在宅ワーク向けホームルーターのおすすめは?

会社のある場所まで居住地から通勤を行うのは以前では日常の光景でしたが、現在は業務の多様化によって会社に出勤しなくても、自宅にいながら業務ができる在宅ワークに移行する企業が増加しています。

これは情報技術の向上によって会社に出かけなくても同じような業務が遂行できるようになったからであり、そこにはインターネットが重要な要素になっているのは間違いありません。

普及した当時は単なる情報検索と電子メールのやり取り程度しか使われていませんでしたが、ここに大量のデータや画像でも送信できるようになっただけでなく、カメラを利用すると相手と対面しながら会話ができるようになったことも、自宅にいても通常の業務ができるようになった理由です。

インターネットは常に進化していて送信できる情報量は大容量になり、相手側に到着する速度もとても速くなっています。

プライベートで利用するのであれば時間がかかっても問題はありませんが、業務の場合は迅速に対応しなければ支障を生じてしまう場合もあります。

この技術の進歩によって瞬時に送信した相手が確認できるようになったのは、在宅ワークをする際にはとても重要になっています。

在宅ワークにおすすめのインターネット回線は?

インターネットを業務で使用する場合には使用する設備も大切であり、どのような種類を活用するかで業務スピードが変化するでしょう。

時代と共に最初はダイヤルアップ方式だったものがADSLになり、今では光回線による接続が主流になっています。

在宅ワークには光回線がいい?

光回線は回線スピードの安定さと高い品質により主流になっていて、他の方式では使った通信量によって料金が上昇するというタイプが多かったのですが、光回線は一般的に無制限でいくらでも使えるというメリットがあります。

そして、光回線では一度に接続できる機器が多いという特徴があり、業務では複数台のパソコンやOA機器を使う場合には重宝しています。

インターネットは電話回線と無線を使っていて、電話回線をそのまま使っても光回線によるインターネットは使えないため、工事を行って接続方法を変更しなければいけません。

無線タイプのホームルーターを選ぶメリット

工事不要ですぐに使える

無線タイプであれば専用の機器があればこの工事は必要ありませんが、通信量の上限が決まっているタイプが多くなっています。

利用する時間が長くなったりデータ通信という情報量が膨大になってしまう場合には、使用方法を考えて使わなければいけないというデメリットがあるので、業務で使うのであれば光回線が最適です。

要は使うデータ通信量しだいってことですね。

ホームルーターはケーブルが不要

光回線では外部から配線を接続してLANケーブルを用いて端末と繋げる場合と、電波を飛ばすことでケーブルを必要としないタイプがあります。

ケーブルを用いるのであれば接続口にケーブルを差し込み、その先を端末に接続することでインターネットが使えるようになりますが、このケーブルを使う方法は配線が邪魔になってしまいます。

在宅ワークのように自分以外の家族が同居するような状況では、ケーブルが多くなってしまうと危険性が増すだけでなく、配線が外れることでデータ送信ができなくなるといった問題も起きるでしょう。

そのため、ホームルーターを用いて無線によって端末に接続できる方法が利便性が高くなっています。

ホームルーターにはケーブルの差込口もありますが、近年の機種では電波を送れる機能が付いている場合がほとんどです。

これはそれだけ利用者が多いという証拠でもあり、利便性が高くなっていることの裏付けでもあります。

このような理由からホームルーターを選ぶのであればケーブルが無くてもインターネット接続が可能なタイプを選択し、その上でできるだけ多くの端末に同時接続できるものを選ぶようにしてください。

ホームルーターはその機種によって同時に繋げられる性能が決められていて、業務のように一度に複数台の機器を使用する機会が多い場合にはその数が大切です。

性能が低いと同時接続できる数が少ないだけでなく、情報処理能力にも差異があるため、スピードを要求されるような内容では不向きになります。

購入する時のおすすめは、できるだけ上位機種にした方がいいでしょう。

光回線のデメリット

周辺に住む利用者しだいで遅くなる

光回線は現行方式では最速の処理能力を誇っていますが、周囲で同じ回線を使用する人が多いとその能力が常に一定では無いという特徴もあります。

基本的には一本の回線を複数で使うことになり、あまりに同時利用する人が多いと負荷がかかってしまうので、これは個人では解決が難しくなっています。

この問題を回避するにはインターネットサービスを提供しているプロバイダーを選択するというのがおすすめの方法であり、利用料が安いという理由で技術力が低い業者を使ってしまうとあまりに送信時間がかかってしまい、業務で使うには不向きになってしまうというのが通常です。

在宅ワークでは会社側が通信量や設備機器の費用についても負担してくれるところもありますが、それが無いのであれば費用に関しては個人負担になってしまいます。

インターネット関連の業者はその料金設定が一律ではなく、そのサービス内容も個々に異なっているので、使用者の状況に合わせてコストパフォーマンスのいい業者を選ぶことが大切です。

まとめ

在宅ワーク向けのインターネット回線サービスにもおすすめのホームルーター。

急に在宅ワークを命じられても最短即日にネット環境が整う柔軟性も魅力です。

安定性が高い光回線は良い面もたくさんありますが、導入までの手間、地域による快適性の差など自分ではどうにもならない部分もあります。

その点ホームルーターならいますぐ家電量販店へ行って契約し端末を持って帰りコンセントに差し込めばネットが使えます。

どこにメリットを感じるか、しだいですね。

5G対応ホームルーターの発売は?どんな性能になる?

次世代通信規格である5Gにはこれまでの3Gや4Gよりも優れた性能があり、社会のあり方を大きく変えると期待されています。

そこで5Gの特徴や対応ホームルーターの状況についてまとめました。

5Gの特徴は?

この新しい通信規格は速度が極めて速い一方で遅延が少なく、スマートフォンやパソコンなど様々な機器で同時に接続可能という特徴があります。

新技術によって現在の移動通信システムよりも100倍速いブロードバンドサービスが提供され、タイムラグを気にすることなく遠隔地との通信が可能になるとされます。

2時間の映画をわずか3秒でダウンロードでき、遠く離れた場所にあるロボットをリアルタイムに遠隔操作することも可能です。

様々な機器を使って同時にインターネットに接続できるようになるため、家電製品がインターネットの連動が期待できます。この新技術によって通信品質が大幅に向上すると、これまでにできなかったようなことが可能になります。

従来はパソコンやスマートフォンなど限られた機器だけがインターネットに接続されていましたが、2020年代には周囲にある様々なものがネットワークに接続されると考えられています。

あらゆる機器がインターネットに接続された社会のことは一般的にIoT社会と呼ばれます。

IoTとはInternet of Tiningsを略したもので、5GはIoT社会を支える重要なインフラとしての役割を果たします。

インターネットが様々な技術と連携することで人々の生活が大きく変化すると予想されます。

この技術が一般的に普及すると対応したスマートフォンやモバイルWi-Fiルーターなどで通信を行うことになります。

現在の4Gに対応した機器では通信ができないので、新しい技術に対応する端末が必要です。

4Gと5Gの差はどれくらい?

4Gに対応したスマートフォンやホームルーターなどは通信速度が50Mbpsから1Gbpsとされていますが、5Gでは10Gbpsから20Gbpsになります。

同時接続数は4Gが10万デバイスであるのに対して10倍の100万デバイスです。

遅延時間は4Gが10msとされていますが、新技術ではわずか1msになるとされています。

通信速度が20倍になり同時接続機器は10倍になる一方で遅延時間は10分の1になります。

4G LTEと比較すると実質的な通信速度はピーク時で100倍になるとされます。

モバイルネットワークの通信技術が進化すれば、新しい商品やサービスなどが次々に登場すると予想されています。

3Gから4Gに進化した際には、動画配信サイトやSNSなどのサービスが爆発的に普及しました。

通信技術がさらに進化すれば、より優れたサービスが一般的なものになると考えられています。

5Gは現在の技術と比較して遅延が非常に少ないため、自動運転やバーチャル・リアリティの技術を利用したスポーツ観戦などが一般化するとされます。

体感的には4Gでもあまり遅延を実感しないかもしれませんが、通信の世界では遅延が大きな課題です。

例えばテレビの生放送などで海外と衛星中継を行う場合に、タイムラグによってやり取りを行うのに時間がかかることがあります。

動画配信サービスでもタイムラグが発生して不便さを感じるケースが多く見られます。

回線の状況によってはインターネットのへの接続が上手くできない場合もあります。

次世代通信技術では遅延の問題がほとんどないため、操作から実行までを非常に素早くできます。

4Gの遅延は10msだったので自動運転技術は実用化できる状態ではありませんでしたが新技術ならば可能です。

次世代通信技術は同時接続数が4Gの10倍になるため、パソコンやスマートフォンだけでなく冷蔵庫やエアコンなどあらゆるものがインターネットにつながるようになります。

4Gの段階でもスマートスピーカーなどが利用されていますが、次世代通信技術の登場によりさらに多くのIoT機器が接続可能になるとされます。

家庭内だけでなく物流や街中のセンサー、実店舗におけるショッピングなども幅広く利用されます。

5G対応のホームルーターは?

5Gが一般的に普及すれば対応したホームルーターなどの機器が必要になります。

既に国内外のメーカーによって新技術に対応したWi-Fiルーターが発表されています。

例えば格安スマートフォンなどで有名なHTC社からは、新技術に対応したポケットWi-Fiのスマート・ハブが発表されました。

このスマート・ハブはOSにAndroid 9 Pieが搭載されており高機能です。

ポケットWi-Fやホームルーターの端末で大きなシェアを占めているHuawei社からは、ホームタイプのWi-Fiルーターが発表されました。

ルーターとパソコンなどの接続機器間の通信規格にも最新のWi-Fi6が利用可能です。

Wi-Fi6の通信速度は最大で9.6Gbpsとされており、最大でも6.9GbpsのWi-Fi5と比較すると接続機器間の通信速度も向上しています。

docomoもシャープ製のポケットWi-Fiを2020年5月下旬以降に発売する予定と発表しました。

Wi-Fi6に対応しておりスペックが上り最大480Mbps、下り最大4.1Gbpsとなっています。

有線LANポートやUSB3.0を搭載しており有線接続も可能です。

まとめ

期待の5G通信によってこの先どうなるのか、対応するホームルーターはいつでるのか?などについてまとめました。

記事投稿時点では対応ホームルーターは見かけませんでしたが、すでにモバイルルーターでは5G対応機種が発売されました。

年内には登場してくるのでは?と予想されます。

Airターミナル4とWiMAX HOME 02を比較

このページではソフトバンクの「Airターミナル4」と、WiMAXの「WiMAX HOME 02」の2つのホームルーターを比べてみました。

Airターミナル4はどのようなモデル?

Airターミナル4は、ソフトバンクの「Airシリーズ」の最新モデルで登場した端末で従来のターミナル3よりも格段と進化させたWifi端末です。

「Airシリーズ」が面倒な工事を必要とせずに、送られてきた端末のコンセントを差し込んで設置を行うだけでWifi環境を構築が出来る点で話題になった端末になります。

旧モデルより若干サイズアップ

その形状に関してはターミナル3より若干、大きいサイズになったものの、ほとんど外形上の変化が存在しない点があります。大きさが大きくなったことに伴い、重量も若干アップしたのも事実です。ただ設置型で使うタイプであるため、その大きさや重さに関しても考慮する必要なく使うことができます。

前のモデルから速度が大幅アップ

もっともAirターミナル4の優れた点は通信速度が大きく進化した点があり、下りが最大で962Mbpsとなり従来のターミナル3よりも3倍の速度を実現できます。従来のターミナル3では速度が遅いとの評判が多かったこともあり、それに応える形で改良をした点が優れています。ただ962/481/261Mbpsの3パターンが存在するため、962Mbpsの対応エリアは東京と周辺の都市のみになりそうで、大抵は481Mbpsか261Mbpsの地域に分かれてしまう難点があります。そのため今後の対応エリアの拡大がスムーズな利用での鍵を握ることになると考えることも可能です。

規格や最大接続数に関してもIEEE 802.11a/b/g/n/acで最大64台までになっているので、ターミナル3と同じ仕様になります。

WiMAX HOME 02はどんなモデル?

速度はAirターミナル4に劣る

一方で同じ工事不要でコンセントに差し込んで使うことができるタイプのWifi機器には、WiMAX HOME 02が存在しますが、端末スペックに関しては「Airシリーズ」よりも若干、劣る特徴を見て取れます。それは下り速度が440Mbpsとなりますので、Airターミナル4のような962Mbpsには及ばないからです。

対応エリアの問題がありますが、人口が存在する全国の街では活用できるので、ほぼ「Airシリーズ」で481Mbpsが出る地域と変わらずに利用できる点が存在します。

同時接続台数も大きく劣る

なお決定的な違いには、同時最大接続台数が21台となりますので、64台数よりも劣ってしまう点を挙げることが可能です。

近年はIoT化が進んで、テレビ・エアコン・ゲーム機などのインターネットを繋ぐことができる端末が増えているため、WiMAX HOME 02であると若干、役不足の印象があります。ただ家族が多くてもネットに接続する機器は、それほど増えて行かないのであれば、最大同時接続台数21台でも十分に賄うことができます。

サイズは二回りほどコンパクト

WiMAX HOME 02の形状に関してはAirターミナルよりもコンパクトになりますが、ほとんど変化が存在しないので、それほど大きな違いが生じることは今の段階ではなさそうです。そこで最後に決め手になるのは、料金の違いになるだけになります。

価格コムで2モデルの料金をチェック

WiMAX HOME 02の場合

価格ドットコムで料金の最安値を調査したところ、WiMAX HOME 02を回線契約セットで申し込んだ場合の最安値は、初年度が月額1157円となっています。その内訳はGMOが提供するとくとくBBをプロバイダにして、回線はUQWiMAXを利用すると良いです。

今後はUQモバイルのスマートフォンを利用した場合とのセット割にも期待できるので、ソフトバンク並みの料金になることは予想されます。3年以降に関しても平均料金が4000円を切る形で利用し続けることができる点でもお得となっています。

Airターミナル4の場合

先のAirターミナル4に関しては、回線契約セットで申し込みを行った場合には初年度が月額1218円になります。ただ端末価格が39600円かかる点があるので、その分を分割で払っていく必要が存在します。

もちろん3年間を利用した場合でも、同じく平均料金が4000円を切る形でWifi環境を構築できるので、WiMAX HOME 02と比較すると遜色がありません。Airターミナル4はソフトバンクが提供する端末になりますので、そのスマートフォンを使用している場合にはさらに割引を得ることもできます。

おすすめはAirターミナル4

価格ドットコムではキャッシュバックの特典を受けることが出来る点でもおすすめですが、ソフトバンクはセット割の適用を受けられる点でもおすすめになります。つまりソフトバンクユーザーであれば、Airターミナル4を選択した方が確実的に良いので、その特典の恩恵を受けることを考慮すると良いです。

しかも現段階では東京の近郊しか962Mbpsの対応エリアがないですが、将来は順次拡大される可能性も高く、使い続ければいつの間にか高速通信回線の恩恵を受けられる場合もあります。端末スペックに関しても、この二つはほとんど違いが見られませんが、この高速度を実現を対応している点ではAirターミナルシリーズが良いと判断できます。

WiMAX HOME 02に関しても次世代向けの高速度端末が登場する可能性も高いので、ソフトバンクを凌駕する注目されるサービスが生まれるかもしれません。

『WiMAX HOME 02』の魅力を詳しくチェック!

4割サイズダウンしつつ進化したHOME02

WiMAX HOME02は前モデルのWiMAX HOME 01に比べ、大きさが40%ダウンとコンパクトサイズになりながらもその性能は大きく進化しました。

気になる特徴が5つあるので1つづつ紹介していきます。

WiMAX HOME 02の特徴

工事不要でラクラク設置

1つ目は工事不要で楽々設置できるという点です。ホームルーターといえばコンセントをつなげばすぐにインターネットがつながるという手軽さが魅力的で、電源さえ取れれば家の中にどこでも場所を気にせず設置できます。

Wi-Fi電波のカバー範囲拡大

さらに2つ目の特徴である電波の広がりの強化で、その自由度はさらに上がっています。内部のアンテナの性能をアップさせたことにより水平方向に電波の届く範囲が前モデルよりも最大25%拡大しました。また2.4GHzと5GHzのWi-Fi周波数を同時に利用していて、端末ごとに最適な接続先を自動的に選んでくれるバンドステアリング機能を搭載しているので、何も気にすることなく常に快適な通信を可能にしてくれます。

アプリで簡単通信量チェック

3つ目はデータ通信量や電波の状態を簡単に確認できるスマートホンアプリです。スマートホンを使っている方はその日のデータ通信量や通信時間を端末で確認したり、1週間の使用状況を確認できるアプリがあったりと、気軽にその情報を確認できます。しかし画面がついていないホームルーターではどうなのでしょうか。パソコンをつないだり特別な操作をしなくてはいけないなど、確認するのは少し難しいイメージがありませんか。しかし、この機種では簡単に確認できる「NEC WiMAX 2+Tool」というスマートホンアプリを用意してくれています。このアプリを使うことによって、WiMAX HOME 02で使用したデータ通信量を確認できるだけでなく、データ通信量が設定した値を超えた時にスマートホンに通知してくれる機能もあります。プランによっては通信量の上限が設定されている場合もあるので、通知を設定しておけば思わず使いすぎて通信が遅くなってしまったなどの悩みもなくなります。さらにこのアプリには電波の強さを確認できる機能もついていて、電波を確認しながら置く場所を探すことができるので、簡単に最適な設置場所を見つけることができます。

接続機器がわかる「見えて安心ネット」

4つ目は、WiMAX HOME 02に接続しているWi-Fi機器を簡単に確認できる「見えて安心ネット」サービスです。このサービスは接続端末の確認や不審な接続を監視できるもので、端末ごとに接続を許可または拒否ができます。接続している端末にはそれぞれ名前を付けることができるので、一目でどの端末が誰なのかがわかります。また新しい端末が接続した場合、アプリやメールに通知が来るので不正な接続などをすぐに検知できます。ゲームアプリによっては夢中になってしまい、時間を忘れてついつい長時間やってしまうことも少なくないと思います。さらに子供がいる場合は常に気にかけているわけにもいかず、子供がどのくらいゲームをしているかを把握することはとても難しいです。そんなときに大きな助けとなってくれるのが「こども安心ネットタイマー」機能です。端末ごとにインターネットに接続できる時間を設定できるので、食事の時間や夜中など接続時間を制限して使い過ぎを防止できます。

スマートスピーカー「アレクサ」と連携

5つ目はスマートスピーカーとの連携です。Alexa対応のスマートスピーカーに話しかけることでデータの通信量やモード変更、再起動やファームウェアのアップデートなどが可能です。前日までの3日間のデータ使用量も教えてくれるので、朝起きて天気予報などと一緒に確認すればどのくらい使っているのか常に把握できます。外ではスマートホンアプリで、家に帰って来たらスマートスピーカーで、その時によって便利に使い分けることができます。

WiMAX HOME 02のスペック

そして最も気になるのがマシンスペックです。通信速度はハイスピードモードの場合、下りが最大440Mbps、上りが最大30Mbpsです。ハイスピード+エリアモードの場合は上りの速度が最大75Mbpsまで上がります。4K動画をストレスなく楽しむことができる基準がおおよそ下りが20Mbps必要となりますので、この速度なら問題なく視聴できそうです。次にホームルーターでとても気になるのが接続できる数です。家族で使ってたり、いろいろな機器をつないだりして使う方も多いのではないでしょうか。この機種はWi-Fiで同時に20台まで同時接続できます。またLANケーブルを使えばさらに1台つなげることができるので、合計21台までの同時接続が可能です。これだけの数がつなげれば、繋げない機器が出てくる心配もありません。幅50mm・高さ118mm・奥行100mmとコンパクトサイズで、長方形ながら丸みを帯びたデザインと白くてシンプルな外見はどこに置いても家の中に自然と溶け込みます。また高さがあまりないので倒れにくいのもうれしいポイントです。

このようにWiMAX HOME 02は前モデルから大きな進化を遂げています。現在インターネットの導入を考えている方や、前モデルを使っていて機種変更をする予定の方にはとてもおすすめな機種です。

モバイルルーターのWi-FiとBluetooth接続はどう違う?

どこにでも持ち運ぶことができ、電源を入れるだけですぐにネットに接続できるツールとして、ビジネス・プライベートに関係なく多くの人が便利に活用しているのがモバイルルーターです。モバイルルーターは通信事業者と契約することで利用ができ、基本的にモバイル回線を利用してWebに接続するサービスなのですが、最新の機種ではスマートフォンのインターネット共有機能と同様にルーターとデバイスの接続方法を複数の方法から選べるようになっています。ほとんどの機種ではWi-Fiでの接続とBluetoothでの接続に対応しているのですが、それぞれの接続方法にはどのような違いやメリットがあるのでしょうか。Wi-Fi接続とBluetooth接続の違いや、それぞれの適した利用シーンなどを解説していきます。

Wi-Fiの特徴

メリット

まずはWi-Fi接続をする場合のメリットですが、通信速度が高速で安定している点が挙げられます。接続する端末が対応していれば2種類の電波が利用できるので通信が安定しますし、特に5GHz帯の電波では家電などの干渉を受けにくいので、室内で通信を行う場合でも安定して繋ぐことができます。また電波が遠くまで届くのでルーターと接続するデバイスの間に距離があっても問題ありませんし、同時に複数の端末を接続しても安定感があります。

デメリット

一方でWi-Fi接続のデメリットですが、消費する電力が大きい点が挙げられます。最近のルーターは省エネモードなどが搭載されていますが、節電モードに切り替えをした場合でも一日中端末の電源を入れた状態にしておくと途中で電池が切れてしまうことが懸念されます。また2.4GHz帯で接続した場合には、電子レンジなどの家電の干渉を受けて通信が不安定になってしまうこともあります。

Bluetoothの特徴

メリット

続いてBluetooth接続をするメリットですが、消費する電力が少なくモバイルルーターを長時間使用できる点が真っ先に挙げられます。ほとんどの端末では省エネモード=Bluetooth接続とされていて、省エネモードに切り替えた場合ルーターの稼働時間が数時間単位でアップします。外で一日中電源を入れていてもバッテリー切れの心配が薄いため、まさにモバイルルーターには最適な接続方法と考えられます。また近距離で接続して使用するため障害物の影響をほとんど受けずに通信ができる点も大きな強みと言えます。
10メートル以内での使用であれば障害物が周囲にあっても問題なく接続できるので、障害物が多い室内などでルーターを使いたい場合などに便利です。

デメリット

一方のデメリットですが、通信速度が遅い点が第一に挙げられます。Wi-Fiは11acなどの圧倒的な速度を誇る規格で通信ができるのに対し、Bluetoothの規格は低速で速度は最大でも30Mbpsには届かないのが現状となっています。また接続ができる距離も非常に短く、ルーターと接続するデバイスの距離が数十メートル離れてしまうとペアリングが解除されてしまいます。さらに使える周波数が2.4GHzのみなので家電の干渉を受けることがある点にも注意が必要です。

ここまでを簡単にまとめると・・・

両者の特徴を簡単にまとめますと、Wi-Fiは通信速度が高速でBluetoothはバッテリーのもちが良いことが分かります。要は通信速度を重視するかバッテリーの持続時間を重視するかという問題になってくるので、モバイルルーターを利用する際にはどちらを重視するのかを考えて接続方法を選ぶと良いでしょう。
電源を入れた状態にしてかばんに入れたままの状態で使うことが多い場合には、ブルートゥース接続をメインにするが賢明と考えられますし、こまめに電源のオンオフをおこなっていて、いざ使う時は動画の視聴など速度を求められる作業を行うことが多い場合などにはWifiで繋ぐことで合理的にネット接続ができます。

2つ同時に使えるルーターもある

なおルーターによっては2つのモードで同時に接続ができるケースがあり、上手に使うことでより高速で安定した通信が可能となるのですが、2つのモードを同時に使用する場合にはバッテリーの消費と電波干渉に気をつける必要があります。2つのモードを同時にオンにするとバッテリーの消費が非常に激しくなるため、長時間の使用には向きません。またどちらも2.4GHz帯で接続をするとお互いに電波干渉をしあってしまい、逆に通信が不安定になってしまうことも考えられます。基本的にはどちらか一つのモードでのみ接続を行い、状況に応じて接続モードの切り替えを行うことをおすすめします。

場合によっては有線接続も検討しよう

最新のモバイルルーターではこの2種類の接続方法以外にも、LANケーブルを利用した接続や、USBケーブルを利用した接続など様々な接続方法に対応しています。ケーブルを使用した接続は無線接続と比較して通信速度が高速で安定しているなどのメリットがあるため、それぞれの接続方法の特徴などをよく理解し、シチュエーションに応じて最適な方法でルーターとデバイスを繋ぐようにしたいですね。

ホームルーターと光回線ならどっちにすべき?違いとそれぞれの強み

無線か有線か?どちらを選ぶ?

ホームルーターと光回線の違いは、そのアクセス方式が無線であるか有線であるかによります。

すぐ使えるホームルーター

ホームルーターはWiMAXなどを利用するためのルーターとなっており、基本的には家の中で好きな場所に設置をするだけで、すぐに利用できる非常に便利なものとなっているのに対して、光回線の場合は接続回線のみが提供される形になるため、必要に応じてルーターや無線ルーターなどを用意しなければならない点が異なっているのです。

安定性では光回線

これまでは光回線は非常に接続性が良く、安定しているものと考えられてきました。

これに対してWiMAXや携帯電話回線などは非常に接続性が悪く、高速化するインターネットに対してはあまり利用できないと考えられてきましたが、近年ではその性能が向上し、広く利用できるようになっているのがポイントです。

さらに接続性も非常に良くなっており、設置するだけで簡単に利用できそこそこの速度が確保できることから近年では利用する人が増えているのが実態です。

ホームルーターの特徴

メリット

ホームルーターの最も大きな特徴は、複雑や配線や設定等が不要で、自宅のコンセントに差し込むだけですぐにインターネットが快適に利用できる環境を確保できる点にあります。

光回線の場合にはプロバイダーから提供される様々な情報をもとに自分でルーター等を設定しなければならないため、ある程度の技術がなければ自分で設定を行うことができませんでした。

プロバイダーからあらかじめ設定済みのルーターをレンタルする方法もありますが、この場合にはルーターのレンタル料が別途必要となることから、割高となってしまうことが多く、さらに無線で端末を接続する際には無線ルーターなどを新たに購入し接続しなければならないと言う面倒な点はがあったのです。

これに対してホームルーターは設定を全てあらかじめ施されているため、すぐに利用できる点がポイントとなっています。

デメリット

ただしホームルーターには無線を利用することによる問題があります。

1つは接続速度が不安定なことです。

無線ネットワークは空中の状態によりその接続状況や速度状況が著しく変化してしまう点がデメリットとなっています。

そのため、その状態によっては高速での接続ができないケースも少なくありません。

さらに、購入でも異なり雨風などが発生している場合は接続性が落ちてしまうと言う問題も抱えています。

高速接続ができるからとこれを選んでも、住んでいる地域によっては高速接続ができなくなってしまう可能性もあり、残念ながら安全性に欠けてしまうというのが1つのデメリットとなっているのです。

またWiMAXは受信ができるところとできないところが存在しており、受信ができない場合はせっかく契約をしても利用できなくなってしまうことがあるので注意をしなければなりません。

最近ではプロバイダーとなるサービス提供会社が地域ごとにサービス提供の状況などをホームページで紹介してより、契約を行う前にこれらの情報を十分にチェックしてもらうことができるのがポイントとなっています。

接続速度は最高速がWiMAXが1.2ギガと光回線に比べて高速であると言われていることが多いため、簡単に設定が可能で、費用も安い上に高速であると言うメリットばかりを意識する場合が多いのですが、実際にはその条件のために寿司も満足されない事が少なくありません。

その理由は、WiMAXの電波状態やアクセスの状況により測定条件が変わってしまうために安定した仕様が難しいと言う面があるためです。

WiMAXの場合には最大速度は1.2Gbpsであるのに対し、光回線は1Gbpsが多いです。

その数字だけから見ると無線の方が有利と思っているように見えますが、実際には光回線は有線であるためその安定性が非常に高く、継続的に利用する人には非常に安心して利用できるものとなっているのが特徴です。

対して無線を利用する側のほうは速度が安定しないことや、ほとんどがブランド化し非常に価格が高くなってしまっていることも重要なポイントとなっているのです。

インターネットを接続するためにはこれを接続する機能を持っていることが当然ですが、その他にも様々な機能を持っていることからこれに関する様々な意見も確認ができます。

その中で両者の違いは安定的な性能を発揮できるかと言う点にあるのです。

このポイントは実際の使用上は非常に大きく、例えば動画などをアクセスする場合には継続的な速度の安定性が必要となり、これの維持が重要な条件となっていますが、無線の場合は接続速度が安定せずに上手に動画を見ることができないケースもあるので注意をしなければなりません。

ただし簡単に接続ができることや、様々な場所で使用できる点ではWiMAXが非常に有利なものとなっているのです。

どっちにすべき?

多少設置が面倒でも安定性を採るなら光回線、お手軽さや料金の安さをとるならホームルーターをおすすめします。

ホームルーターにもいくつかありますが、WiMAXのものが料金も安くておすすめです。

ホームルーター契約時に安心サポートは必要?

ホームルーターの契約において気になることの1つは、いわゆる安心サポートが必要か否かです。

これは機器本体の故障時に関するもので、修理費用や交換費用を対象とした保険のようなサービスを指します。

安心サポートはオプション提供されている

最初から契約にプランに含まれる場合もありますが、大抵はオプション扱いで契約時に加入の検討を要します。

具体的な内容の内訳は契約するサービスによりますが、端末故障時に無償で修理が受けられたり、盗難や紛失もカバーするケースが少なくないといえるでしょう。

勿論、保証が適用される条件は様々ですし、条件をクリアしなければ例え加入していても保証を受けることはできないわけです。

ただ万が一に備える意味では、毎月数百円くらいで加入できることを考慮すると、加入しておいても損はないと思われます。

当然ながら塵も積もれば山となりますから、不要と思われるケースで加入するのは無駄です。

大切なのは、本当に安心サポートのオプションが必要かとの判断で、必要なら迷わず加入を決めることです。

安心サポートの保証内容

保証内容の多くはホームルーター故障、あるいは盗難や紛失時が対象なので、これらの問題が生じる可能性があるか検討する必要があるでしょう。

基本的に、新品の機器は購入から1年ほどメーカー保証がつくので、初期不良期間中に故障してもメーカーが修理、交換といった対応をしてくれるはずです。

この点はメーカー次第ですから、対応の良いメーカーを選んで製品を購入できるのが理想的です。

怖いのは初期不良

しかし、一般論として初期不良が発生しなかった製品は、最低でも数年間は故障が発生しにくいものです。

バスタブ曲線といって、新品の製品は最初故障しやすいものの、しばらくすると故障しにくくなる、故障率の変化を表す概念です。

全ての製品が当てはまるとは限りませんが、一般的にはこの曲線の通り、一定期間を過ぎれば故障が発生する確率は下がります。

バスタブとの名前がついていることからも分かるように、再び故障率は上昇に転じますが、それは長期間使用した場合なので当面は安心です。

加入期間は最初だけがおすすめ

つまり、初期不良さえ乗り切ることができれば、ホームルーターは簡単には壊れませんから、メーカー保証がつくこともあって安心サポートは不要と考えられます。

持ち運びを前提としたモバイルルーターなら別ですが、ホームルーターは自宅やオフィスといった屋内で使用するもので、破損事故に遭遇する可能性は低いです。

故障の原因の定番ともいえる落下は、設置に不備がなければまず発生しませんし、余程大きな地震でもなければ大丈夫でしょう。

水濡れや水没といったトラブルも、屋内設置の製品に発生するケースは稀で、落下と同様に発生率は非常に低いです。

上位に並ぶ故障原因の発生そのものが珍しいので、故障が生じるとしたらそれは運がない場合です。

そういう万が一に備えるものが安心サポートのような保証ですから、僅かな出費で安心が買えると思えば、加入するのも悪くないです。

安心サポートの料金

1ヶ月あたりが500円程度であっても、1年となれば年間6千円の負担なので、2年3年と契約が続くことを考えると無加入時と比べて馬鹿にできない差になります。

自然に故障するケースの殆どは初期不良で、それ以降は落下や水没が主な故障原因ですが、設置型のホームルーターはこの故障リスク事態が小さいです。

契約時に安心サポートは必要かとの問いには、リスクを考えれば特に必要はなく、安心が欲しい人に限り加入してもOKとなります。

安心サポートがオプション扱いなのは、加入しなくても問題なく使えるケースが多いからで、やはり保険の意味合いが強いからです。

加入したほうが安心なパターン

モバイルルーターの場合

モバイルルーターなら積極的に加入を検討した方が良いですが、それは落下や水没の恐れが少なからずあるのが理由です。

屋内で設置を行うのに、落下を恐れる必要はありませんし、ましてや水没の発生はまずないでしょう。

家具との接触で簡単に落ちてしまう設置は論外ですが、水平な面にしっかりと固定を行なえば、相応の衝撃がなければ落ちないです。

一方の水濡れや水没は、子供がいたずらで意図的に水を掛けるか、極端な温度差で結露でも生じなければ心配無用です。

やんちゃなお子さんがいるなら加入もあり

いたずら盛りの小さい子供が居る家庭なら、ホームルーターが危険にさらされることになるので、加入するのもありだといえます。

途中で自由に契約から外すことができたり、キャンペーンで数ヶ月分の費用が無料になるなら、それも加入の検討をする切っ掛けになり得ます。

必要性を感じたら契約するのは当然ですし、必要なければ契約の理由がなくなります。

難しく考えなくても良いですし、シンプルに保証内容に目を通し、必要かどうかを判断すれば自然と結論が出ます。

1人暮らしだったり小さな子供が居ないなら、契約する必要性はとても低いです。

逆に家族と一緒に暮らしていていたずらをする子供が居る場合は、安心を購入するつもりで契約しても損にはならないでしょう。

これが加入の可否を分けるポイントで、人それぞれが自分の条件に当てはまるか確かめることで判断可能です。

ホームルーターで任天堂switchのオンラインゲームは快適にプレイできる?

大手ゲームメーカーの任天堂が開発したゲーム機が任天堂switchであり、その最大の特徴は携帯ゲーム機と据え置き機の要素を取り入れたことです。

任天堂switchの本体は携帯ゲーム機であり、専用の端末もしくはUSBで充電すれば外支出先に持ち運んで好きなゲームを楽しむことができます。

そして本体の携帯ゲーム機を、専用の端末に接続をしてHDMLコードとテレビを直結することによって据え置き機として大画面でゲームを楽しむことができるのです。

そんな任天堂switchのもう一つの楽しみ方といえば、やはり現在のゲームの主流ともいえるオンラインゲームといえます。

任天堂switchでオンラインゲームを楽しむ方法は、任天堂にインターネットからアカウント登録をした後にコンビニで加入権を購入後任天堂switchオンラインサービスに指定されている料金を支払って加入するだけです。

任天堂オンラインサービスに加入すれば、場所を問わずにオンラインゲームを楽しむことができます。

ただし自宅でオンラインゲームをする場合には、たった一つだけ注意点がいります。

それはホームルーターを使う場合です。

そこでswitchのオンラインゲームをホームルーターで遊ぶ時の注意点についてまとめました。

switchオンラインゲームをホームルーターでプレイするときの注意点

オンラインゲームをするにはネットにつなぐ必要があるのですが、問題はその電波です。

オンラインゲームは送信と受信を繰り返すことで成り立っているのですが、快適なプレイをするには送信と受信が滞りなくやり取りできなくては意味がないです。

もし送信と受信が滞りが発生してしまうと、画面が固まったり最悪の場合ネットが切断されて途中退出となります。

電波が悪いことによる途中退出や画面の硬直は、相手側にも少なからず影響を与えてしまうの今後一緒にプレイしてもらえなくなるリスクが起きる場合があります。

そうならないためにも、しっかりとホームルーターの状態を確かめる必要があります。

推奨電波強度について

基本的に電波強度というのは、長期的に安定した運用を考えているので送信は50から75そして受信は80の数値で構成されているのです。

任天堂switchの推奨電波強度は送信は30そして受信は50が目安なので、基本的にはホームルーターでも快適なプレイができます。

ただしこれには条件が合って、それはホームルーターとゲーム機本体が一部屋離れた距離ぐらいしか離れていないことが条件になるのです。

ホームルーターから発信される電波というのは、距離が離れれば離れるほど弱くなり傾向にあります。

さらに室内の壁だけでなく、冷蔵庫や電子レンジそして無線のコードレス電話が近くにあると電波干渉をしてしまうのです。

もしゲーム機本体との間に、こういった要因があると推奨電波の送信は30そして受信は50の目安を下回ってしまい先に言った画面硬直や切断による途中退出をすることになります。

プレイ前にホームルーターの状況をチェックしよう

電波強度のチェック

自宅のホームルーターで快適なプレイをするためには、まず本体を起動したときに画面に映っている電波強度の部分を見てしっかりと受信できているのかを確認するのです。

その上で電波の線が1本もしくは2本であれば安定していないことが分かるので、次に現在の状況を確認するために本体が受け取っている電波を調べます。

現状の電波を調べるためには、本体を起動後に設定の中にインターネット接続の項目があるのでクリックするのです。

次の項目の中にインターネット接続状況があるので、同じくクリックすると本体がネット接続環境の状態を検査してくれます。

その接続状況の数値において、目安とはいえ推奨電波の送信は30そして受信は50の目安に近い状態であれば快適なプレイはできないことを意味するのです。

もし送信は30そして受信は50の目安に近い状態になっていることが分かれば、いくつか快適なプレイをするための手段はあります。

快適にプレイするには?

距離が遠いことが問題なので、プレイするときには近いところで行うのが手っ取り早いです。近くでプレイできないのであれば、やはりルーター自体を交換してしまうのも手です。

現在ではNUROやドコモ光など、インターネットだけに使うのではなくゲームに使うことを念頭に置いたルーターが開発されているので交換すると距離や障害に関係なく電波を届かせることができます。

ただ高出力ルーターを自宅に設置する場合は、どうしても工事をしなければならないというデメリットがあるのです。

もし工事をしなければならないというデメリットをしたくないのであれば、次の手段としては市販の中継器を購入して壁の影響を無くすことで快適プレイをするという方法もあります。

さらに中継機に有線接続できる機能が搭載されているのであれば、別売りではあるのですが有線接続するためのUSBを購入して無線から有線接続することによって電波障害を感じさせずにプレイできるのです。

このように推奨されている電波に届かない場合でも、いくつか障害を感じさせないでプレイする方法はあるので途中で切断もしくは画面が硬直することに悩んでいる人は実践してほしいです。

2階建ての家でもホームルーター1台でカバーできる?

インターネットの接続で、ゲートウェイからホームルーターに接続し、有線ではなくWi-Fi電波でネット環境を整えようとすることは多くの方が行っています。

この際に注意が必要なことはあり、一般的なアパートやマンションではワンフロアに限定されているので1台でも十分にカバーできます。

一方で2階建ての家でお使いの場合、1階部分にホームルーターを置いているご家庭が目立ちますが、2階までWi-Fi電波がきちんと届くのかどうかの判断が必要です。

ここでは2階までインターネットを快適に使いたいときに知っておきたいことをまとめました。

1階も2階も1台のホームルーターでカバーする方法

インターネットの接続会社と契約をして、住環境に合わせたホームルーターを利用している際には、特に問題が起きてしまうことはありませんが、家電量販店やネット通販で自ら購入したホームルーターを利用する場合、2階建ての家では機種選びを正しく行う必要性があります。

価格が安く売られている機種の中には、マンションタイプでワンフロア向けの機種があるので、必ず2階建て以上に対応している機種を選ぶことは欠かせません。

インターネットに光回線を利用している環境では、合わせて高機能なルーターを求めることも必要です。

ある程度スペックの高い端末を選ぶ

条件にマッチしている機種の場合は、2.4GHzと5GHzの両方に対応していること、11acに対応していること、300Mbps以上の機種を選ぶと、殆どのケースで問題は起きません。

これらの条件に該当する機種でも、価格帯の範囲は広くあり、メーカーによる違いもあります。

名の知れた有名メーカー品であれば、快適なインターネット環境を得られるのではないでしょうか。

同時に接続する端末数をチェック

ホームルーターにつなげる台数

後は一度に接続する可能性のある通信端末の数もチェックしたい項目です。

前提としてメインで使うパソコンは1台と仮定すると、お手持ちのスマートホンがあれば既に2つの通信機器を接続していることになります。

2階建ての家では通常では家族が他にも数名で生活をしていることになるので、スマートホンの数は必然的に増えます。

更に来客があった際にも便利にWi-Fi電波を共用したいと考えた際には、最低でも6機以上の通信機器に対応していればベストと考えられます。

パッケージや説明書にはこの部分を分かりやすく表示させているものがあり、2階建て用で6台という表記の機種も存在しています。

実際には6台以上でも同時通信させることは不可能ではなく、1階から2階へと全ての室内で使えることを前提にしながらも、この点も実際には屋外の道路に出ても接続可能な機種もあります。

パッケージ表示については最低の基準と考えることが良いとも判断できますが、確実性というものはなく、あくまで目安と考えることが良い方法です。

2階に電波が届かない原因は?

2階まで電波がうまく届かない原因には住宅の構造と設置場所、室内の他の機材類が影響を与える可能性があります。

1階にホームルーターを設置しても、同一機でも住環境が変われば電波が十分に届かないという実例はあります。

この原因は様々なものがあり、電波を遮断してしまう要因があることです。

壁やほかの機器の電波が障害に

具体例では2階へつながる通路に大きく厚みのあるドアや扉、壁が存在していること、冷蔵庫など大型の電気製品があること、ワイヤレスのインターホンやワイヤレス操作できるパネル付きのトイレがあることなどをあげることができ、複数の電波が室内を飛び交っている状態では、快適な環境とは言えません。

繋がらない場合の改善方法について

5GHz帯を利用して接続する

該当する住宅の場合は、解決策はあり、パソコンは5GHzを利用することで対応できる可能性はあり、設置場所を変えてみる方法も効果的です。

特に設置場所はリビング内に限定する必要性はありません。

ホームルーター設置場所を階段近くにする

2階へ上がる階段がリビングの外にある場合では、ドアの外側に設置する方法で問題をクリアできることが多々あります。

中継器を設置する

他にも有効な解決策はあり、中継機を別途購入する方法です。

中継器は小型でコンパクト設計のものが多く、階段のコーナー部分などに設置すると多くの住宅で快適な電波を使える環境に仕上げられます。

より高性能なホームルーターに買い換える

もっとシンプルにしたいという方は、本機自体をグレードアップする方法です。

実際に販売されているホームルーターの中でも3階建て以上に対応している機種があります。

もしも不安に感じるのであれば、最初からこのタイプを利用することで問題を回避できるのではないでしょうか。

通常は1度設置したら3年や5年など長い期間を使うものです。

頻発にネット回線が途切れるような不具合が起きない限り、買い替えを積極的に行うことは非常に少ないものなので、少々高価であっても品質の良い機種選びをすることは正しい行動になります。

ファームウェアの更新をチェック

最初は問題なく使えていたものの、後につながりが悪くなってしまったり、つながるまでの速度や機器類の使用時に速度が落ちたと感じた際には、ファームウェアの更新を行ってみる方法があります。

購入したメーカーが公式サイトで無料で提供をしているものなので、パソコンがあれば簡単に更新できます。

ドライバも含めて常に最新の状態にしておくことで、2階建てでも1台でフルカバーさせることは可能です。

ホームルーターの電気代はどれくらいかかる?節電方法は?

ホームルーターの電気代について

インターネット環境を整えている場合、ホームルーターを購入してWi-Fiとして使っていることも普通のことになりました。

この機器を購入することで、ケーブルを使うことなくパソコンをネットにつなぐことができ、更にスマートホンやタブレットなど他の通信機器も持っている際には、1台のホームルーターがあれば、全ての機器をネットに接続できるという利便性が生まれます。

しかし、気になることはあり、電気機器に該当するので電気代が高くなるかもしれないと心配な方もいると思います。

そこでホームルーターの電気代がいったいどれくらいになるのか?を調べてみました。

ホームルーターの電気代はいくらくらい?

電気代

通信機器の特徴では、24時間365日付けっぱなしにしていることも珍しくはなく、常に接続していることでリアルタイムでの情報を得たり、いつでもネットに接続できる便利さはあります。

1日当たりの電気代

利用環境により違いは大きくなりますが、ホームルーターの気になる電気代は、一般的なタイプで6W、スペックの高いモデルでは18W程度の消費量になり、お金で換算すると1日に4円から12円程度と計算できます。

1年あたりの電気代

1年間での計算では1,460円から4,380円になり、決して安くはありません。

もっともこの数字は最大限に電力を消費している額面なので、実際にはそれ以下になることもあり得ることですが、それでも節電を心掛けて消費電力を下げるには、対象とすることには効果的です。

ホームルーターの節電方法

節電モードのあるホームルーターにする

節電方法はいくつかあり、もっともお手軽にできる方法は、節電モードを搭載しているホームルーターの導入です。

進化を続けている機器類になるので、新しいモデルの中にはこのモードを搭載しているものがあり、使い方は機種によりますが時間設定をして使わない時間帯は電源をオフにできることが多いものです。

一般家庭の他、会社のオフィスで利用している場合は、夜間から早朝は使用しないことが多いので、このタイプのモデルを購入すると大きく節電できます。

スイッチ付きの電源タップで管理する

電源タップで節電

節電モードが搭載されていない場合でも電気代を安くする方法はあります。

一般的には一度コンセントに接続すると、抜き差しを行わない機器になりますが、スイッチを搭載している電源タップを購入すると操作を簡単に行えます。

一般家庭を事例にすると、モデムやルーターなど3つの機器をコンセントに接続している環境があります。

スイッチ付きの電源タップの中には3連式や4連式のものがあり、並列しているコンセントに対して、それぞれスイッチボタンが設置されているタイプの購入が推奨できます。

分かりやすいように、各コンセント部分に接続している機器の名称をシールなどに書いて貼っておくと後々に便利です。

この環境を作り出した後には、オンの状態ではスイッチ部分が点灯しているので、就寝前などネットを使わない時間になると、スイッチを切るだけで簡単に節電できます。

直接にコンセントからコードを抜くという方法もありますが、何度も抜き差しを繰り返していると断線してしまうリスクが高まるので、スイッチ式はかなり便利に使えます。

節電による電気代への影響はどれくらい?

この状態で1日に約8時間の電気供給をストップさせた場合、1年間で973円から2,920円まで料金を引き下げることに成功します。

何もしない場合と比較をすると、1年間に487円から1,460円の差額が生じる計算になります。

通常では何年も利用を継続するものなので、5年間や10年間の利用で考えた際には十分に節約できると判断できます。

節約を意識的に継続させることが何よりですが、スイッチを切ることを忘れてしまったり、途中で面倒になることも想定することはでき、この対策では電源タップの設置場所を工夫すると継続しやすくなります。

床面の壁際に這わせる方法ではなく、壁の見える位置に電源タップを固定しておくと、スムーズに切り替えできるメリットや、視覚的に分かりやすいので、切り忘れを防ぐことが可能です。

ホームルーターの購入の際に、消費電力を確認してから購入するという方法もありますが、電力だけに拘っていると性能面での不具合を感じてしまうので、注意しながら選ぶことも大切なことです。

電力会社のアンペア数見直し

一般的な機器類の場合、これらの方法で限界となりますが、別の方法もあり契約している電力会社と契約アンペア数の見直しを行ってみることも良い方法です。

現在では電力自由化に伴って、沢山の会社が安い電気を提供するようになりました。

各社で独自のプランを用意しているので、各ご家庭や会社にとって最適なプランを見つけ出すと、結果的に支払い料金を減額できます。

契約アンペア数は数字が高くなるとそれだけ料金も高くなります。もしも必要以上のアンペア契約を結んでいる場合は、下げてみる方法で十分な手応えを感じることができます。

ただし、低めのアンペア数の場合は自由化による電力会社では対応していないことが多いので、最初にアンペア数の見直しを行ってから、契約する電力会社探しをするという手順が最も良い方法です。

まとめ

ワイヤレスの工事なしでインターネットがすぐに使えるホームルーターの電気代と節電方法について紹介しました。

1日あたりでは少額ですが、年間換算するとそれなりに電気代がかかっているのがわかります。

ここで紹介した方法を参考に節電にチャレンジしてみてくださいね。

節電機能を使ったり、スイッチ付きの電源タップを用いる方法では、電気代を確実に下げることができますが、機器類の寿命を長くできるという可能性もあって一石二鳥です。