WiMAXのホームルーターとモバイルルーターの違い

ルーターと言えばモバイルタイプが代表的でしょう。外でもインターネットを楽しむための便利アイテムであり、尚且つ高速通信ができますのでストレスなくサクサクと利用できます。しかしながらその他にもWiMAXのホームルーターもタイプのひとつとして存在します。

いずれもルーターの機能を持っており、基本的な使い方自体は同じです。ただ相違点もいくつかありますし、用途によってはモバイルルーターよりもホームルーターの方がマッチすることもあるのです。

【サイズの違い】

分かりやすい違いとしては何と言ってもサイズでしょう。

モバイルタイプは持ち運びを前提としていますので、本体は軽量で小型のサイズとなっています。ポケットにも気軽に入れられるサイズであり、クレードルから取り外して持ち出せば外でも自宅と同じようにインターネットを楽しむことが可能です。

一方のホームタイプはサイズが大きいです。そもそもモバイルタイプと違い持ち運びをするものではなく、据え置きとして使用するものですので携帯をしやすいという強みはありません。

こうしたサイズの違いは選択の大きな分かれ目になると言えるでしょう。持ち運びをしたい場合はモバイルルーター、自宅やオフィスなどで使いたい場合はホームルーターを選ぶのが良いです。

しかしながら、携帯性だけの比較ですとホームタイプの魅力はあまり感じられないはずです。単に持ち運びのしやすさが違うのなら、自宅でも外でも使用することができるモバイルタイプの方に魅力を感じるでしょう。ただ両者には携帯性以外の明確な違いもあります。

【電波送受信力の違い】

2つのモデルで違うのは電波を飛ばす力です。

モバイルルーターの場合は、クレードルに装着して給電をしながらの利用だとしても、25mくらいまでしか電波を飛ばすことはできません。

その点、ホームルーターの場合は60m程度は余裕で電波が飛びます。電波が飛びやすいということはそれだけ離れた場所でもインターネットをしやすいわけですから、例えば戸建ての各部屋でストレスなく通信をしたい時にはホームタイプの方が適しています。

両者にこれだけ電波の力に違いがある理由としては、バッテリーのスペックに相違があるからです。モバイルタイプは外でも使用するためにバッテリーの持ち具合を良くしなければいけませんが、そのためには電波の強さをコントロールする必要があります。一方のホームタイプは室内で使用するものですのでコンセントからの給電がメインであり、バッテリーの心配がないために電波を強力に飛ばすことが可能です。

その他にもアンテナのサイズも関係しています。ホームタイプの方がアンテナは大きいですから、より遠くまで電波を飛ばせます。モバイルタイプは携帯性の問題もあってアンテナも小さく設計されているのです。

【同時接続台数の違い】

両者の違いとしては、同時に接続できる機器の台数についても挙げられます。今や様々な機器をインターネットに繋げて楽しむ時代ですので、パソコンやスマートフォン、タブレットをはじめ、テレビやプリンター、ゲーム機など、一般家庭でも沢山の機器が接続されています。

しかしながらモバイルルーターですと10台程度しか同時接続ができません。インターネットをあまり使わなかったり一人暮らしだったりするとそれでも十分なこともあるかもしれませんが、家族などでの複数人での使用となると、接続ができない機器も出てきて不便になる可能性があります。そういった場合でもホームルーターなら安心です。機種にもよりますが最大で40台程度の接続をすることが可能ですのでどんな機器も接続することができますし、ゆとりを持ってインターネットを楽しめることでしょう。

【ホームルーターとモバイルルーター、どちらを選ぶべき?】

このような相違点が両者にはあるわけですが、そこで気になりやすいのがどちらの方を選択すれば良いのかについてです。なお料金に関しては殆ど差がありません。モバイルルーターの場合はLTEオプションを使うことで多少はコストが上がりますが、それでも差が大きく開くことはないです。そのため料金以外の面を比較しながら選択することになるでしょう。いずれにもメリット・デメリットがありますから、どのように使いたいかを踏まえて選択することが大切です。

【モバイルルーターが最適な人】

例えば外でも利用したい人はやはり迷うことなくモバイルタイプでしょう。なんと言っても携帯性に優れていますので便利です。また、一台のルーターに絞っておけば、接続先が変わる度に設定をする必要がなく、一度の設定で済みますので簡単です。そのため煩わしい手間を感じたくない時にも適しています。

【ホームルーターが最適な人】

外で利用する予定はなく、とにかく安定したインターネットを希望する場合はホームタイプが最適です。電波に関しては優位性がありますのでモバイルタイプよりも満足度は大きくなるはずです。また、接続台数も多いですから、自宅で家族みんなで使いたい時にも打ってつけですし、これからインターネットに接続する機器を増やす際にも余裕があった方が安心と言えます。

ホームルーターの選び方

WiMAXホームルーターの選び方

WiMAXのモバイルデータ通信は、手のひらサイズのモバイルルーターで、自宅でも外出先でも、場所を選ばず利用できる方法だけではなく、宅内に据え置き型のホームルーターを設置して利用する方法もあります。

ホームルーターを利用するメリットには、モバイルルーターと比較して、大きなアンテナを搭載しているため、受信感度が良いこと、ACアダプターから安定した電源供給を受けるため、バッテリーの残量を気にする必要が一切無いこと、有線LAN端子がはじめから内蔵されているので、パソコンなどをLANケーブルで接続して利用する際には、無線LANのような回線損失が発生しないため、WiMAXが持つ、本来のスピードを最大限に活かせることが挙げられます。

現行のモデルでは、Speed Wi-Fi HOME L01と、novas Home+CAがあり、多くのユーザーが、まずはじめにどちらにするか迷うところです。

大きなポイントとなるのが、L01は下り最大440MbpsのWiMAX2+に加えてau 4G LTEにも対応している一方、novas Home+CAは下り最大220MbpsのWiMAX2+のみの対応となっているところです。

L01が持つポテンシャルを最大限に活かすためには、利用する場所が、マルチキャリアアグリゲーションを採用したハイスピードプラスエリアモードの対応エリアである必要がありますが、非対応エリアである場合は、下位互換のハイスピードモードで接続されるため、宝の持ち腐れとなってしまいます。

もうひとつはアンテナの形状にあり、L01は、スタイリッシュなデザインを優先し、本体内部にアンテナが組み込まれていますが、novas Home+CAは、本体の外部に2本のアンテナが飛び出したデザインとなっているだけではなく、そのアンテナを取り外し、アンテナケーブルで接続して離れた場所に設置することも可能なので、例えば、常に管理できるパソコンの傍にnovas Home+CA本体を設置し、受信感度の良い窓際などに、アンテナを設置するという運用も可能です。

選び方としては、WiMAX2+をハイスピードプラスエリアモード対応エリアで利用するなら、Speed Wi-Fi HOME L01一択ですが、非対応エリアでの利用、または、ハイスピードプラスエリアモードを必要としない用途に加えて、電波の受信感度に不安があるのなら、アンテナの設置場所に自由度が高いnovas Home+CAを選択するのが、おすすめです。

ソフトバンクホームルーターの選び方

ソフトバンクのAXGPに対応した工事不要の快適なモバイルデータ通信が、屋内で固定回線のように利用できるソフトバンクAirで使用するホームルーターは、3種類のモデルが提供されています。

もっともスタンダードなAirターミナルは、初期のモデルですが、用途によっては十分な性能を持ち、料金もいちばんリーズナブルとなっており、コンパクトなボディに、2本のアンテナが突き出したデザインが特長です。

モバイルデータ通信はAXGPの下り最大110Mbps、Wi-FiはIEEE802.11nの最大300Mbps、Wi-Fiクライアント最大接続数は32台までとなっています。

ソフトバンクAirの月額利用料金とホームルーターのセットに各種割引が適当された料金は、割賦購入する場合は月額3696円、レンタルする場合は月額4186円となります。

ミドルレンジのAirターミナル2は、アンテナがボックス内に内蔵されたスタイリッシュなデザインに刷新されました。

モバイルデータ通信はAXGPの下り最大261Mbps、Wi-FiはIEEE802.11acの最大866Mbps、Wi-Fiクライアント最大接続数は64台までとなっています。

割賦購入する場合は月額4880円、レンタルする場合は月額5370円となります。

ハイエンドモデルのAirターミナル3は、Airターミナル2と同様のデザインですが、モバイルデータ通信の形式が、AXGPに加えて、TDD-LTEが加わり、下り最大350Mbpsとなり、高速化と接続の多様性を実現しています。

Wi-Fiの形式と、Wi-FIクライアント最大接続数は、Airターミナル2と同様となっています。

月額利用料もAirターミナルと同様で、割賦購入する場合は月額4880円、レンタルする場合は月額5370円となります。

この中からおすすめは、より高速で快適なモバイルデータ通信を利用したいなら、Airターミナル3ですが、TDD-LTE非対応エリアでは、その能力を発揮できないため、非対応エリアで使用し、少しでもリーズナブルな料金で利用したい場合は、初代Airターミナルとなります。

SIMフリーホームルーターの選び方 おすすめは?

日本では、インターネットを使う人が多くなり、パソコンやスマートフォン、タブレットなど、1人で数台の端末を持つ人も少なくありません。

モバイルルーターは、家でも外出先でも使うことができるので非常に便利なのですが、自宅で使うには性能が弱いです。

最近は、性能が高く、工事の必要もないホームルーターが人気を集めています。自宅に届いたらすぐに使えるので、屋内工事で感じる煩わしさもありません。また、モバイルルーターよりも広範囲に電波を飛ばすことができるので、一軒家に引っ越した場合でも快適なインターネット環境を作れます。

古いマンションの中には、旧式の回線を未だに使っているマンションもあります。ホームルーターがあれば、旧式の回線を使っているマンションでも、すぐに快適なインターネット環境が実現します。

ホームルーターを選ぶ場合、気になるのが利用料金ですが、固定回線と比較して1000円から1500円くらいアップするケースが多いです。

SIMフリーのホームルーターを使えば、格安で利用することも可能です。 需要があるため、様々なメーカーがホームルーターを販売していますが、自分に合ったルーターを選ぶには、選び方も重要です。

どのルーターを選べばよいか迷った場合は、比較サイトや口コミサイトが参考になります。比較サイトは、各社のルーターを比較して性能や価格についての説明を載せているので、それぞれの製品のメリットが一目でわかります。

ホームルーターの中では、WiMAXのL01sが人気を集めています。 SIMフリーモデルは、MVNOの選び方でパフォーマンスが大きく変わります。基本的に、データ通信プランには契約期間の制約がないので、速度が遅いと感じた場合は、乗り換えることが大事です。

データ容量の制限がないプランの場合は、速度に注意が必要です。 ホームルーターは、メーカーによって特徴があるので、自分のライフスタイルに合ったホームルーターを選ぶことが大切です。

WiMAXのホームルーター

wimax ホームルーターを徹底比較!

WiMAXに対応しているおすすめのホームルーター、novas Home+CAとSpeed Wi-Fi Home L01、URoad-Home2+のを徹底的に比較します。

現在あるWiMAXのホームルーターの中で最大の通信速度は440Mbpsです。

Speed Wi-Fi Home L01は通信速度440Mbpsを出せる優れものです。

次に高い速度を出すことが出来るホームルーターは、novas Home+CAでこのルーターが持つ最大の通信速度は220Mbpsです。

もう一つのWiMAXホームルーターのURoad-Home2+は、最大で110Mbpsと通信速度遅いため自ら積極的に選ぶ理由はないですね。

しかし通信速度以外に利点があるかもしれないのでここで見限るのは早いです。

この速度の数値はあくまでも速い通信速度を出す条件が揃っている状態なので、実際にこの速度が出るかはわからないので、通信環境で不便を感じることのないものを使いたいのであれば、最大通信速度の高いSpeed Wi-Fi Home L01を選んでください。

外付けアンテナがあるのかないのかも非常に大事なところです。

内蔵されているアンテナは固定されているため向きを調節することが不可能です。

逆に外付けアンテナは角度や向きを自由に調節できるメリットがあります。

URoad-Home2+とnovas Home+CAには、ちゃんと外付けアンテナが取り付けてあるので、電波のコントロールミスや受信漏れなどを起こすことがないというわけです。

室内で通信機器を弄っているときに、電波の届きづらさに違和感を感じたこと人はいるでしょう。

住宅の構造によっては、Wi-Fiの届きづらい通信環境があるので、そのような住宅にお住みの方はnovas Home+CAが選んでください。

Speed Wi-Fi Home L01は外付けアンテナがついていないので、novas Home+CA、URoad-Home2+と比較するとやはり電波が弱いです。

wimax ホームルーターの速度は?

工事不要でモバイルルーターよりも安定して使えることから現在人気を集めているホームルーターですが、中でもWiMAXの提供するサービスが注目です。

もちろん契約プランやどの機種のルーターを選択するかによって違いは出て来ますが、通信速度を求めるならばWiMAX2+で最大440Mbpsもの数値が望めます。これだけでも通常時であれば十分満足できる方も多いのですが、加えて電波のタイプが異なるau 4G LTEへの切り替えを併用する事で更に対応の幅が広がります。

また複数の端末を同時に利用する場合にも一定の速度を維持してくれる他、最近では見た目もオシャレでシンプルなホームルーターが増えているので、周りのインテリアの邪魔になりにくいなどWiMAXならではの嬉しいポイントが豊富です。

毎日のお仕事やリラックスタイムの遊びなどにWiMAXを取り入れることで快適な通信環境を作り出し、より有意義な時間を過ごすことへと繋がります。

wimax ホームルーターの価格は?

WiMAXはモバイル回線の一つであり、実際にインターネットに繋ぐ際はホームルーターと呼ばれる端末を使用する必要があります。

そしてその端末が故障してしまうとインターネットが出来なくなってしまうため、交換を行う必要があるのですが、その交換方法には主に2つの方法があると言えるでしょう。

1つ目は、契約したショップなどで新しいものを購入するという方法で、2つ目は、中古品を購入するという方法になります。 まず、契約したショップで購入する場合については、一番安心できる方法だと言えますが、購入費用として20000円程度かかります。

そして中古品の場合については、ネットショッピングやネットオークションで購入できるほか、中古家電を扱っている店舗でも購入することが可能であり、比較的安い価格で購入することができます。中古品の価格の相場は、安いもので3000円台からあり、高いものでも10000円程度で購入することが可能です。

おトクなキャンペーン

工事が不要で、自宅に届いたらすぐに使えるWiMAXのホームルーターが大人気です。

ホームルーターは、モバイルルーターよりも性能が高く、多くの端末を接続して使えます。WiMAXのホームルーターは、シンプルなデザインなので、リビングにも寝室にもマッチします。LED消灯モードを搭載しているので、就寝時にも邪魔になりません。 性能も高く、下り最大440Mbpsを実現しています。

Wi-Fiだけでなく、有線LANポートも搭載されているので、自分のライフスタイルに合った使い方ができます。11acと11nが同時利用でき、それぞれ20台まで接続することができます。11acは、他の機器との干渉が少ないため、スムーズな通信が可能です。11nは、対応機器が多いので、たくさんの機器との通信が可能となっています。

キャンペーンを利用することで、月額料金が安くなります。また、プランによっては、LTEオプション料が無料となります。

一人暮らし向けのホームルーター

一人暮らしにおすすめなホームルーター

CMでも話題になっているUQ WiMAXですが、「Speed Wi-Fi HOME L01」が一人暮らしにおすすめのWi-Fi環境として注目されているということで注目数多くのユーザーから支持を集めています。UQ WiMAXと言えば、モバイルWi-Fiルーター(いわゆるポケットWi-Fi)が有名になっていますが、実際には以前から自宅専用タイプのホームルーターが存在していました。

しかし、「HOME L01」のリリースによって、UQ WiMAXのホームルーターが再び見直されています。このホームルーターは、コンセントにつなぐだけでインターネットを手軽に始められる点が特徴です。従来のホームルーターでは、アンテナが目立つデザインが採用されていました。

一方、HOME L01は何に使う機械か外見だけでは分からないくらいシンプルかつオシャレなデザインになっています。目立ちがちなアンテナは機器に内蔵され、スタイリッシュで洗練された形に仕上げられています。カラーもホワイトなので室内に置いても違和感がなく、どんな雰囲気のインテリアにも溶け込みます。その上、重心が低く設定されており、床に倒れてしまうといった心配もありません。

デザイン性に優れているだけでなく、すぐに利用できる利便性も兼ね備えています。通常の光回線の場合は、工事にはある程度の時間がかかります。繁忙期になると、2ヶ月待ちのケースもあります。そのため、予約や工事日程の調整が容易ではない場合もありますし、立ち会わなければなりません。その点、このホームルーターなら、届いた日からすぐに始めることができます。「自宅でインターネットが使えるWi-Fi環境にしたいけれど、面倒な工事や時間がかかるのは避けたい」という方でも簡単に導入できる自宅専用のネット回線という訳です。

中には、「接続するために複雑な手順があるのでは」と疑問に思う方がいらっしゃるかもしれませんが、このルーターはシンプルに設計されていますので、機械が苦手という方でも大丈夫です。コンセントに本体を繋ぎ、Wi-FiスポットでWiFiが繋げるように端末を接続するだけです。もちろん、スマートフォンをかざすだけで接続が可能なNFC機能も付いています。

また、一人暮らしで引越しするような場合でも、引越し先にルーターを持ち運ぶだけで済みます。光回線あるいはADSLの場合は、引越しの前に手続きをして、さらに引越し先でも手続きする必要がありますが、HOME L01の場合は契約がそのままなので、他に手続きは必要ありません。

基本的に、2.4Ghzで20台、5Ghzで20台、LANポートで2台、最大4で2台を同時に接続することができます。2.4Ghzは色々な機器で用いられる周波数ですが、電子レンジなど沢山の家電に使用されています。5Ghzは繋がりやすさでは若干2.4Ghzに劣りますが、他の電波から影響を受けにくい特徴があるため、場所によって2.4Ghzより繋がる可能性があります。

HOME L01ならば、使用する端末によって使い分けられるので、それぞれの特徴を補いながら利用できます。さらに、2つLANポートが付いていますので、有線での接続も可能です。強力なアンテナで電波を集め、LANケーブルを介してそのまま届けてられるので、より確実に接続できます。

もう一つのおすすめは高速通信。従来までは、WiMAXで扱われていたホームルーター系の最高速度は、220Mbpsでした。しかし、HOME L01ではその2倍の440Mbpsとなっています。エリアに関しても、30000基地局を既に達成し、全国の47都道府県に拡大しています。これまでより応答速度が速く、オンラインゲームにも向いています。

ホームルーターと光回線、一人暮らしに向いているのは?

一人暮らしを始めるにあたって、気になるのがインターネット環境をどうするかです。

若い世代にとってインターネットは欠かすことができないものですから、家で使用できるように環境を整えておく必要があります。

実家にいる時には光回線を利用していたという人が多い傾向がありますので、そのまま光を利用しようと考える人も多いのではないでしょうか。

ただし、光回線は対応していないアパートやマンションなども未だに多くある為、自分が住む家が対応していなければもちろん勝手に依頼することはできません。

最近では、光に対応している場所が増えていますが、それでもすべての住居が対応しているわけではないので、事前に確認しておくことが大切です。

また、工事費などもかなりの負担がかかってくることが考えられます。工事費無料などのキャンペーンを利用して開通させるのであればそこまでの負担なく、快適なインターネット環境を得ることができるでしょう。ただし、工事費がかかってしまうことを考えると光にこだわらなくても良いのかもしれません。

一人暮らしの人がよく利用しているのはホームルーターです。これは回線がなくても利用できるものですので、契約したらすぐに使用することができます。

ただし、ルーターの場合は契約内容によってギガ数の制限があるものもありますし、速度規制がかかってしまうなどのデメリットもあるでしょう。

ルーターの中でも無制限で使用できるものもありますので、そちらを利用して要領よく使えばお得にインターネットを始めることができます。ルーターの種類によって異なるだけではなく、契約している業者によっても様々な制限が設けられていることが多いので、事前に確認してください。

一人暮らしの人のニーズによってホームルーターか光回線かを選ぶことが大切です。

例えば、ゲームをしたり動画をよく見るという人であれば、ルーターではすぐに容量オーバーになってしまいます。容量がオーバーしてしまうと、速度制限の対象になってしまいますので注意が必要です。

その点に関して言えば、固定回線である光の方が優れていると言えるのではないでしょうか。

ただし、光にする場合は月額の料金がルーターに比べて高くなってしまう傾向があります。

料金を安くする為には、契約年数に縛りがあるが月額料金を安くしてくれるプランもありますので、そちらを利用しても良いでしょう。

ルーターの場合は、1年契約の縛りがあることが多いのですが、月額料金もプランによってはかなり格安で使用することができるというメリットがあります。 また、普段スマートフォンやタブレットをLTE回線ではなく、Wi-Fiで利用しているという人はルーターの方が良いかもしれません。

ルーターならば持ち運ぶことができますので、外出先でもWi-Fiを利用することができるでしょう。光にしてしまうと家の中だけの使用に限られてしまう為、通信費の節約をしたいという人はルーターがおすすめです。

一人暮らしのするのが学生の場合であれば、少しでも通信費の節約をする為にルーターがおすすめです。月額料金が安いことと、スマートフォンやタブレットのLTE回線をオフにしておけば、そちら側の料金を節約することができます。

ただし、ルーターは光に比べて繋がる速度が遅くなってしまったり、繋がりにくいなどの状況も考えておかなければなりません。その点、光は固定回線ですので繋がりやすさは抜群です。

自分の生活のニーズを考えてどちらが良いのかを今一度考えてみてください。

どちらを選択したとしても、加入する際にはキャッシュバックキャンペーンを行っている業者や工事費が無料になる時に契約しましょう。

Airターミナルの魅力は?

ソフトバンクの展開するインターネットサービスのAirターミナルですが、このサービスには多くのメリットがあり、非常に魅力的でオススメです。

Airターミナルはここが良い!3つのポイント

魅力その1 すぐ使える

その第一の魅力は回線の工事の必要がなく、まさに部屋の中に置くだけでインターネットを始めることができる点です。

例えば光ファイバーなどのインターネットサービスを考えると、回線の工事が必要となってしまい、時間も費用も発生してしまいます。

しかしAirターミナルの場合ですと、自宅内での工事は必要なく、設置してコンセントにつなぐだけでインターネットを利用することができます。

ですから、賃貸住宅などの建物の工事ができない場合などに、非常に便利なシステムです。

そして、今までのシステムの場合ですと、室内にモデムなどの機器を設置した後にルーターを接続する必要がありましたが、Airターミナルの場合は、そのままでホームルーターにもなりますので設置も非常に簡単となっています。

魅力その2 速度が快適

第二の魅力は回線の速度です。

今はスマートフォンなどの普及により、無線でのインターネットのスピードが非常に速くなっていて、大容量のファイルのやり取りや、大型の映像コンテンツのストリーミングにも対応するようになりました。

ソフトバンクのAirターミナルも同様に、電波でインターネットを接続しているので、これらの用途では十分な回線スピードを得ることができます。

そして、これによって、例えば複数のパソコンやスマートフォンを一度に接続することも可能となり、家族みんなでインターネットを利用することが可能です。

なお、このホームルーターのスペックは、最大で350Mbpsのタイプもあります。ですから、パワー的にも申し分のない機器です。

また、回線の速度と共に挙げるべきなのが、電波の届く距離です。

このホームルーターは電波の距離も長く、そしてしっかりと繋がります。

無線と聞くと電波の悪さを懸念してしまいますが、このホームルーターであれば、安定した接続をキープさせることができます。

パワーが十分でストレスの無いインターネット閲覧ができれば、閲覧や作業のスピードも上がりますので、時間的なメリットなども期待ができます。

魅力その3 料金が安い

そして、第三の魅力は、料金面でのメリットです。

インターネットの接続サービスは、ケーブルテレビや、光ファイバーなど、様々なサービスが展開されていますが、コストの面で問題がありました。

特に単身世帯の場合ですと、利用料金がネックになってしまい、プロバイダ契約に踏み切れないケースが多くありました。

そして、しばしばスマートフォンでインターネットを完結してしまい、せっかくのコンテンツ視聴が十分にできない状況がありました。

しかし、ソフトバンクのAirターミナルならば、料金的にも、光ファイバーなどと比べると魅力が大きいです。

ケーブルテレビなどのインターネットのサービスと比べても、サービス体系がシンプルなため、分かりやすく、料金的にもメリットは多いです。

また、このサービスは、ソフトバンクの他のサービスとも連携が取れていて、特典が盛りだくさんになっています。

ですから、スマートフォンなどのサービスと併せて利用すれば、更にメリットが多くなります。

Airターミナルは手軽にインターネットを楽しみたい人に最適

ソフトバンクのAirターミナルは、コンセントにホームルーターを接続し、置くだけで使える便利なインターネットサービスです。

回線工事などの面倒な手続きも必要ありません。

簡単でしかも速度も十分なホームルーターは、特にインターネットの機器の経験のあまり無い、初心者に向いているサービスです。

就職や進学などで、ひとり暮らしで新生活を始める人や、機械の設置や接続に自信がない人には、特にオススメできるインターネットサービスです。

格安SIMが使えるホームルーターをピックアップ!おすすめは?

現行の格安simが利用できるホームルーターのおすすめは、NECプラットホームズのAterm HT100LNと、シンセイコーポレーションのnovas Home CA+ FREEで、どちらもsimロックフリーなので、大手キャリアや、さまざまな格安simが使用できます。

【Aterm HT100LNの特徴】

Aterm HT100LNは、本家のdocomoおよび、いわゆるdocomo系のMVNOで使用可能で、比較的お手頃な価格でありながら、設置場所を選ばない軽量でコンパクトなボディに、下り最大150Mbps、上り最大50Mbps、無線LANは、IEEE802.11acに対応、有線LAN端子はギガビットの1000BASE-Tに対応など、格安simを利用するホームルーターが必要とする機能を十分に備えています。

本体にデザインされている大きな丸い輪は、LEDインジケーターになっており、LTEの電波強度が強い場合はブルーが、弱い場合はグリーンが点灯し、外部の子機がWi-Fiに接続しようとすると、中心の丸がオレンジに点滅して知らせてくれるなど、分かりやすく視覚的に訴えるインターフェイスが特長的です。

独自の機能として、Wi-Fi接続通知があり、設定した時間に接続があると、メールなどで通知が発せられる機能で、子機を持った家族の出入りをチェックしたり、遠隔地に住む家族の見守り機能など、さまざまなシーンで活用できます。

接続の安定性にも定評があり、これまで数々の実績を積み重ねてきた、NECプラットフォーム製であることや、同社のメインストリームのブランドであるAtermの看板を掲げていることも、人気の理由です。

【novas Home CA+ FREEの特徴】

シンセイコーポレーションのnovas Home CA+ FREEは、WiMAXのホームルーターとしてリリースされているnovas Home CA+のsimフリー版で、こちらは家電量販店やオンラインショッピングサイトなどでも、一般販売されています。WiMAXで培ってきた安定性と高機能をそのままに、格安simに対応して新モデルとして再登場しました。

auと系列のWiMAX用のモデルがベースとなっているため、対応周波数もauがベースとなっていますが、docomoや、ソフトバンクでも、対応周波数が少ないながら、利用することが可能です。

形状は、WiMAX版と全く同じですが、色はWiMAX版がホワイトだった一方、simフリー版は木目調のナチュラルウッドが採用されているのに加えて、格安simのiijmio限定モデルでは、ピンクが提供されています。

複数の周波数を1本に束ねて高速通信を行うキャリアアグリゲーションに対応し、伝送速度は、下り最大300Mbpsとなり、無線LANは、IEEE802.11ac、2×2 MIMOに対応し、最大867Mbpsを誇り、モバイルデータ通信のボトルネックとなること無く、ルーターから子機となるデバイスとの経路に十分な帯域を確保し、ネットワークの快適なレスポンスを実現しています。

本体にWi-Fiオンオフスイッチ、アップデートスイッチなどを搭載しているため、それらの設定のために、毎回操作する端末を用意し、インターネットブラウザを開く必要が無いのも便利です。

nova Home CA+ FREEの最大の特長は、そのアンテナの形状にあります。

一般的なホームルーターでは、アンテナが本体に内蔵されているケースが多い中で、nova Home CA+ FREEでは、アンテナが本体上部に突き出ているデザインです。

根元の可動部分を回転させてベストな電波強度にアジャストできるだけではなく、アンテナ部を取り外してケーブルで接続することで、離れた場所にアンテナを設置することも可能で、例えば、ルーター本体を常に直接スイッチの操作ができたり、インジケータなどを確認できる場所に設置し、アンテナ部を、より電波状態の良い場所に設置すると言った運用をすることもできます。

モバイルルーターをホームルーターとして使えるの?

最後に言及したいのが、モバイルWi-Fiルーターを、ホームルーターとして使用する例です。

いくつかのモバイルWi-Fiルーターは、専用のクレードルを接続することで、まるで据え置き用のホームルーターのように使用できるモデルが存在しています。

クレードルには、さまざまな機能があり、有線LAN端子によって無線のような回線損失が無く、パソコンなどのデバイスに接続したり、コンセントからの電源を供給するACアダプターを接続するソケットがあり、バッテリー残量を気にせずに使用することができます。

もっとも、それらの機能は、あくまでも簡易的なものであり、前述の2つのモデルには、据え置き型専用としての機能は適いませんが、既にモバイルWi-Fiルーターを所有しており、少しでもリーズナブルな価格で据え置きで使用する体制を作りたい時や、使い慣れた1台を、自宅でも外出先でも同じフィーリングで使用したい時には、ひとつの選択肢となり得ます。

いずれにしても、ここに来て、多様なニーズに応える形で各カテゴリーのルーターのバリエーションが充実しており、自分に合ったモデルを見つけられる、嬉しい状況となっています。

auのホームルーター

ここではauショップやauオンラインショップで契約できるホームルーターについて解説しています。

auホームルーターの使い方

auホームルーターは2017年に開通工事不要で使えるホームルーター「Speed Wi-Fi HOME」が発売されたことが新しい話題です。通信最大440Mbps の高速インターネットアクセス対応ホームWi-Fiルーターです。 使い方として持ち帰ったその日にコンセントにつなげ工事不要ですぐに高速インターネットアクセスが可能なことが特徴です。 auホームルーターの利用としてオプション使用理としてならハイスピードプラスエリアモードご利用月のみとなり月間容量制限が7ギガバイトになります。WiMAX 2+フラットforHOMEとしては月間容量制限はありません。 基本使用量は「2年契約(誰でも割シングル)」適用と「WiMAX 2+ おトク割」とで料金が違い後者の場合は期限付きの料金設定になります。またWiMAX 2+ フラット for DATA」「WiMAX 2+フラット for DATA EX」または「WiMAX 2+ フラット for HOME」への加入が条件となります。

auホームルーターの料金は?

auのホームルーターにはいくつか種類があります。通信速度、料金などそれぞれ種類によって異なります。 人気なルーターは、回線工事が不要のSpeed Wi-fi HOME L01です。通信はWiMAX2+と4G LTEに対応しており、通信モードはハイスピードプラスエリアモードとハイスピードモードの2種類あります。本体価格は一括の場合28080円です。 料金プランは様々で、通常プランの場合4380?5880円、ハイスピードプラスエリアモードを利用した月は追加料金が発生します。例えば7GBで契約されている場合は1005円追加料金が発生します。 auのスマートフォンとセットで契約すると毎月934円の割引が受けられるサービスや、スマートバリュー対象のインターネットを契約している方の申し込みの際は、372?4880円で利用することが出来、ハイスピードプラスエリアモード利用が無料です。 ホームルーターを契約する際は、auスマートバリューに加入することで基本使用料が安くなります。具体的にはパケット通信が10MBまでは月372円と安く、10MBを超えたとしても誰でも割シングル 2年契約の方は通常の1000円値引きになります。パケット通信利用料によって異なりますが、元が5196円又は5880円だったところが4196円もしくは4880円になるということです。 また、3WiMAXの場合、ギガ放題プランだと容量制限無しで月額3495円、ライトプランであると容量制限ありで月額3495円になります。 あなたにあった使い方を考え、ルーターの種類を選んでみてください。様々なプランなどがあるので、お店で話を聞いてみることをお勧めします。

auホームルーターの制限にはどんなものがある?

auひかりでレンタルされるホームルーターの中には、プライベートIPアドレスに制限のある機種があります。 ホームルーターをインターネットに接続するためには、利用しているプロバイダからグローバルIPアドレスが付与されますが、搭載されているLAN端子や、無線LANによって接続されている機器からインターネットを利用するためには、それぞれにプライベートIPアドレスを付与する必要があります。 理論的には、ひとつのルーターの配下に、数十台もの機器の接続が可能ですが、auでは、保証するのは6台までと制限しており、7台を超える場合には、別途HUBを用意する必要があるとしているため、接続台数が多い場合は、注意が必要です。 auが行っているもうひとつの制限は、大量データ送信制限です。 auひかりを利用している全てのユーザーに快適で安定したサービスを提供するために、継続的に一定水準を超えるデータ送信を利用したユーザーに対し、ネットワーク資源の公平性確保の目的で、通信速度の制限を行うというものです。 その基準は、1日30GB以上の大量のデータを継続的に送信したケースで、検知されると総量規制方式による制限が実施されます。 30GBという数字は、DVD1枚に保存できるデータを約4.7GBとして算出した場合は1日に約6枚、音楽CDを700MBで算出した場合は1日に約43枚にも上る膨大な容量で、いわゆる普通の使い方をしている分には、さほど気にする必要はありませんが、何かしらのトラブルによって意図せずに送信してしまったケースなどを鑑み、万が一の事態に備えて、留意しておきたい点です。

遅いときの対処法

auのホームルーターは高感度で高い処理能力を有していますが、端末とホームルーターの間に物理的に何らかの障害物が存在していたり、距離がある際には遅い点が気になってしまいます。 ホームルーターと使用端末の距離を近くにするのが手っ取り早いのですが、実行に移すのが難しいのなら中継機を投入してみましょう。 中継機は発生している距離の中間地点にあれば橋渡し役になってくれるので、遠い位置にあったとしても安定的に繋げられる上に遅い問題が無くなります。 また、ホームルーターの処理能力が高いとしても限界があり、一般の想定よりも多くのデバイスを接続している時は遅い回線速度しか得られません。 スマートフォンやコンピュータの他にゲーム機を繋いでいたり、他者と一つのホームルーターを共有しているような状況であれば、違うSSIDを使ってみるようにしてください。 そして、ホームルーターで使われる電波の周波数は決まっているのですが、同じ周波数帯が他にも存在しているからこそ干渉が起こってしまい、本来の速度が出せずに遅い様子にやきもきする事案があります。 auに問い合わせたりマニュアルを参考にしつつ、電波干渉が引き起こされにくいチャンネルを使ってみるようにしましょう。 さらに、ホームルーターそのものには問題が無くても、パソコンの中にインストールされているセキュリティソフトとの兼ね合いが悪い恐れもあるため、例外ルールを適用化させたり無効化して様子を見てみるのも良いです。

auとソフトバンクのホームルーターはどっちがいい?

インターネットに接続し、通信する頻度とデータ量が多いのならauのホームルーターを選ぶと高い満足度が得られるようになりますし、開通に際して手間のかかる工事や費用の出費も不要です。 しかも、auの場合は採用している技術がソフトバンクとほぼ変わらないのにも関わらず、受信感度の良さが関係し得られる速度が大変速くて円滑にデータ通信が実行できます。 このようなauのホームルーターの性能の高さを知った場合、選ぶのはau一択であるように感じられるものの、ソフトバンクの携帯電話を使用しているのなら、金銭面から見てもソフトバンクのホームルーターになります。 本来およそ6万円で買い求められるのですが、3年間継続利用していれば月々割が適用されるので全額分が無料になりますし、ひと月あたり490円でレンタルするプランもあるので、経済事情合わせて柔軟に選べます。 このように、現況によりどっちが良いとは一言では言えないのですが、まずは使用中の携帯電話のキャリアから目を向けていくのが良いです。

wimaxのホームルーターでオンラインゲームは快適に楽しめる?

WiMAXでインターネット環境を整える場合、ホームルーターで快適にゲームは楽しめるのか?が気になる人も多いでしょう。

ドラクエを始めとした人気のゲームをWiMAXでプレイしている人たちのレビューをチェックすると、WiMAXでもオンラインゲームが十分に遊べる位で、更に快適性を感じられることが分かります。

ホームルーター選びで気をつけたいポイント

ホームルーターの利点は、据え置きで強力なコンセントが使えること、そして電波強度が高く通信の安定性が望める二点です。

WiMAXには、最新規格と旧式の二種類がありますが、後者の旧式は当初よりも通信速度が落とされていて、将来的には最新規格に切り替わる予定です。

つまり、ホームルーターでオンラインゲームを遊ぶなら、最新の通信規格を選択することがポイントとなります。

ドラクエなどのリアルタイム性がやや低いRPGは、データの送受信に必要な通信量が少ないので、通信が途切れたり遅延を感じる心配はありません。

しかし、ファイナルファンタジーのように、リアルタイム性が高まっているゲームは、より高速で安定した通信環境が求められるでしょう。

幸いなことに、WiMAXの通信速度はとても速いので、後は安定しているか否かが快適性を分ける要点になります。

ゲームを始める前の準備が大切

通信の快適性を左右するのは、ホームルーターとゲーム機の間の安定性です。

この間に障害物が存在していたり、通信を妨害するような無線が飛び交っていては、高速通信が利用できる回線も本領を発揮できなくなります。

公平かつ正確にオンラインゲームの快適性を測りたい時は、ホームルーターを設置する環境を整えて、それからゲームを始めることが大切です。

通信環境が良好であれば、ドラクエは勿論ファイナルファンタジーも中断することなく、ゲームを継続的に快適に楽しめます。

向いていないオンラインゲームを遊ぶときの注意点

一方、これらのゲームの中でリアルタイム性が最も高いスプラトゥーンは、通信環境の安定性がシビアに結果に反映されるはずです。

スプラトゥーンは、動的にフレームレートが変化する仕様ですが、基本的には1秒間に60フレームで動作するようになっています。

これは、1秒あたりのデータ通信量が多かったり、通信の不安定さがゲームプレイの快適性に影響することを意味します。

通信速度自体は既に十分ですから、快適性を揺るがす要因があるとしたら、それは回線の通信状態です。

無線接続の場合は、端末側のバッテリーが減ってくると不安定になったり、他の無線端末の通信が始まると安定性に影響が出ることがあります。

安定による快適性を求めるなら、ホームルーターと端末の接続は無線ではなく有線を選び、少しでも不安要素を取り除くことが必要です。

回線部分に関しては、WiMAXに限らず混雑時に速度が低下したり、不安定化することもあり得るので、空いている時間帯を選ぶのも快適性を実現する為のポイントです。

スマホのオンラインゲームは大丈夫?

スマホゲームは、リアルタイム性が求められるタイトルが少なく、ユーザーの選択に合わせてゲームが進行する、ターン制のようなシステムが大半です。

このようなスマホゲームのシステムは、通信量が少なかったり多少の不安定な回線状態でも、あまり意識することなく快適に遊べる設計が行われています。

反対に、リアルタイム性重視のスマホゲームは、据え置きゲーム機のオンラインゲームやスプラトゥーンなどのタイトルに近い、回線の安定性が必要になるはずです。

それでも、特にシビアなゲームタイトルに比べれば、スマホゲームはハードルが低く快適性の実現も難しくないでしょう。

元々、スマホゲームは無線環境で遊ぶことが想定されているので、WiMAX回線の利用で不安定さが現れたり、快適性が損なわれて問題化することは稀です。

まとめ

オンラインゲームは快適に楽しめるのかという問いには、ドラクエやスマホゲームならまず問題になることはなく、ファイナルファンタジーも快適に楽しめると結論付けられます。

この中で快適性に懸念が生じるのは、データの通信頻度が高く、リアルタイム性がゲームプレイに関係しているスプラトゥーンです。

ゲームタイトル、通信回線共に本領を発揮したいのであれば、接続はドック経由の有線が最適です。

有線なら、少なくとも室内で通信が不安定になる要因は取り除けますし、無線接続よりも安定化して快適性が向上します。

ゲームプレイ時に快適性が損なわれることがあっても、有線の接続なら原因の特定が行いやすくなります。

有線の接続状態では、回線が混雑している、あるいは不安定にさせる外部要因の影響が大きくなるので、室内よりも外部に原因が求められます。

もし、ゲームのプレイ中に快適性が落ちた時は、各機器の動作や接続状態を確認して、問題がないかチェックすることをおすすめします。

熱が篭って動作が不安定になっていたり、ケーブルが外れ掛かっているなどは、通信が不安定になってゲームに支障が生じる時のよくある原因です。

逆に考えると、こういった原因以外で快適性が損なわれるケースは少ないので、結論としてオンラインゲームの多くが快適に遊べるといえるでしょう。

 

PS4はホームルーターで快適に使える?オンラインゲームはプレイ可能?

普段自宅でスムーズにネットを行う方法として、ホームルーターを利用している方は少なくありません。

ホームルーターを利用するメリットとして、高性能アンテナが搭載されているのでWiMAXの電波をしっかり掴むことが出来るので、室内でも約50m~60mの範囲でネット環境を整えることが出来る特徴があります。またモバイルルーターを利用する上でネックになりがちなバッテリーの持ち時間を気にする必要がないので、スムーズにインターネットを楽しむことが出来る点が評価されています。

そのほか最近ではPS4などの家庭用ゲーム機などもwifi完備の機器が増えてきているので、日本国内のユーザーに限らず世界中のゲームユーザーと対戦することが出来るオンラインゲームが人気になってきています。

ホームルーターでPS4のオンラインゲームはプレイ可能?

このネット環境が必須のオンラインゲームも、自宅のネット環境が整っていればスムーズにプレイすることが出来るので、安定したWi-Fi接続がとても重要になってくるのです。実際に自宅でオンラインゲームを楽しむために多くの方が不安に感じるのがホームルーターで十分なプレイをすることは可能なのかという点です。

一般的に一人暮らしでワンフロアならモバイルルーターのほうが手軽に持ち歩く事ができますし、外出先でも使用することが出来る点が特徴的になっていますが、一軒家に住んでいるかたで家族で使いたい、部屋またぎや階またぎでインターネットをしたいと思っている方には、圧倒的にホームルーターの方が安定しています。

ただルーターを利用することで起こってしまうデメリットも少なくありません。

ホームルーター契約時の注意点

まずオンラインでつながるゲームは安定したネット環境を維持させることが重要になります。しかしルーターの料金プランによっては月間データ量が決まっている可能性が高いので、オンラインで行うゲームはデータ量が増える可能性が高くなるので制限を超えてしまうと低速になってしまい、オンライン状態を安定してつなげることが出来なくなる可能性があります。

そのため自宅で安定したネット環境を維持したいと思っている方は、できるだけ月間データ量の制限無しプランを契約することをおすすめします。そうすることで家族全員でネットを楽しみたいという方も安心して利用することが出来ますし、何よりも常に多くのデータ量が必要となるオンラインゲームも問題なくプレイすることが出来るので、契約する際にはプランをきちんとチェックしておくことが重要です。

有線接続がおすすめ

wifi環境によっては、設置範囲によっては安定したプレイが出来ない可能性があるため、ポイントとしてPS4の本体とWimaxの端末を有線ケーブルでつなげる有線プレイをする方が多いです。このことからホームルーターを利用してゲームを行う場合は、PS4の本体とWimaxの端末を有線ケーブルをつなぐ事と、月間データ量の制限なしプランの契約の二つを行うことが大切になります。

ただ有線ケーブルを利用する場合は、自宅のルーターとPS4を設置しているテレビの場所によってはかなりの距離がでてくる可能性があります。そのような場合はできるだけ長めのケーブルを用意する必要があったり、下にケーブルを垂らしておくよりも専用の工事を行って、ケーブルを設置することでコンパクトにまとめることができるようになります。

長めの有線ケーブルは、大きめの家電量販店ではないと取り扱っていない可能性が高いですし、場合によってはオンラインサイトでも取り扱いをしている可能性があるので、専門業者を利用して設置工事を頼まずに自分で行いたいと思っている方は、自宅の環境を整えて設置方法を考えておきましょう。

ホームルーター接続時のデメリット

しかしホームルーターを利用してオンラインゲームを行う場合、FPSやスポーツゲームなどのオンラインはラグが出やすいデメリットがあります。そのためラグを出さずにきちんとプレイをしたいと思っている方は、ホーム用のルーターを利用するよりも固定の光回線を利用することが一番安全だといわれてます。しかし固定の光回線は毎月のプランが高くなる可能性もあるので、用途に合わせて自分にピッタリの方法を選ぶことが必要になります。

一般の家では大体が、固定の光回線を利用している場合が大半ですが、場合によってはマンションについている固定回線が遅すぎるというトラブルも少なくありません。通常のネット観覧であれば特に問題はなくてもラグが命取りとなるオンラインタイプのゲームはプレイすることができなくなります。

そのため自宅の固定回線では遅いという方は、ホームタイプのルーターを利用することで問題なくゲームプレイを行うことが出来ますし、他のモバイル端末なども問題なく使用することが出来るので、ネット環境を安定して利用することが出来るメリットが得られます。

ルーターによって使用感やプランの料金も異なってくるので、口コミ評価などを参考にしてきちんと比較することが重要です。

 

WiMAXのホームルーター「L01s」はどんな機種?固定回線より快適?

2018年1月(auでは2017年12月)にWiMAXのホームルーター型新モデル「Speed Wi-Fi HOME L01s」が発売されました。

L01sはどんなホームルーター?

「L01s」はどんな機種かというと、工事不要で持ち帰ってコンセントに繋げばすぐインターネットをすることが出来るようになるというものです。ケーブル不要の家庭用インターネット接続器というようにいうとわかりやすいかもしれません。

ケーブルが不要ということは、ケーブルを端末につないだりする配線作業が要らないわけで、ケーブルに引っかかるというような事も無くなるのがメリットの一つという事になるのかもしれません。固定回線は工事が必要になるというのがこれまでの常識でしたから、工事が要らないという事だけでも革命的に進化したインターネット接続器という事が言えるのかもしれない。

固定回線と比べるとどう?

という事は、固定回線と比較してスピードと安定性、そして価格が気になるところという事になるのですが、速度に関しては、既に固定回線と遜色ないレベルで使用できるようになっていて、安定性についても同様なところです。下り最大速度は440Mbpsという事でこの数字を見ても問題なレベルであることがわかるはず。後は料金という事になりますが、月額4000円前後の契約になるところが多く、固定回線だと6000円前後という事になりますから、料金的にもお得なシステムであるという事が分かるでしょう。

快適かということになると、固定回線よりはかなり快適に使うことが出来る可能性が高いという事はいえそうです。まず配線がないということで見た目にスッキリとさせることが出来ますし、それでいて、無線で家中の端末をカバーすることが出来るようになる。固定の場合は配線を這わして、端末を繋いでいく必要がありますが、これはその必要がありません。同時接続台数は何と40台までつなぐことが出来ますから、そこまで繋ぐ必要性があるという人はまずいないといっていいレベルの台数を繋いでインターネットを利用することが出来るようになります。まず一般家庭であれば、これで全員のインターネット環境を整えることが出来るようになるといっていいでしょう。配線をすることが出来なかったので、一つの部屋でしか出来なかったインターネットを家族全ての部屋ですることが出来るようになるというのが、このホームルーターの魅力という事になります。

ただ、これはモバイル用ではないので注意をする必要があります。家の中ではどこでも端末を動かしても利用することは出来るのですが、外出して外出先で使えるというものではありません。

WiMAXの速度制限は?

速度制限が気になる方も少なくないかもしれませんが、現行では3日間で10GBまでつかえるという事になっていて、この容量はyoutubeを15時間見続けることが出来るぐらいのデータ量という事になるので、まずこれだけ使うという人はいないといっていいぐらいの量になっています。仕事でyoutubeを使い、メールなども全てネットを利用しているというような人でもまずこれだけの量を使うという事はないといってもいいぐらいのものなので、一般の人が使用するレベルではまず大丈夫といってもいいでしょう。特定の日に高品質の動画を沢山見たというような事があっても、次の日やその次の日の3日間で調節すればいいので、特に問題になるような事はないと言えるはずです。それぐらいにこの速度制限は容量たっぷりですから、普通に使うような人ではまず問題になる事はありません。

そして、万一通信制限にひっかかったとしても、速度制限されるのは18時から2時までの8時間だけなので、この時間だけ我慢をすれば後はまた自由に使うことが出来るようになるというシステムです。逆に言えれば、この時間外は見たい放題に高品質の動画を見ることが出来るという事が言えますから、これを利用してバンバン見まくるという事も出来てしまう事にもなります。

つまり、この制限はそれほど気にするようなものではないという事がお分かりいただけるはずです。昔のモバイル端末のようなイメージを持っている人も多いので、これを聞くと嫌なイメージを持ってしまう人もいますが、これに関してはそのような事はありません。そして、制限を受けている時でも動画を見ることは出来ますし、高品質のモノでなければyoutubeも使えてそれなり見ることが出来ます。サイトを閲覧するような事も若干遅く感じるぐらいのレベルで利用することが出来て、特に問題を感じるような事もなく使うことが出来たりします。制限といっても特に大容量のデータをやり取りするような事をしなければ、普通にネットを利用することは出来るという事が言えます。

ということは、このホームルーターは無線でインターネットを快適に使うことが出来るシステムで、無線という事で有線の固定回線と比較してメリットも多数あり、速度や安定性などについては、普通に使う分には特に問題ないレベルにあるといってもいいぐらいの快適な物となっているということが言えるはずです。