在宅ワーク向けホームルーターのおすすめは?

在宅ワークとホームルーター

会社のある場所まで居住地から通勤を行うのは以前では日常の光景でしたが、現在は業務の多様化によって会社に出勤しなくても、自宅にいながら業務ができる在宅ワークに移行する企業が増加しています。

これは情報技術の向上によって会社に出かけなくても同じような業務が遂行できるようになったからであり、そこにはインターネットが重要な要素になっているのは間違いありません。

普及した当時は単なる情報検索と電子メールのやり取り程度しか使われていませんでしたが、ここに大量のデータや画像でも送信できるようになっただけでなく、カメラを利用すると相手と対面しながら会話ができるようになったことも、自宅にいても通常の業務ができるようになった理由です。

インターネットは常に進化していて送信できる情報量は大容量になり、相手側に到着する速度もとても速くなっています。

プライベートで利用するのであれば時間がかかっても問題はありませんが、業務の場合は迅速に対応しなければ支障を生じてしまう場合もあります。

この技術の進歩によって瞬時に送信した相手が確認できるようになったのは、在宅ワークをする際にはとても重要になっています。

在宅ワークにおすすめのインターネット回線は?

インターネットを業務で使用する場合には使用する設備も大切であり、どのような種類を活用するかで業務スピードが変化するでしょう。

時代と共に最初はダイヤルアップ方式だったものがADSLになり、今では光回線による接続が主流になっています。

在宅ワークには光回線がいい?

光回線は回線スピードの安定さと高い品質により主流になっていて、他の方式では使った通信量によって料金が上昇するというタイプが多かったのですが、光回線は一般的に無制限でいくらでも使えるというメリットがあります。

そして、光回線では一度に接続できる機器が多いという特徴があり、業務では複数台のパソコンやOA機器を使う場合には重宝しています。

インターネットは電話回線と無線を使っていて、電話回線をそのまま使っても光回線によるインターネットは使えないため、工事を行って接続方法を変更しなければいけません。

無線タイプのホームルーターを選ぶメリット

工事不要ですぐに使える

無線タイプであれば専用の機器があればこの工事は必要ありませんが、通信量の上限が決まっているタイプが多くなっています。

利用する時間が長くなったりデータ通信という情報量が膨大になってしまう場合には、使用方法を考えて使わなければいけないというデメリットがあるので、業務で使うのであれば光回線が最適です。

要は使うデータ通信量しだいってことですね。

ホームルーターはケーブルが不要

光回線では外部から配線を接続してLANケーブルを用いて端末と繋げる場合と、電波を飛ばすことでケーブルを必要としないタイプがあります。

ケーブルを用いるのであれば接続口にケーブルを差し込み、その先を端末に接続することでインターネットが使えるようになりますが、このケーブルを使う方法は配線が邪魔になってしまいます。

在宅ワークのように自分以外の家族が同居するような状況では、ケーブルが多くなってしまうと危険性が増すだけでなく、配線が外れることでデータ送信ができなくなるといった問題も起きるでしょう。

そのため、ホームルーターを用いて無線によって端末に接続できる方法が利便性が高くなっています。

ホームルーターにはケーブルの差込口もありますが、近年の機種では電波を送れる機能が付いている場合がほとんどです。

これはそれだけ利用者が多いという証拠でもあり、利便性が高くなっていることの裏付けでもあります。

このような理由からホームルーターを選ぶのであればケーブルが無くてもインターネット接続が可能なタイプを選択し、その上でできるだけ多くの端末に同時接続できるものを選ぶようにしてください。

ホームルーターはその機種によって同時に繋げられる性能が決められていて、業務のように一度に複数台の機器を使用する機会が多い場合にはその数が大切です。

性能が低いと同時接続できる数が少ないだけでなく、情報処理能力にも差異があるため、スピードを要求されるような内容では不向きになります。

購入する時のおすすめは、できるだけ上位機種にした方がいいでしょう。

光回線のデメリット

周辺に住む利用者しだいで遅くなる

光回線は現行方式では最速の処理能力を誇っていますが、周囲で同じ回線を使用する人が多いとその能力が常に一定では無いという特徴もあります。

基本的には一本の回線を複数で使うことになり、あまりに同時利用する人が多いと負荷がかかってしまうので、これは個人では解決が難しくなっています。

この問題を回避するにはインターネットサービスを提供しているプロバイダーを選択するというのがおすすめの方法であり、利用料が安いという理由で技術力が低い業者を使ってしまうとあまりに送信時間がかかってしまい、業務で使うには不向きになってしまうというのが通常です。

在宅ワークでは会社側が通信量や設備機器の費用についても負担してくれるところもありますが、それが無いのであれば費用に関しては個人負担になってしまいます。

インターネット関連の業者はその料金設定が一律ではなく、そのサービス内容も個々に異なっているので、使用者の状況に合わせてコストパフォーマンスのいい業者を選ぶことが大切です。

まとめ

在宅ワーク向けのインターネット回線サービスにもおすすめのホームルーター。

急に在宅ワークを命じられても最短即日にネット環境が整う柔軟性も魅力です。

安定性が高い光回線は良い面もたくさんありますが、導入までの手間、地域による快適性の差など自分ではどうにもならない部分もあります。

その点ホームルーターならいますぐ家電量販店へ行って契約し端末を持って帰りコンセントに差し込めばネットが使えます。

どこにメリットを感じるか、しだいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です