ホームルーターが繋がらない!原因と対処方法は?

外出先の場合はモバイルルーターを利用する事になりますが、自宅で過ごす場合はホームルーターを利用してWiFi環境を整えることができます。ホームルーターの方がモバイルルーターよりもより強いWiFi電波が期待できるからです。もちろん、上手に活用してスマートフォンやタブレットで快適にインターネットを楽しむことができるようになっています。

しかし、実際に利用しようとすると、時には繋がらないというトラブルが発生してしまうことも少なくありません。

【繋がらないのはWiFi無線が主な原因です】

そもそもWiFiとは無線でインターネットを利用する技術のことで、現在では家庭だけでなく公共の施設でも利用できるようになっています。

しかし電波が飛んでいるはずですが、実際にスマートフォンやタブレットを利用しようとすると電波を受信できない状態になってしまう事が有ります。

例えば、接続中と言う表示がずっと出ていたり、インターネットに接続できませんと言う表示が出る等がその症状の一つです。

それ以外ではネット接続は出来ても通信速度が遅かったり、突然接続が切れる、頻繁に接続が切れると言うトラブルが発生する事も有ります。

【WiFiが繋がらない原因その1】

この様にホームルーターを利用しているにも関わらず、WiFiに繋がらない原因の一つとしてまず考えられるのが機器の故障です。

この場合はホームルーター本体にトラブルが発生している為、機器の修理交換という対処方法を選びます。

しかし実は故障以外にも繋がらなくなってしまう場合があります。

【WiFiが繋がらない原因その2】

例えば利用しようと思っている機器とホームルーターの間に距離があり過ぎる場合や、何らかの障害がある場合です。

電波は遠くへ行く程届きにくくなる性質がありますが、それ以外にもガラスやコンクリート、さらには水等にも反射してしまいます。

さらに2階建ての家の場合は1階であればネット接続ができても、2階では難しいと言う事も有ります。

この場合は出来るだけルーターとスマートフォン等の受信機を近づけて利用するようにすると繋がります。もちろんルーター本体の置き場所を変えると言うのも一つの方法です。

そうする事によって間に障害が無い状態になるので、繋がりやすくなる可能性があ有るからです。

【WiFiが繋がらない原因その3】

また、ルーターや受信機側に入っているソフトのバージョンが古いと言う事も有ります。

通常自動で更新する設定になっていれば定期的に更新を繰り返してくれる為に最新版が入っている状態になりますが、手動で行う設定になっている場合は古いバージョンの物が入ったままになっている可能性があるのです。

この場合、古いソフトをそのまま利用していると、通信速度が遅くなってしまう時が出て来ます。この時の対処方法は手動で新しいソフトに更新する事、さらに今後同じ事態にならないように更新を忘れてしまいそうな場合は自動更新に設定し直しておきます。

【WiFiが繋がらない原因その他】

それ以外で考えられる原因としては、そもそも通信が混雑していると言う可能性があります。

WiFiを利用する機器は数多くありますが、一度に複数の端末を同時に利用してしまうと通信が遅くなってしまうことがあるのです。

さらに通信障害やルーター自体に異常が発生してしまっている時も通信速度が遅くなり、結果的になかなか繋がらないという事態に陥りかねません。

この場合、利用している端末が多すぎる時は端末の数を減らす事で簡単に対処できます。

また異常が発生している場合は既に本体にエラー表示が出ている可能性もあるので、その場合は本体の再起動を行う方法も有ります。

【まとめ】

この様に、一言でホームルーターが繋がらいと言っても、様々な原因があります。

本当に故障していることが分かっている場合は修理を依頼すると言うのが最も早い方法だと言えます。

しかし原因が分からないと言う時は、いくつかの方法を試してみる事も可能です。

また故障もしておらず、さらに間に気になるような障害がないにも関わらず繋がらない場合は、中継器を利用すると言う方法も有ります。

広い場所で利用する場合は中継器を上手に活用する事で、よりWiFi環境を安定させることが出来るからです。

また、見落としがちなのがフリーWiFiの存在です。

ルーターの位置を変え、さらに故障もしておらず、利用している端末が少ない場合はもしかしたらフリーWiFiの影響で繋がらなくなってしまっている可能性があります。

この場合の対処法は、つなげる電波を選ぶ事です。

そうすれば自分が利用したい電波を利用してインターネットを楽しむことができるようになるからです。

ルーターを設置したにも関わらずWiFIに繋がらない場合、本体が故障しているのではないかと考えてしまいがちですが、実際にはそれ以外の原因が関係している場合も有ります。

一つ一つ状態を見てそれが原因になっているかどうか調べて行くと、今まで繋がらなかった場合でもインターネットに何かのタイミングでつなげられる様になる可能性もあります。

もちろん色々と対処方法を試してみてもダメな場合は、サポートセンターに連絡をして修理等の依頼をする事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です