、ソフトバンクAirはデータ容量上限の撤廃が行えます。

通信の安定性も確保できるわけですから、まさに一石二鳥の結果が得られるサービスとなっています。

対応エリアは、事前に公式Webサイトで調べることができますし、お試しで快適に使えるかの判断も可能です。

田舎も例外ではありませんから、乗り換えてみたら安定して繋がらずに使えない、そんなリスクを懸念する必要がなくなります。

 

WiMAXとソフトバンクAirは、いずれも設置が簡単で対応エリアの広さも共通します。

最大スピードや料金に差は存在しますが、共にサービスが高い水準にあるので、どちらを選んでも満足できる可能性は高いでしょう。