WiMAX HOME 01はどんなホームルーター?

WiMAXといえば携帯できるルーターとして定番の商品です。

どこでもWifiを楽しむ事ができるので多くの方が利用している商品と言えるでしょう。

他にもWiMAXにはホームルーターと呼ばれる商品が用意されていて、自宅でWiMAXを楽しみたいときに使います。

WiMAXホームルーター新機種【WiMAX HOME 01】について

WiMAX HOME 01

これはHOME 01という商品が販売されていて自宅の固定回線としても大変人気のある商品です。

持ち歩けるポケットWiMAXの方が便利じゃないのと考えがちですが、ホームルーターにもいくつかのメリットがあります。

ホームルーターのメリット

コンセントに接続するだけで使えるのがホームルーターの特徴、電源を取れる場所ならどこでも利用できるのが強みです。

通常インターネットをするときには固定回線の開通工事をしないといけません。

これはある程度費用がかかってしまうのでまとまったお金が必要です。

また固定回線の場合は開通までの時間もかかるのですぐにインターネットを使えないのがネックと言えるでしょう。

HOME 01の場合は回線工事が必要なく費用もかからないのですぐにインターネット接続ができるのが強みです。

HOME 01のメリット

通信性能が大幅アップ

従来のホームルーターに比べて爆発的に性能が上がっている、これは2倍から5倍も高いのでおすすめといえます。

自宅だけでなく飲食店や公共の場でも取り入れられているルーターなので人気があるのが特徴です。

据え置き型のメリットとして電波の受信感度がかなり高く使い勝手が優れている、同時に接続できる機器が4倍なので多くの方が利用できます。

LANケーブルを使うと2台有線で接続できるといったメリットも強みです。

電波の強いエリアなら高速接続できるのですが、弱いエリアでも普通に使えます。

本体のアンテナを動かして調整をする必要もないので安心です。

スマートフォンでは電波を受信しにくいものもあるのですが、WiMAXはスマートフォンのLTEとは別物といえます。

スマートフォンが使えないからHOME 01が使えないということはないので購入しても損はないと言えるでしょう。

固定回線やスマートフォンの電波で悩んでいる方ならおすすめです。

一度にたくさんの端末を接続できる

同時に接続できる台数ですがモバイルルーターなら最大10台くらいまで、ホームルーターは16台くらいの接続ができます。

HOME 01の場合はそれ以上の接続ができるので多くの方が一度に利用できるのがメリットです。

また接続をするときに使える電波は2.4Ghzと5Ghzの2種類でWifiが同時に繋げられます。

特に5Ghzは速度あって使い勝手がいいのですが対応する家電が少ないのがネックです。

5Ghz対応のルーターだけ買うのがコスト面であまり良くないので同時に使えるのは理想的と言えます。

ちなみに一般的なモバイルルーターは周波数を切り替えて使うのが特徴なので同時につなげられるのは便利です。

本体にはLANケーブルが2つ繋げられる機能が付いているのですが、これはうまく使うと外の電波に左右されず利用できます。

通信速度も安定するので自宅で使うのは使いやすい機器です。

モバイルルーターではオプションのクレードルを買うとLANケーブルを接続できますが、3000円程度コストがかかります。

安定性は光回線より劣ります

基本的に据え置き型なので外出して使う事はできないため、家で使う場合を検討して購入するのがいいです。

通信速度は光回線に勝てるエリアもかなり多いのですが安定度は光回線よりも劣ります。

オンラインゲームを楽しみたいときにはちょっと大変ですがスマートフォンのソーシャルゲームをプレイするくらいなら問題ないです。

動画やインターネットサーフィンをしたいときにも使えるでしょう。

同じホームルーター型のL01sより性能は上

L01s

販売されているHOME 01はL01Sと呼ばれるバージョンも用意されています。

L01Sですが性能が飛躍的に向上しているので更に便利です。

購入したいときにはネット契約ができるMVNOを使うのがいいといえます。

ほとんどのネット契約ができるサービスでは0円から1円で購入できるのでコストを抑えたいときに使えるのがメリットです。

キャッシュバックサービスといったものも用意されているので更にお得感が違います。

自宅だけでなく会社での導入にもおすすめです。

L01Sはモバイルルーターとくらべて電波が強化されているので壁を超えてかなりの距離で利用できます。

オフィスに導入をすれば多くの方が快適にWifiを使える、ため便利です。

コンセント式のためバッテリーの劣化がなくバッテリーの買い替えをする必要もありません。

長年そのままの状態で使えるのでランニングコストも安いのがメリットです。

デザイン性はかなり高く洋室の調和する見た目をしています。

一昔前のルーターのように無骨な見た目ではないのでインテリアにも最適です。

ハイスピードプラスエリアにも対応可能でLTEを使うことで高速通信が実現できます。

ただ7GB利用の通信制限が発生するので注意しておきましょう。

自宅やオフィスで使うには快適なツールなので検討してみるといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です