ホームルーターは田舎で快適に使える?

田舎でホームルーターの設置を考えるなら、通信の安定性や速度といった、快適性を確認することが必要です。

また、設置の手軽さであったり、導入までの手続きの簡便さも評価のポイントとなります。

快適性の一つ通信の安定性は、有線か無線接続かで大きく左右されます。

有線接続は途切れにくく、速度の点でも有利ですが、設置の手間があるのでそこはトレードオフです。

設置の手軽さは逆に、無線タイプのホームルーターが優位で、手続きを分かりやすくシンプルにしているサービスも少なくないです。

Webで申し込んで端末を受け取り、コンセントに差し込んで直ぐに使える、そういったサービスもあるほどです。

もっとも忘れてはいけないのは、対応エリアの広さと、加入したい田舎が対象となっているかどうかです。

対応エリアから少しでもはずれてしまうと、契約や利用はできないですから、まずはサービスが提供されるエリアの確認が大切です。

設置が簡単で通信と速度に定評があり、対応エリアが広いサービスであれば、田舎でも快適に使える可能性があります。

WiMAXのホームルーター

WiMAXの場合は、工事不要で導入できることを特徴としていますし、その他の部分でも定評があるので魅力的です。

提供されるホームルーターは、コンパクトでスッキリとしているので、部屋に置いても邪魔にならず目立ちません。

しかし、工事不要でほぼ置くだけですから、使いやすさの点だけでも十分に検討に値するでしょう。

工事不要ということは、持ち家でも賃貸でも家を傷つける心配がなく、工事の日程を調節する手間もないことを意味します。

立会いの必要性自体がありませんから、貴重な休日を潰すことも、有給を取って対応する手間も不要です。

対応エリアは、モバイルタイプのWiMAXの実績でも分かる通り、日本全国に広まっていて多くの田舎もカバーされています。

下り速度は最大で440Mbpsも出ますから、一般的な有線の光ファイバーよりも速いです。

工事不要なので、申し込みから手続きを経て、開通するまでの道のりや日程もスピーディーです。

WiMAXであれば、最短当日に開通する可能性もありますから、早くホームルーターに乗り換えたい人にも朗報です。

もし将来的に引越しすることになっても、固定回線のような手続きや工事は不要で、ホームルーターを持って移動を行うだけで済みます。

エリアをまたいで引っ越す場合は手続きが求められますが、それでも固定回線に比べれば圧倒的に簡単です。

更に、WiMAXではなんと8日以内のキャンセルが可能となっています。

実際に使ってみると通信が安定しない、あるいは速度が出ないなどの不満も解消してくれます。

しかも、他社から乗り換える時は違約金を負担してくれるところもありますから、直ぐにWiMAXを試したい希望にも応えられます。

ストレスを感じる心配が少ないサービスなのに、月額料金はお手頃で満足や納得が得られるものです。

これまで実績を積み重ねている、ブランドという安心感もありますから、検討を行う上での有力な候補となるでしょう。

ソフトバンクAirもおすすめ

ソフトバンクAirもまた、田舎で快適に使える可能性の高いホームルーターサービスです。

こちらも端末を置くだけとシンプルで、あっという間に設置が済んでしまいます。

工事不要という手軽さがありますし、大手携帯電話キャリア譲りの安心も感じさせます。

ソフトバンクAirの魅力はやはり、宅内でのスマートフォンの利用がパケット使い放題になることです。

加えて、スマートフォン料金が毎月最大1千円引きになるので、ソフトバンクユーザーには見逃せないです。

ソフトバンクAirを導入する手順は、申し込んで自宅に届いた箱から端末を取り出し、設置を済ませてコンセントに差すだけです。

過去にインターネットの開通作業をしたことがない人でも、説明通りに手順を踏めば一人で設置できます。

自宅工事は一切不要ですから、工事業者を自宅に入れる必要がなく、例えば女性の一人暮らしでも安心感が得られます。

速度は下りが261Mbpsまでとやや控え目ですが、従来の有線の約5倍に達しますし、平均的な光回線と比べても2倍以上を誇るスピードです。

一部のエリアでは最大350Mbpsの提供なので、もっと速く快適になる期待感が抱けます。

外出時にスマートフォンを利用するのとは違い、ソフトバンクAirはデータ容量上限の撤廃が行えます。

通信の安定性も確保できるわけですから、まさに一石二鳥の結果が得られるサービスとなっています。

対応エリアは、事前に公式Webサイトで調べることができますし、お試しで快適に使えるかの判断も可能です。

田舎も例外ではありませんから、乗り換えてみたら安定して繋がらずに使えない、そんなリスクを懸念する必要がなくなります。

 

WiMAXとソフトバンクAirは、いずれも設置が簡単で対応エリアの広さも共通します。

最大スピードや料金に差は存在しますが、共にサービスが高い水準にあるので、どちらを選んでも満足できる可能性は高いでしょう。

wimaxのホームルーターL01ってどんな機種?

WiMAXのホームルーターL01には、様々な特徴や魅力があります。それらについて多彩な切り口から、確認していきましょう。

WiMAXとは?

まず、WiMAXについてですが、これはご存じの方も多いかと思いますが、無線通信における規格の一つです。ワイヤレスでインターネットを楽しむためには、この規格はうってつけ。大容量通信を気兼ねなく行え、通信料も手軽です。ホームルーターL01は、この規格で利用できるように設計された製品となります。

L01はどんな端末?

ホームルーターL01には、このWiMAXを楽しむのに適した性能や特徴が多数備わっています。色々なルーターがありますが、利便性、速度、接続可能台数などで優れた面が多く、バランスの良い製品です。これから、ルーターを探そうとしている場合には、是非、チェックしておきたい機種と言えるでしょう。

この製品は、まず、通信速度が優れている点が魅力としてあげられます。ワイヤレスでのインターネットでは、どうしても通信速度が遅くなりやすいのですが、この製品では速度面も安心でしょう。下りでは220Mbpsを2つ併用することで、440Mbpsの通信速度を実現しています。上りでも30Mbpsと、双方向ともに安定のスピード感を感じられるでしょう。この通信速度を目的に、他機種から乗り換えを検討する方も少なくはないようです。440Mbpsもあるので、オンラインゲームも楽しみやすいですし、動画の閲覧などにも適しているでしょう。

次に、接続台数の多さです。今の家庭の中では、家族一人一人が様々な端末を利用しているかと思います。接続台数が少ないと、接続できない端末が出てきて何かと不便なのですが、この製品は同時に合計で42台もの端末を利用できるので、気兼ねなく色々なデバイスを接続することが可能です。LANポートもついてるので、ワイアレスに非対応の場合も利用できます。

対応しているネットワークは、WiMAX 2+とau 4G LTEの2種類が設定されており、好ましい方を活用可能です。使用料金などと併せて、お得な通信サービスを利用すると良いでしょう。

工事不要で使える

性能面では、上記の通り確かな品質が備わっていると言えますが、次に気になるのは使いやすさという面ではないでしょうか。インターネットを使い始める際には、工事が必要だったり、設置が面倒だったりというデメリットもついて回ります。しかし、このL01では、そういった面についても心配は不要です。簡単に使い始められるように開発されていますので、手軽にワイヤレスネットワークを構築することができます。

この製品は、入手した後には電源をコンセントに接続するだけで、設置は完了という手軽さがあります。アンテナを設置したり、ケーブルを引いたり等の大掛かりな工事は必要ありません。電源ケーブルをコンセントに刺せば、それで利用を始められます。

電源ケーブルをコンセントに接続し、スタンバイが完了したら、接続したい端末を認識させていくことで、ワイヤレスネットワークを構築できます。従来は、このワイヤレスネットワークを認識させたりするのが大変な作業だったのですが、この製品は手軽な方法で実行できる点は便利です。NFC機能を利用して、端末をかざせば認識してくれるという便利さもあるので、コンピューターが苦手という場合にも利用しやすいでしょう。説明書を読んでいけば、接続方法は比較的簡単かと思います。

セキュリティ面の強み

このように簡単に使い始められますが、色々な設定をしていくことも可能で、高度な利用方法も実現できます。特に、ワイヤレスネットワークではセキュリティー面が心配という方も少なくはないでしょう。近年は色々と問題となることも多いので、このセキュリティーについても、しっかりとしたものを考える事が必要です。

L01では、各種のデータ暗号化や通信キーの設定、パスワードの設定などのセキュリティー対策を行えます。AESなども利用できるので、この点も安心性が感じられます。また、ファイアーウォールを設定することが可能ですから、これによって、外部からの不正な侵入を防止することも期待できます。安心性についてもしっかりと確保されていると考えることが出来るでしょう。

L01の維持費は?

気になる費用についてですが、ネット新規加入など、条件によっては購入費ゼロで利用していくことが可能です。料金プランなどは各プロバイダーによっても変わってきますし、プランによっても変わってきます。この辺りはニーズに見合ったものを選んでいくと良いでしょう。キャッシュバックなども利用できれば、その分お得に使い始められるはずです。

一番人気のGMOとくとくBB WiMAX2+であれば、大雑把ですが平均月3500円程度で維持していけるでしょう。

 

この製品は、デザインも洗練されていてサイズもコンパクトですから、色々なお部屋に設置しやすい点も魅力です。高さは18cm程度しかないので、気軽におけますし、あまり目立ちませんからインテリア面でも、優秀です。

L01はこのように、沢山の魅力があるホームルーターとなっていますので、ワイヤレスネットワークを考える際には、有力な候補となってくれるでしょう。

 

ホームルーターは固定回線の代わりになる?

ホームルーターは契約して工事をほぼしなくても即日でインターネットが使えたり、シンプルな端末で配線も簡易なので部屋がスッキリしたり、料金も安かったり、モバイルルーターよりも速度が安定して早いといったメリットがありますが、固定回線の代わりとして使えるのでしょうか。

ホームルーターの特徴

ホームルーターは端末を配置しますので屋内でしか使用できないですから光回線などの固定回線と比較される事が多いです。

どうしても光回線と比較してしまうと速度が落ちてしまいますが、最新式のホームルーターでしっかりとした契約をすれば代替する事は可能です。

固定回線の煩わしい部分を取っ払った所に魅力があり、インターネットの契約が初めての方でも利用しやすいのが特徴的ですけど、しっかりとした契約と端末であれば速度は安定して高い水準になりますので負荷がとても大きいものでなければ大丈夫です。

高速通信を実現できる新しい方式を取り入れた端末が続々と発表されており、従来のものと比べて数倍の速度を出せるものもあります。

それぐらい進化していますので光回線とまではいきませんが自宅で一般的なインターネットを楽しむぐらいでしたら何も問題なく使用できて代替として使えます。

やっぱり固定回線の代替として使用する場合は料金の安さ、利便性も大事ですけど一番重要になるのが速度と安定性になりますから、そこの部分が安定してきたのは大きいかもしれません。

数年前だと速度も遅く安定性に欠けていましたが、端末と契約業者選びに間違えなければ遜色なくインターネットを楽しめます。

固定回線にはないホームルーターの魅力とは?

固定回線にはないホームルーターにしかない魅力的な部分も多くありまして、それらも踏まえたら十分に代わりとして使えます。

例えば接続方法もスマホやタブレットを用いる事でIDやパスワード入力を不要にする事ができるのでインターネットに繋げる煩わしさを軽減してくれます。

さらに速度が速くなり安定してきたからこそ複数の同時接続が可能となっていまして、有線接続でも同時複数台も可能となっていますから以前のように遅いものという事はありません。

無線規格にも複数対応していますので他の機器に干渉しづらく安定性がさらに増して、無線通信でも電波の届き具合は広まっています。

そして何よりの比較ポイントとなるのが料金の差になります。

先ほどまでき速度と安定性の話であり、複数台でネットゲームをしたり、ストリーミングの動画を楽しんだりすると少しはどうしても劣ってしまいますが、一般的な使い方であれば問題はありません。

そんななかでの料金は比較ですけど、キャンペーンの適用などで変わってきますが、一般的な契約をした場合は初期費用も月額料金も安く契約する事ができます。

業者によっても多少差は発生しますが、初期費用は工事がある光回線だと数万円の費用が発生してしまいますけど、数千円で済ます事ができます。

月額料金も平均で千円程度は安くなっていますので長期的に考えた場合にかなりお得です。

モバイルルーターよりも通信制限や容量が緩くしてある業者も多くありますので困る事は少ないです。

インターネットを頻繁に使用したり、データ量が多い使い方をしたりする人にとってはデメリットな部分が多くなってしまいますので光回線にした方が良いかもしれませんが、少しニュースを見たり、SNSを楽しんだり、動画を楽しんだりする程度だと容量も気にするほどではありません。

一般的に高画質の動画を楽しむためには10Mbpsの速度があれば良いと言われていますので、それ以上の最高速度があり、実測でも上回っていますから代わりにする事ができます。

複数同時に使う環境の場合はどうしても実測は落ちてしまい遅く感じてしまいますが、一人暮らしだったり、ヘビーユーザーでなければ問題はありません。

一般的な使い方をしていれば、差はほとんどないのでどちらのメリットとデメリットを取るかの問題になります。

ホームルーターの弱点は?

唯一、固定回線との違いがあるかと考えた場合は通信制限の問題になりますから、その点は自分がどれくらいインターネットを使うかを考えたら良いかもしれません。

またモバイルルーターとの比較の問題もありまして、複数人で使用する場合は回線を固定した方が良いですし、気楽に使いたい場合はモバイルルーターが向いています。

実はホームルーターは中間の存在になっていまして、これらのメリットとデメリットをもっています。

ホームルーターはどんな人なら固定回線代わりになる?

では、どういった方に向いているかと言いますと転勤を繰り返す人や引越しの用事がある人でしっかりとした回線が欲しい人です。

気楽にインターネットをしたいだけならモバイルルーターの方が向いていますし、しっかりとした回線が欲しいなら光回線の方が良いので転居が多いから工事や複雑な契約が面倒だけどインターネットがしたい方に向いています。

両方のメリットの恩恵を受けられる方に向いており、ホームルーターは固定回線と変わらないように使えますので代替になります。

ホームルーターに最適な置き場所

ホームルーターは部屋のどの場所に置くのが最適?

ホームルーターの置き場所として、大前提となるのはコンセントの周辺となります。ホームルーターの場合、コンセントから電源を供給する形になっており、それにより電波を大きく飛ばすことができるようになっています。実際に飛ばすことができるのは数十メートル程度とされており、それだけ広い範囲に電波を飛ばすことになるため、置き場所としても細かく設定しなくてもいいのではないかと考えても不思議ではありません。しかし、場所によってはせっかくのホームルーターが無駄になってしまうようなところも存在するため、最適な場所に置いておきたいところです。

【おすすめしない2つの置き場所】

1.電波の干渉が起こりやすい置き場所

まず避けるべき場所としては、電波同士の干渉が起きやすいところです。電化製品の中には周波数が同じものを使用しているものがいくつもあります。その電化製品の近くにホームルーターを置いてしまうと、電波同士が干渉し、ホームルーターから出てくる電波が弱くなってしまう恐れがあります。このため、電化製品の近くに設置することは避けなければなりません。同じようにコンセントから電源を供給するような形であるため、干渉を起こしやすいところに置きがちであり、特にコードレス電話などがその近くにあることがよくありますが、できるだけそうならないようにすることが求められます。

2.湿気の多い置き場所

次に湿気を多く含むような場所です。これは地震などの際に水がこぼれて故障の原因になるなどのことではありません。実は電波と水の関係性が大きく関係しています。電波は水に吸収されやすいという特性があります。電波を発信している場所の近くに水を置いてしまうと電波が弱くなってしまいます。水分を吸収しやすい場所ではこうしたことになりやすいため、例えば植物を植えている花壇、観葉植物の近くなどは電波が弱くなる恐れがあります。なかなかこのあたりは盲点となる部分ですが、そうならないようにするためにも、水分の多い場所に置いておかないことが大事になります。

【ホームルーターの特性を知ろう!】

ホームルーターの特性として全方位に電波を飛ばすことができるというのがあります。この特性を活用することが大事ですが、その特性を活用せず、部屋の隅に置いてしまうようなことは避けなければなりません。結果として電波が外に向けて放出されるような状態となるため、うまく活用することができなくなります。また、外に電波が出てしまうことは、セキュリティ面でも非常に危険です。特に鍵などをつけていない場合には外から電波を拾われ、勝手に電波を使われてよからぬことをされる場合もあります。そのため、安全面という観点からも気をつけなければなりません。

【最適なホームルーターの置き場所とは?】

こうしたのを踏まえ、置き場所として最適なのは部屋の真ん中です。全方位に電波を飛ばすことができるようになるため、部屋全体に行き届かせることができるようになります。また、障害物に遮られやすいということもあるため、できるだけ高い位置に置くことも必要です。そのため、地上から1メートル程度のところに置いておけば、広まりやすくなり、障害物にも遮られにくくなります。こうしたことをしていけば、部屋中どこでも電波がつながりやすいような状態となります。

そうしたことを考えると、実に多くの制約、そして、電波特有の特性があることを知ることができます。置き場所もおのずと特定されるようになり、その条件をクリアする場所は場合によってかなり限られることもあります。ただ、置き場所としてあまり適切ではないところを覚えておけば、電波が弱くて困るということもなくなるため、知っておきたいところです。もし部屋の真ん中におけないような場合には、電波を遮る場所には置かないというようにしておけば、それで十分です。

ホームルーターでも中継器は使える?

ここでは家の固定回線では比較的使われているWi-Fi電波の中継器がホームルーターでも使えるのか?について紹介していきます。

中継器はホームルーターでも使えます

スマートフォンやタブレット端末といった無線通信をするデバイスの所有率が高まっている上に、昨今のノートパソコンは有線通信するためのポートが排除されているモデルも多いので、自宅にホームルーターを導入しWi-Fi通信をしている方が増えています。

しかし、物理的にケーブルで接続しておらず、法律に則って個人的な利用範囲内で収まる電波の強さなので、設置場所やデバイスを用いる場所によって接続が安定しない事例があります。

親機と呼ばれるアクセスポイントを増台させて対応する方法もあるものの、ケーブルの処理が手間になりますし、ケーブルにより見栄えと生活環境が悪化してしまいます。

そうした悩みやジレンマを一括でクリアにしてくれるのがホームルーター用の中継器であり、親機とは違う橋渡し役ならではの恩恵が得られます。

中継器はあくまでもWi-Fi電波を中継するだけのもの。ホームルーターでも光回線のような固定回線でも関係ありません。

Wi-Fi電波の安定性

日本のように比較的面積が狭い住環境なら不都合は感じにくいというのは誤った認識であり、その理由は強弱や安定性は距離だけに左右されるわけではないためです。

たとえ近い所に設置していたとしても、キッチンや洗面所といった水まわりは遮られやすいので、使い心地に差異が出てしまうのです。

一筋縄ではいかず、一つ一つ原因箇所を特定していく必要がありますが、あらゆる原因で電波状況が悪くなってしまっている時にサポートしてくれるのが中継器です。

そのようなホームルーターに中継器を介する事により得られるメリットは、利用時に端末側に行っている設定を変更しなくても良い点であり、従来通りのまま引き継いで使い続けられます。

しかも、アクセスポイントと連携させる場合も難しい手順を踏む必要性が無いので、使いやすくて実際に利用される方が増えてきています。

中継器の価格は?

インターネットの普及に伴い需要が高まってきているので全体的な価格相場が低くなりつつあり、手頃に買い求められるようになってきていて今日においては、1万円でお釣りが出るほど安くなっています。

また、中継器という特性上比較的生活環境の中心部に設置しなければならないのですが、手のひらに載せられるほど小型なサイズですし見た目もすっきりとしていて清潔感があるので、室内空間に導入する際に躊躇しません。

本元のアクセスポイントをより一層強い電波を放つことができるホームルーターに切り替えるという選択肢もあるものの、複数台のマシンの設定をし直したり配線の引き直しを考慮すると中継器の方が魅力的ですし、出費額も小さくさせられます。

ホームルーターのメリットを解説!

ホームルーターってどういうもの?

ホームルーターは、家庭内に設置してインターネット回線を利用するためのルーターのことです。同様に家庭内で使用されるブロードバンドルーターとは明確に区別され、主にWIMAX規格で使用されるものを指します。

WIMAXは無線通信規格の一つで、正式にはIEEE 802.16-2004規格のことで、モバイルWIMAXとも異なり、最大70Mbps程度での通信を可能としています。モバイルWIMAXを使用する場合はモバイルルーターを利用しますが、ホームルーターには多くのメリットが存在します。

一般的なブロードバンドルーターの場合、WAN側の回線と有線で接続するため、光回線やADSL、もしくはケーブルテレビ回線のいずれかを使用すると、事前に回線工事を必要とします。

一方、ホームルーターはWIMAX規格による通信となり、サービスエリア内であれば回線工事が不要で、購入後設置するだけですぐに使用可能となります。

メリットは?

電波強度の強さも、ホームルーターのメリットです。一般的なモバイルルーターは充電池を電源としているため、電波出力は抑えられる傾向にあり、接続可能な距離はルーターから15m程度となります。所持状態での通常使用では問題ありませんが、荷物を置いて端末のみ持ち歩く場合、通信できない可能性は否めません。

一方、ホームルーターの場合は通信用アンテナが実装されているため、機種にもよりますが50m程度は通信可能となっており、家庭内であればフロアが異なってもほぼ通信可能です。当然ながらルーターを持ち歩く必要がなく、帯域にも余裕があるため、複数台の同時使用でもほぼ問題なく使用することができます。据え置きタイプですから、モバイルルーターのように充電の心配もありません。

使用の際には、セキュリティ面に関しては他のルーターと同様注意して運用する必要があります。

ホームルーターなら安全な運用ができます

一部の機種では、2種類のSSIDを設定することができます。SSIDは接続時の認証に使われるもので、共有キーと共に通信し、認証されれば接続され利用が可能となりますが、古いネットワーク機器の中には最新の暗号化方式に対応していないものも存在します。

旧式のネットワーク機器も含めて、全てを接続可能な状態にする場合、古い暗号化方式に設定する必要があるため、セキュリティ面で危険にさらされることになりかねません。しかし、SSIDが2種類設定できれば、暗号化方式を分けることができるため、リスクを分散することに繋がりより安全な運用が可能となります。

デメリットは?

室内に設置して使用するホームルーターには、電波を受信しやすい、同時接続数が多いので家族全員がネットにつながる端末を持っているときでも使いやすいなどのメリットがあります。

しかし、ホームルーターにはデメリットもあり、使いにくいと感じる部分も少なくありません。

【サイズ】

モバイル型のルーターに比べてデメリットとなるのは、サイズです。

ホームルーターは、基本的に室内に設置して使うように設計されています。モバイルルーターのように、屋外に持ち出し外出先で使うことは想定していません。そのため、機器のサイズは小型化されておらず、持ち出すには難しい大型サイズとなっています。

そもそもバッテリーを搭載していないので、屋外で使うためには電源の確保を考える必要もあります。 つまり、室内と屋外の両方で使うことは、基本的にできない仕様になっていると言えるのです。屋外で使うことも考えているなら、素直にモバイルルーターを選ぶべきでしょう。

【料金体系】

契約する会社によっては、料金体系が複雑でわかりにくいのもデメリットです。

この点については、料金体系がわかりやすい会社を選べば、解消することができるので問題ありません。 しかし、携帯電話のキャリアと併せて使いたいと考えているなら、料金体系が複雑だとわかりづらいです。契約する際には、納得できるまでショップのスタッフに説明してもらい、料金体系を理解しておきましょう。

【回線の安定性】

室内に引く光回線と比較したときのデメリットは、回線の安定性です。

光回線は有線なので常に安定しており、極端につながりにくくなることはありません。近年は通信量の増加により遅いことも増えてきたようですが、基本的に常に安定した速度でインターネットを楽しめるので、ストレスもないでしょう。 しかし、ホームルーターの場合は有線ではなく無線なので、安定性は低いです。 周囲の環境も安定性には影響を及ぼすので、設置場所によってはインターネットを楽しんでいる途中で回線がブツブツ切れ、ストレスを感じることになります。

また、光回線と比較すると当然ながら速度も遅いので、大容量のファイルをやりとりするのに数時間かかります。 動画をストリーミング再生しているときも、回線が安定せず速度も遅くなるので、途中で再読込が発生したり画質が低下して、スムーズに楽しむことができません。 ホームルーターにはメリットもありますが、持ち運びできない、回線速度が遅く不安定といったデメリットもあるので、契約した後の使い方も考えながら選ぶようにしましょう。

ホームルーターが繋がらない!原因と対処方法は?

外出先の場合はモバイルルーターを利用する事になりますが、自宅で過ごす場合はホームルーターを利用してWiFi環境を整えることができます。ホームルーターの方がモバイルルーターよりもより強いWiFi電波が期待できるからです。もちろん、上手に活用してスマートフォンやタブレットで快適にインターネットを楽しむことができるようになっています。

しかし、実際に利用しようとすると、時には繋がらないというトラブルが発生してしまうことも少なくありません。

【繋がらないのはWiFi無線が主な原因です】

そもそもWiFiとは無線でインターネットを利用する技術のことで、現在では家庭だけでなく公共の施設でも利用できるようになっています。

しかし電波が飛んでいるはずですが、実際にスマートフォンやタブレットを利用しようとすると電波を受信できない状態になってしまう事が有ります。

例えば、接続中と言う表示がずっと出ていたり、インターネットに接続できませんと言う表示が出る等がその症状の一つです。

それ以外ではネット接続は出来ても通信速度が遅かったり、突然接続が切れる、頻繁に接続が切れると言うトラブルが発生する事も有ります。

【WiFiが繋がらない原因その1】

この様にホームルーターを利用しているにも関わらず、WiFiに繋がらない原因の一つとしてまず考えられるのが機器の故障です。

この場合はホームルーター本体にトラブルが発生している為、機器の修理交換という対処方法を選びます。

しかし実は故障以外にも繋がらなくなってしまう場合があります。

【WiFiが繋がらない原因その2】

例えば利用しようと思っている機器とホームルーターの間に距離があり過ぎる場合や、何らかの障害がある場合です。

電波は遠くへ行く程届きにくくなる性質がありますが、それ以外にもガラスやコンクリート、さらには水等にも反射してしまいます。

さらに2階建ての家の場合は1階であればネット接続ができても、2階では難しいと言う事も有ります。

この場合は出来るだけルーターとスマートフォン等の受信機を近づけて利用するようにすると繋がります。もちろんルーター本体の置き場所を変えると言うのも一つの方法です。

そうする事によって間に障害が無い状態になるので、繋がりやすくなる可能性があ有るからです。

【WiFiが繋がらない原因その3】

また、ルーターや受信機側に入っているソフトのバージョンが古いと言う事も有ります。

通常自動で更新する設定になっていれば定期的に更新を繰り返してくれる為に最新版が入っている状態になりますが、手動で行う設定になっている場合は古いバージョンの物が入ったままになっている可能性があるのです。

この場合、古いソフトをそのまま利用していると、通信速度が遅くなってしまう時が出て来ます。この時の対処方法は手動で新しいソフトに更新する事、さらに今後同じ事態にならないように更新を忘れてしまいそうな場合は自動更新に設定し直しておきます。

【WiFiが繋がらない原因その他】

それ以外で考えられる原因としては、そもそも通信が混雑していると言う可能性があります。

WiFiを利用する機器は数多くありますが、一度に複数の端末を同時に利用してしまうと通信が遅くなってしまうことがあるのです。

さらに通信障害やルーター自体に異常が発生してしまっている時も通信速度が遅くなり、結果的になかなか繋がらないという事態に陥りかねません。

この場合、利用している端末が多すぎる時は端末の数を減らす事で簡単に対処できます。

また異常が発生している場合は既に本体にエラー表示が出ている可能性もあるので、その場合は本体の再起動を行う方法も有ります。

【まとめ】

この様に、一言でホームルーターが繋がらいと言っても、様々な原因があります。

本当に故障していることが分かっている場合は修理を依頼すると言うのが最も早い方法だと言えます。

しかし原因が分からないと言う時は、いくつかの方法を試してみる事も可能です。

また故障もしておらず、さらに間に気になるような障害がないにも関わらず繋がらない場合は、中継器を利用すると言う方法も有ります。

広い場所で利用する場合は中継器を上手に活用する事で、よりWiFi環境を安定させることが出来るからです。

また、見落としがちなのがフリーWiFiの存在です。

ルーターの位置を変え、さらに故障もしておらず、利用している端末が少ない場合はもしかしたらフリーWiFiの影響で繋がらなくなってしまっている可能性があります。

この場合の対処法は、つなげる電波を選ぶ事です。

そうすれば自分が利用したい電波を利用してインターネットを楽しむことができるようになるからです。

ルーターを設置したにも関わらずWiFIに繋がらない場合、本体が故障しているのではないかと考えてしまいがちですが、実際にはそれ以外の原因が関係している場合も有ります。

一つ一つ状態を見てそれが原因になっているかどうか調べて行くと、今まで繋がらなかった場合でもインターネットに何かのタイミングでつなげられる様になる可能性もあります。

もちろん色々と対処方法を試してみてもダメな場合は、サポートセンターに連絡をして修理等の依頼をする事になります。

WiMAXのホームルーターとモバイルルーターの違い

ルーターと言えばモバイルタイプが代表的でしょう。外でもインターネットを楽しむための便利アイテムであり、尚且つ高速通信ができますのでストレスなくサクサクと利用できます。しかしながらその他にもWiMAXのホームルーターもタイプのひとつとして存在します。

いずれもルーターの機能を持っており、基本的な使い方自体は同じです。ただ相違点もいくつかありますし、用途によってはモバイルルーターよりもホームルーターの方がマッチすることもあるのです。

【サイズの違い】

分かりやすい違いとしては何と言ってもサイズでしょう。

モバイルタイプは持ち運びを前提としていますので、本体は軽量で小型のサイズとなっています。ポケットにも気軽に入れられるサイズであり、クレードルから取り外して持ち出せば外でも自宅と同じようにインターネットを楽しむことが可能です。

一方のホームタイプはサイズが大きいです。そもそもモバイルタイプと違い持ち運びをするものではなく、据え置きとして使用するものですので携帯をしやすいという強みはありません。

こうしたサイズの違いは選択の大きな分かれ目になると言えるでしょう。持ち運びをしたい場合はモバイルルーター、自宅やオフィスなどで使いたい場合はホームルーターを選ぶのが良いです。

しかしながら、携帯性だけの比較ですとホームタイプの魅力はあまり感じられないはずです。単に持ち運びのしやすさが違うのなら、自宅でも外でも使用することができるモバイルタイプの方に魅力を感じるでしょう。ただ両者には携帯性以外の明確な違いもあります。

【電波送受信力の違い】

2つのモデルで違うのは電波を飛ばす力です。

モバイルルーターの場合は、クレードルに装着して給電をしながらの利用だとしても、25mくらいまでしか電波を飛ばすことはできません。

その点、ホームルーターの場合は60m程度は余裕で電波が飛びます。電波が飛びやすいということはそれだけ離れた場所でもインターネットをしやすいわけですから、例えば戸建ての各部屋でストレスなく通信をしたい時にはホームタイプの方が適しています。

両者にこれだけ電波の力に違いがある理由としては、バッテリーのスペックに相違があるからです。モバイルタイプは外でも使用するためにバッテリーの持ち具合を良くしなければいけませんが、そのためには電波の強さをコントロールする必要があります。一方のホームタイプは室内で使用するものですのでコンセントからの給電がメインであり、バッテリーの心配がないために電波を強力に飛ばすことが可能です。

その他にもアンテナのサイズも関係しています。ホームタイプの方がアンテナは大きいですから、より遠くまで電波を飛ばせます。モバイルタイプは携帯性の問題もあってアンテナも小さく設計されているのです。

【同時接続台数の違い】

両者の違いとしては、同時に接続できる機器の台数についても挙げられます。今や様々な機器をインターネットに繋げて楽しむ時代ですので、パソコンやスマートフォン、タブレットをはじめ、テレビやプリンター、ゲーム機など、一般家庭でも沢山の機器が接続されています。

しかしながらモバイルルーターですと10台程度しか同時接続ができません。インターネットをあまり使わなかったり一人暮らしだったりするとそれでも十分なこともあるかもしれませんが、家族などでの複数人での使用となると、接続ができない機器も出てきて不便になる可能性があります。そういった場合でもホームルーターなら安心です。機種にもよりますが最大で40台程度の接続をすることが可能ですのでどんな機器も接続することができますし、ゆとりを持ってインターネットを楽しめることでしょう。

【ホームルーターとモバイルルーター、どちらを選ぶべき?】

このような相違点が両者にはあるわけですが、そこで気になりやすいのがどちらの方を選択すれば良いのかについてです。なお料金に関しては殆ど差がありません。モバイルルーターの場合はLTEオプションを使うことで多少はコストが上がりますが、それでも差が大きく開くことはないです。そのため料金以外の面を比較しながら選択することになるでしょう。いずれにもメリット・デメリットがありますから、どのように使いたいかを踏まえて選択することが大切です。

【モバイルルーターが最適な人】

例えば外でも利用したい人はやはり迷うことなくモバイルタイプでしょう。なんと言っても携帯性に優れていますので便利です。また、一台のルーターに絞っておけば、接続先が変わる度に設定をする必要がなく、一度の設定で済みますので簡単です。そのため煩わしい手間を感じたくない時にも適しています。

【ホームルーターが最適な人】

外で利用する予定はなく、とにかく安定したインターネットを希望する場合はホームタイプが最適です。電波に関しては優位性がありますのでモバイルタイプよりも満足度は大きくなるはずです。また、接続台数も多いですから、自宅で家族みんなで使いたい時にも打ってつけですし、これからインターネットに接続する機器を増やす際にも余裕があった方が安心と言えます。

ホームルーターの選び方

WiMAXホームルーターの選び方

WiMAXのモバイルデータ通信は、手のひらサイズのモバイルルーターで、自宅でも外出先でも、場所を選ばず利用できる方法だけではなく、宅内に据え置き型のホームルーターを設置して利用する方法もあります。

ホームルーターを利用するメリットには、モバイルルーターと比較して、大きなアンテナを搭載しているため、受信感度が良いこと、ACアダプターから安定した電源供給を受けるため、バッテリーの残量を気にする必要が一切無いこと、有線LAN端子がはじめから内蔵されているので、パソコンなどをLANケーブルで接続して利用する際には、無線LANのような回線損失が発生しないため、WiMAXが持つ、本来のスピードを最大限に活かせることが挙げられます。

現行のモデルでは、Speed Wi-Fi HOME L01と、novas Home+CAがあり、多くのユーザーが、まずはじめにどちらにするか迷うところです。

大きなポイントとなるのが、L01は下り最大440MbpsのWiMAX2+に加えてau 4G LTEにも対応している一方、novas Home+CAは下り最大220MbpsのWiMAX2+のみの対応となっているところです。

L01が持つポテンシャルを最大限に活かすためには、利用する場所が、マルチキャリアアグリゲーションを採用したハイスピードプラスエリアモードの対応エリアである必要がありますが、非対応エリアである場合は、下位互換のハイスピードモードで接続されるため、宝の持ち腐れとなってしまいます。

もうひとつはアンテナの形状にあり、L01は、スタイリッシュなデザインを優先し、本体内部にアンテナが組み込まれていますが、novas Home+CAは、本体の外部に2本のアンテナが飛び出したデザインとなっているだけではなく、そのアンテナを取り外し、アンテナケーブルで接続して離れた場所に設置することも可能なので、例えば、常に管理できるパソコンの傍にnovas Home+CA本体を設置し、受信感度の良い窓際などに、アンテナを設置するという運用も可能です。

選び方としては、WiMAX2+をハイスピードプラスエリアモード対応エリアで利用するなら、Speed Wi-Fi HOME L01一択ですが、非対応エリアでの利用、または、ハイスピードプラスエリアモードを必要としない用途に加えて、電波の受信感度に不安があるのなら、アンテナの設置場所に自由度が高いnovas Home+CAを選択するのが、おすすめです。

ソフトバンクホームルーターの選び方

ソフトバンクのAXGPに対応した工事不要の快適なモバイルデータ通信が、屋内で固定回線のように利用できるソフトバンクAirで使用するホームルーターは、3種類のモデルが提供されています。

もっともスタンダードなAirターミナルは、初期のモデルですが、用途によっては十分な性能を持ち、料金もいちばんリーズナブルとなっており、コンパクトなボディに、2本のアンテナが突き出したデザインが特長です。

モバイルデータ通信はAXGPの下り最大110Mbps、Wi-FiはIEEE802.11nの最大300Mbps、Wi-Fiクライアント最大接続数は32台までとなっています。

ソフトバンクAirの月額利用料金とホームルーターのセットに各種割引が適当された料金は、割賦購入する場合は月額3696円、レンタルする場合は月額4186円となります。

ミドルレンジのAirターミナル2は、アンテナがボックス内に内蔵されたスタイリッシュなデザインに刷新されました。

モバイルデータ通信はAXGPの下り最大261Mbps、Wi-FiはIEEE802.11acの最大866Mbps、Wi-Fiクライアント最大接続数は64台までとなっています。

割賦購入する場合は月額4880円、レンタルする場合は月額5370円となります。

ハイエンドモデルのAirターミナル3は、Airターミナル2と同様のデザインですが、モバイルデータ通信の形式が、AXGPに加えて、TDD-LTEが加わり、下り最大350Mbpsとなり、高速化と接続の多様性を実現しています。

Wi-Fiの形式と、Wi-FIクライアント最大接続数は、Airターミナル2と同様となっています。

月額利用料もAirターミナルと同様で、割賦購入する場合は月額4880円、レンタルする場合は月額5370円となります。

この中からおすすめは、より高速で快適なモバイルデータ通信を利用したいなら、Airターミナル3ですが、TDD-LTE非対応エリアでは、その能力を発揮できないため、非対応エリアで使用し、少しでもリーズナブルな料金で利用したい場合は、初代Airターミナルとなります。

SIMフリーホームルーターの選び方 おすすめは?

日本では、インターネットを使う人が多くなり、パソコンやスマートフォン、タブレットなど、1人で数台の端末を持つ人も少なくありません。

モバイルルーターは、家でも外出先でも使うことができるので非常に便利なのですが、自宅で使うには性能が弱いです。

最近は、性能が高く、工事の必要もないホームルーターが人気を集めています。自宅に届いたらすぐに使えるので、屋内工事で感じる煩わしさもありません。また、モバイルルーターよりも広範囲に電波を飛ばすことができるので、一軒家に引っ越した場合でも快適なインターネット環境を作れます。

古いマンションの中には、旧式の回線を未だに使っているマンションもあります。ホームルーターがあれば、旧式の回線を使っているマンションでも、すぐに快適なインターネット環境が実現します。

ホームルーターを選ぶ場合、気になるのが利用料金ですが、固定回線と比較して1000円から1500円くらいアップするケースが多いです。

SIMフリーのホームルーターを使えば、格安で利用することも可能です。 需要があるため、様々なメーカーがホームルーターを販売していますが、自分に合ったルーターを選ぶには、選び方も重要です。

どのルーターを選べばよいか迷った場合は、比較サイトや口コミサイトが参考になります。比較サイトは、各社のルーターを比較して性能や価格についての説明を載せているので、それぞれの製品のメリットが一目でわかります。

ホームルーターの中では、WiMAXのL01sが人気を集めています。 SIMフリーモデルは、MVNOの選び方でパフォーマンスが大きく変わります。基本的に、データ通信プランには契約期間の制約がないので、速度が遅いと感じた場合は、乗り換えることが大事です。

データ容量の制限がないプランの場合は、速度に注意が必要です。 ホームルーターは、メーカーによって特徴があるので、自分のライフスタイルに合ったホームルーターを選ぶことが大切です。

WiMAXのホームルーター

wimax ホームルーターを徹底比較!

WiMAXに対応しているおすすめのホームルーター、novas Home+CAとSpeed Wi-Fi Home L01、URoad-Home2+のを徹底的に比較します。

現在あるWiMAXのホームルーターの中で最大の通信速度は440Mbpsです。

Speed Wi-Fi Home L01は通信速度440Mbpsを出せる優れものです。

次に高い速度を出すことが出来るホームルーターは、novas Home+CAでこのルーターが持つ最大の通信速度は220Mbpsです。

もう一つのWiMAXホームルーターのURoad-Home2+は、最大で110Mbpsと通信速度遅いため自ら積極的に選ぶ理由はないですね。

しかし通信速度以外に利点があるかもしれないのでここで見限るのは早いです。

この速度の数値はあくまでも速い通信速度を出す条件が揃っている状態なので、実際にこの速度が出るかはわからないので、通信環境で不便を感じることのないものを使いたいのであれば、最大通信速度の高いSpeed Wi-Fi Home L01を選んでください。

外付けアンテナがあるのかないのかも非常に大事なところです。

内蔵されているアンテナは固定されているため向きを調節することが不可能です。

逆に外付けアンテナは角度や向きを自由に調節できるメリットがあります。

URoad-Home2+とnovas Home+CAには、ちゃんと外付けアンテナが取り付けてあるので、電波のコントロールミスや受信漏れなどを起こすことがないというわけです。

室内で通信機器を弄っているときに、電波の届きづらさに違和感を感じたこと人はいるでしょう。

住宅の構造によっては、Wi-Fiの届きづらい通信環境があるので、そのような住宅にお住みの方はnovas Home+CAが選んでください。

Speed Wi-Fi Home L01は外付けアンテナがついていないので、novas Home+CA、URoad-Home2+と比較するとやはり電波が弱いです。

wimax ホームルーターの速度は?

工事不要でモバイルルーターよりも安定して使えることから現在人気を集めているホームルーターですが、中でもWiMAXの提供するサービスが注目です。

もちろん契約プランやどの機種のルーターを選択するかによって違いは出て来ますが、通信速度を求めるならばWiMAX2+で最大440Mbpsもの数値が望めます。これだけでも通常時であれば十分満足できる方も多いのですが、加えて電波のタイプが異なるau 4G LTEへの切り替えを併用する事で更に対応の幅が広がります。

また複数の端末を同時に利用する場合にも一定の速度を維持してくれる他、最近では見た目もオシャレでシンプルなホームルーターが増えているので、周りのインテリアの邪魔になりにくいなどWiMAXならではの嬉しいポイントが豊富です。

毎日のお仕事やリラックスタイムの遊びなどにWiMAXを取り入れることで快適な通信環境を作り出し、より有意義な時間を過ごすことへと繋がります。

wimax ホームルーターの価格は?

WiMAXはモバイル回線の一つであり、実際にインターネットに繋ぐ際はホームルーターと呼ばれる端末を使用する必要があります。

そしてその端末が故障してしまうとインターネットが出来なくなってしまうため、交換を行う必要があるのですが、その交換方法には主に2つの方法があると言えるでしょう。

1つ目は、契約したショップなどで新しいものを購入するという方法で、2つ目は、中古品を購入するという方法になります。 まず、契約したショップで購入する場合については、一番安心できる方法だと言えますが、購入費用として20000円程度かかります。

そして中古品の場合については、ネットショッピングやネットオークションで購入できるほか、中古家電を扱っている店舗でも購入することが可能であり、比較的安い価格で購入することができます。中古品の価格の相場は、安いもので3000円台からあり、高いものでも10000円程度で購入することが可能です。

おトクなキャンペーン

工事が不要で、自宅に届いたらすぐに使えるWiMAXのホームルーターが大人気です。

ホームルーターは、モバイルルーターよりも性能が高く、多くの端末を接続して使えます。WiMAXのホームルーターは、シンプルなデザインなので、リビングにも寝室にもマッチします。LED消灯モードを搭載しているので、就寝時にも邪魔になりません。 性能も高く、下り最大440Mbpsを実現しています。

Wi-Fiだけでなく、有線LANポートも搭載されているので、自分のライフスタイルに合った使い方ができます。11acと11nが同時利用でき、それぞれ20台まで接続することができます。11acは、他の機器との干渉が少ないため、スムーズな通信が可能です。11nは、対応機器が多いので、たくさんの機器との通信が可能となっています。

キャンペーンを利用することで、月額料金が安くなります。また、プランによっては、LTEオプション料が無料となります。