一人暮らし向けのホームルーター

一人暮らしにおすすめなホームルーター

CMでも話題になっているUQ WiMAXですが、「Speed Wi-Fi HOME L01」が一人暮らしにおすすめのWi-Fi環境として注目されているということで注目数多くのユーザーから支持を集めています。UQ WiMAXと言えば、モバイルWi-Fiルーター(いわゆるポケットWi-Fi)が有名になっていますが、実際には以前から自宅専用タイプのホームルーターが存在していました。

しかし、「HOME L01」のリリースによって、UQ WiMAXのホームルーターが再び見直されています。このホームルーターは、コンセントにつなぐだけでインターネットを手軽に始められる点が特徴です。従来のホームルーターでは、アンテナが目立つデザインが採用されていました。

一方、HOME L01は何に使う機械か外見だけでは分からないくらいシンプルかつオシャレなデザインになっています。目立ちがちなアンテナは機器に内蔵され、スタイリッシュで洗練された形に仕上げられています。カラーもホワイトなので室内に置いても違和感がなく、どんな雰囲気のインテリアにも溶け込みます。その上、重心が低く設定されており、床に倒れてしまうといった心配もありません。

デザイン性に優れているだけでなく、すぐに利用できる利便性も兼ね備えています。通常の光回線の場合は、工事にはある程度の時間がかかります。繁忙期になると、2ヶ月待ちのケースもあります。そのため、予約や工事日程の調整が容易ではない場合もありますし、立ち会わなければなりません。その点、このホームルーターなら、届いた日からすぐに始めることができます。「自宅でインターネットが使えるWi-Fi環境にしたいけれど、面倒な工事や時間がかかるのは避けたい」という方でも簡単に導入できる自宅専用のネット回線という訳です。

中には、「接続するために複雑な手順があるのでは」と疑問に思う方がいらっしゃるかもしれませんが、このルーターはシンプルに設計されていますので、機械が苦手という方でも大丈夫です。コンセントに本体を繋ぎ、Wi-FiスポットでWiFiが繋げるように端末を接続するだけです。もちろん、スマートフォンをかざすだけで接続が可能なNFC機能も付いています。

また、一人暮らしで引越しするような場合でも、引越し先にルーターを持ち運ぶだけで済みます。光回線あるいはADSLの場合は、引越しの前に手続きをして、さらに引越し先でも手続きする必要がありますが、HOME L01の場合は契約がそのままなので、他に手続きは必要ありません。

基本的に、2.4Ghzで20台、5Ghzで20台、LANポートで2台、最大4で2台を同時に接続することができます。2.4Ghzは色々な機器で用いられる周波数ですが、電子レンジなど沢山の家電に使用されています。5Ghzは繋がりやすさでは若干2.4Ghzに劣りますが、他の電波から影響を受けにくい特徴があるため、場所によって2.4Ghzより繋がる可能性があります。

HOME L01ならば、使用する端末によって使い分けられるので、それぞれの特徴を補いながら利用できます。さらに、2つLANポートが付いていますので、有線での接続も可能です。強力なアンテナで電波を集め、LANケーブルを介してそのまま届けてられるので、より確実に接続できます。

もう一つのおすすめは高速通信。従来までは、WiMAXで扱われていたホームルーター系の最高速度は、220Mbpsでした。しかし、HOME L01ではその2倍の440Mbpsとなっています。エリアに関しても、30000基地局を既に達成し、全国の47都道府県に拡大しています。これまでより応答速度が速く、オンラインゲームにも向いています。

ホームルーターと光回線、一人暮らしに向いているのは?

一人暮らしを始めるにあたって、気になるのがインターネット環境をどうするかです。

若い世代にとってインターネットは欠かすことができないものですから、家で使用できるように環境を整えておく必要があります。

実家にいる時には光回線を利用していたという人が多い傾向がありますので、そのまま光を利用しようと考える人も多いのではないでしょうか。

ただし、光回線は対応していないアパートやマンションなども未だに多くある為、自分が住む家が対応していなければもちろん勝手に依頼することはできません。

最近では、光に対応している場所が増えていますが、それでもすべての住居が対応しているわけではないので、事前に確認しておくことが大切です。

また、工事費などもかなりの負担がかかってくることが考えられます。工事費無料などのキャンペーンを利用して開通させるのであればそこまでの負担なく、快適なインターネット環境を得ることができるでしょう。ただし、工事費がかかってしまうことを考えると光にこだわらなくても良いのかもしれません。

一人暮らしの人がよく利用しているのはホームルーターです。これは回線がなくても利用できるものですので、契約したらすぐに使用することができます。

ただし、ルーターの場合は契約内容によってギガ数の制限があるものもありますし、速度規制がかかってしまうなどのデメリットもあるでしょう。

ルーターの中でも無制限で使用できるものもありますので、そちらを利用して要領よく使えばお得にインターネットを始めることができます。ルーターの種類によって異なるだけではなく、契約している業者によっても様々な制限が設けられていることが多いので、事前に確認してください。

一人暮らしの人のニーズによってホームルーターか光回線かを選ぶことが大切です。

例えば、ゲームをしたり動画をよく見るという人であれば、ルーターではすぐに容量オーバーになってしまいます。容量がオーバーしてしまうと、速度制限の対象になってしまいますので注意が必要です。

その点に関して言えば、固定回線である光の方が優れていると言えるのではないでしょうか。

ただし、光にする場合は月額の料金がルーターに比べて高くなってしまう傾向があります。

料金を安くする為には、契約年数に縛りがあるが月額料金を安くしてくれるプランもありますので、そちらを利用しても良いでしょう。

ルーターの場合は、1年契約の縛りがあることが多いのですが、月額料金もプランによってはかなり格安で使用することができるというメリットがあります。 また、普段スマートフォンやタブレットをLTE回線ではなく、Wi-Fiで利用しているという人はルーターの方が良いかもしれません。

ルーターならば持ち運ぶことができますので、外出先でもWi-Fiを利用することができるでしょう。光にしてしまうと家の中だけの使用に限られてしまう為、通信費の節約をしたいという人はルーターがおすすめです。

一人暮らしのするのが学生の場合であれば、少しでも通信費の節約をする為にルーターがおすすめです。月額料金が安いことと、スマートフォンやタブレットのLTE回線をオフにしておけば、そちら側の料金を節約することができます。

ただし、ルーターは光に比べて繋がる速度が遅くなってしまったり、繋がりにくいなどの状況も考えておかなければなりません。その点、光は固定回線ですので繋がりやすさは抜群です。

自分の生活のニーズを考えてどちらが良いのかを今一度考えてみてください。

どちらを選択したとしても、加入する際にはキャッシュバックキャンペーンを行っている業者や工事費が無料になる時に契約しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です