ホームルーターでも中継器は使える?

ここでは家の固定回線では比較的使われているWi-Fi電波の中継器がホームルーターでも使えるのか?について紹介していきます。

中継器はホームルーターでも使えます

スマートフォンやタブレット端末といった無線通信をするデバイスの所有率が高まっている上に、昨今のノートパソコンは有線通信するためのポートが排除されているモデルも多いので、自宅にホームルーターを導入しWi-Fi通信をしている方が増えています。

しかし、物理的にケーブルで接続しておらず、法律に則って個人的な利用範囲内で収まる電波の強さなので、設置場所やデバイスを用いる場所によって接続が安定しない事例があります。

親機と呼ばれるアクセスポイントを増台させて対応する方法もあるものの、ケーブルの処理が手間になりますし、ケーブルにより見栄えと生活環境が悪化してしまいます。

そうした悩みやジレンマを一括でクリアにしてくれるのがホームルーター用の中継器であり、親機とは違う橋渡し役ならではの恩恵が得られます。

中継器はあくまでもWi-Fi電波を中継するだけのもの。ホームルーターでも光回線のような固定回線でも関係ありません。

Wi-Fi電波の安定性

日本のように比較的面積が狭い住環境なら不都合は感じにくいというのは誤った認識であり、その理由は強弱や安定性は距離だけに左右されるわけではないためです。

たとえ近い所に設置していたとしても、キッチンや洗面所といった水まわりは遮られやすいので、使い心地に差異が出てしまうのです。

一筋縄ではいかず、一つ一つ原因箇所を特定していく必要がありますが、あらゆる原因で電波状況が悪くなってしまっている時にサポートしてくれるのが中継器です。

そのようなホームルーターに中継器を介する事により得られるメリットは、利用時に端末側に行っている設定を変更しなくても良い点であり、従来通りのまま引き継いで使い続けられます。

しかも、アクセスポイントと連携させる場合も難しい手順を踏む必要性が無いので、使いやすくて実際に利用される方が増えてきています。

中継器の価格は?

インターネットの普及に伴い需要が高まってきているので全体的な価格相場が低くなりつつあり、手頃に買い求められるようになってきていて今日においては、1万円でお釣りが出るほど安くなっています。

また、中継器という特性上比較的生活環境の中心部に設置しなければならないのですが、手のひらに載せられるほど小型なサイズですし見た目もすっきりとしていて清潔感があるので、室内空間に導入する際に躊躇しません。

本元のアクセスポイントをより一層強い電波を放つことができるホームルーターに切り替えるという選択肢もあるものの、複数台のマシンの設定をし直したり配線の引き直しを考慮すると中継器の方が魅力的ですし、出費額も小さくさせられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です